2015年

6月

29日

今月のMI塾(第4回目)

ここ数日、梅雨の中休みで晴れのお天気が続いています。

これを逃してはいけないと、朝から張り切ってお洗濯してきました。


さて、今日は先日行われたMI塾について書きます。

3月から始まり、今回4回目を迎えました。


今月のテーマは「がんの指導ABC」、「言霊を活かしたカウンセリング」についてです。

もう国民病ともいっても過言ではない、「がん」

連日届く訃報のニュースの多くを占めています。


かくいう私の周辺にもメラノーマ、前立腺がん、子宮がんなど・・・

今現在闘病中の親戚がいます。

このお仕事をするようになって、食と病気について考える事が多くなり、

私なりに彼らの食生活について考えてみると、

やはり食が影響しているのかなぁと感じずにはいられません。


少し前、某ハリウッド女優が遺伝子検査でがんになる確率が高いことが判明し、

乳房や卵巣を摘出したニュースが話題になりましたが、同じ女性として彼女の行為に少し悲しくなりました。

私だったら、なるかならない病気の予防のために自分の身体を犠牲にすることより、

日々の積み重ね(食事)を改善する方を選びたいと思いました。

なぜなら前者に比べると、地道な行為ですが、身体に負担がないからです。


私は常日頃、この身体は、この世を生きていくための借り物だと思っています。

だから最後のその時は、お返ししなくてはなりません

だったら少しでも自然のままで返すことができるようにしておきたいなと思っています。


おっと話がそれましたが・・・

講義の中では、がんの予防の鍵は「腸」にあることや、心の持ち方「笑い」が免疫力をあげること、

そして病気を全否定するのではなく、身体からのサインと受け取ることが大事だということを学びました。

みなさん、食い入るように先生の話に集中しています!

それを察してか、先生の講義も力が入ります!!


熱い講義の後は・・・

こうして振り返って、写真をみてもやっぱり幸せ~

でも、食べるともっと幸せです!

シェフの料理はいつも私の食欲をくすぐります!!

後半の講義は、言霊について。

日本語と外国語の違いをはじめ、言葉の音(音波)にひめられた意味など・・・

興味深い内容でした。

普段何気なく発している言葉、これからは意識してみようかなぁと思いました。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

どうか、よい1日をお過ごしください。