座・イベント情報など

ムスビの会 通販サイト

ムスビの会では二十四節気ごとにメルマガを配信しています。

購読をご希望の方は下記から登録をお願いいたします。

Benchmark Email
Powered by Benchmark Email

2017年

5月

24日

宇都宮の講座の様子

宇都宮で2月から始まった

「陰陽五行スキルアップ講座」は、岡部先生の理論編と

杉村先生の実践編(調理等&理論の復習)の二本立て。

杉村先生は岡部先生との共著「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」(PARCO出版)のレシピを担当して下さいました。

 

今月は杉村先生の担当で調理や手当て法の実践に

梅雨に向けてのむくみ対策ワークと盛りだくさんの内容です。

                                    今回の講座の中で、ムスビの会で取り扱っている

                                    切り干し大根と味噌汁海苔を使った「味噌玉」も

                                    ご紹介してくださったとのこと。

                                    杉村先生の教室では美味しい料理や                                               素敵なテーブルコーディネートも学べます!

                                    今月の教室の様子は、杉村先生のブログで

                                    見ることができます。(杉村先生のブログ

                                    

 

                                    9月には杉村先生主催の

                                    「第6回 栃木プチ断食セミナー」もあります。

                                    飲む点滴 甘酒を使ったプチ断食、

                                    岡部先生が監修を務めるプチ断食セミナーの中で

                                    手作り甘酒を使って行うのは、この栃木のみです。

                                    6月末までは早割もありますので、ぜひご参加ください。

                                    岡部先生も講師で参加します!

                                    プチ断食の詳細はコチラ

 

2017年

5月

23日

宇宙学講座 デジタル版

岡部先生の宇宙学講座のデジタル版を発売いたします。

デジタル版なのでダウンロードすれば、すぐに聴くことができます。

お家でPCで聴いたり、携帯型デジタル音楽プレーヤーに入れれば、

外出先でも気軽に聴くことができます。

 

*内容は以前、講義録CD(MP3版)で販売していた

「マクロビオティック宇宙学講座」になります。

 

 

岡部賢二の「マクロビオティック宇宙学講座」
Cosmic Biology

マクロビオティックは食べ物と身体との関係を説く食物生理学ですが、「身土不二」の言葉に代表されるように、

環境と身体とのかかわりを解明する環境生理学でもあります。環境生理学をさらに広い視点で捉えると、

宇宙エネルギーと身体とのかかわりを見つめる宇宙生理学に進化していきます。
宇宙学講座では、宇宙エネルギーとの共鳴による地球人類の覚醒が全体のテーマとなっています。

遺伝子、黄金分割率、スパイラル、ゆらぎ、光、イノチをキーワードにして5回シリーズ各回で約2時間ずつ、

合計約10時間の講義が収録されています。これからの人類が向かうべき方向を示したスペシャルな講義録です。

第1回 イノチの暗号 遺伝子に秘められた覚醒というヒント
        収録時間 1:59:51(110MB)  講師 岡部賢二
        収録日 2008年2月9日 福岡県うきは市 四季の舎ながいわ講演

    宇宙から降り注ぐ宇宙線の増加により、人間の遺伝子に変化が起き始めて
    います。遺伝子は環境によって変化するもので、食べ物や水、空気といった
    日々からだに取り込んでいるものの質にも影響を受けます。眠っている98%
    の遺伝子は目覚めるのでしょうか。
  

         通販サイト


第2回 生命と宇宙を結ぶ神の図形~美しいものにはエネルギーが宿る
        収録時間 1:59:19(109MB)   講師 岡部賢二
       収録日 2008年4月12日 福岡県うきは市 四季の舎ながいわ講演

    美しいものにはエネルギーが宿っています。ピラミッドやパルティノン神殿
    法隆寺の伽藍の配置等に見られる黄金分割率と、和紙や新聞紙、手帳、本、帳などに用いられてきた

    日本独自の大和比率、こうした宇宙的な美しい図形を用いることで、エネルギーを身体に取り入れること

    ができます。

 

    通販サイト


第3回 らせんの法則~宇宙に潜むスパイラルの原理を生活に応用する
       収録時間 1:59:06(109MB)  講師 岡部賢二
       収録日 2008年5月10日 福岡県うきは市 四季の舎ながいわ講演
    

    宇宙は銀河系といったマクロの世界から、原子構造といったミクロの世界まで、
    スパイラル(らせん)の法則で貫かれています。これを運動やセラピー、料理、時間感覚、

    病気の治るリズムなどに応用できれば、心身を活性化することができます。

  

    通販サイト



第4回 体の声に耳を傾ける 内なる小宇宙との対話
       収録時間 2:05:42(115MB)  講師 岡部賢二
       収録日 2008年6月7日 福岡県うきは市 四季の舎ながいわ講演

    人間の身体を構成する細胞の数は60兆個で、宇宙にある星の数もまた60兆くらいとされています。

    人間の体は小宇宙であり、宇宙的な存在(神)の縮図でもあります。

    自分の内なる世界を見つめると、幸せ感があふれてきます。

    外に幸せを求めずとも、幸せの種は内側にすべてそろっているのです。

 

    通販サイト

 



第5回 宇宙意識への扉を開く~地球人類の覚醒
       収録時間 1:59:46(110MB)    講師 岡部賢二
       収録日 2008年7月12日 福岡県うきは市 四季の舎ながいわ講演

    宇宙意識とは愛であり、愛とは受容性、寛容性、許容性、融通性、柔軟性、
    客観性、親和性、適応性といった言葉で言い変えることができます。そうした
    宇宙意識に至るために必要なものは何なのか。実は、意識のあり方は食事の摂り方で

    変わるものなのです。

 

    通販サイト

 

 

2017年

5月

22日

ぐずる子講座 講義録CD

子どもの機嫌のよしあしは、体からのサイン。子どもたちの言動や態度は食事内容と密接に関係していて、食事内容が悪くなるにつれ、ぐずったり、さわいだり、すねたり、落ち着きがなくなったり、怒ったり、泣いたり、怖がったりするものです。

 

けれども食事内容がよくなることで、率直さや機敏さ、快活さ、がまん強さ、優しさといた、本来の子どもらしさが戻ってきます。

 

日々の食事を少し工夫するだけで、子どもたちがどんどん変わりだします。がんばってる子育てママにおすすめのCDです。

 

ぐずる子さわぐ子講座 

第1回~第6回

各CD2枚組 1944円(税込)


                           

◆各回の主な内容◆

 

第1回 ぐずる子さわぐ子は食事で変わる≪基礎編≫  (Disc 1  52:36 / Disc2  59:32)

     ~白砂糖の害・食べ物と性格の関係とは~

 

ぐずったり、さわいだりする子の機嫌の悪さは食事の質の悪さからきています。中でも白砂糖は、むかつく、キレる、いじめる興奮体質を作り上げるので最も避けたい食品です。また、食品添加物のような合成化学物質は、子どもたちの脳を徐々に破壊していきます。腸内環境と食べ物、性格が密接にかかわっていることが分かれば、食事内容を工夫するだけで、子どもたちの性格や行動が変わりだします。元気で笑顔たっぷりの子どもたちを作る食事を詳しく解説しています。(2015.1.17 大分講演収録)

第2回 さわぐ子・落ち着きのない子の食事 ≪肝臓編≫  (Disc 1  58:07 / Disc2  48:36)

     ~肝・胆のう系を強くする食べ物と野草・葛を使った手当て~
 
ムカつく、キレる、いじめるといったさわぐ子は陰陽五行でいう肝・胆のう系の弱い子が多く、酸化したものや添加物を含む加工食品の過食が肝臓を弱らせる原因と考えられます。緑の野菜や麦類、野草、酸味のある食材が肝臓の疲れを取り、穏やかで寛容さのある性格に変えてくれます。肝臓系が弱った症状が一目で分かる望診の話と食事法、手当て法について詳しく解説しています。(2016.4.9 大分講演収録)

第3回 無関心・無感動の子の食事 ≪心臓編≫   (Disc 1  59:02 / Disc2 57:34)
     ~心・小腸系を強くする食べ物と梅を使った手当て~

無関心の子、興奮しやすい子は陰陽五行でいう心・小腸系の弱い子が多く、肉や卵などの動物性食品を焼いたり揚げたりした焼肉や卵焼き、唐揚げのような食べ物の過食が心臓系を弱らせる原因と考えられます。色鮮やかな野菜や焼おにぎり、梅干しといった食材が心臓の疲れを取り、夢や希望に燃えて活発に行動できる性格に変えてくれます。心臓系が弱った症状が一目で分かる望診の話と食事法、手当て法を詳しく解説しています。

(2016.6.11 大分講演収録)

第4回 無気力で落ち込みやすい子の食事 ≪脾臓系≫   (Disc 1  1:04:53 / Disc2  51:05)
     ~胃・脾臓系を強くする食べ物と玄米を使った手当て~

クヨクヨして落ち込みやすい子は陰陽五行でいう胃・脾臓系の弱い子が多く、甘いお菓子や果物、清涼飲料水の摂り過ぎが胃を弱らせる原因と考えられます。ごはん、みそ汁、漬けものといった毎日食べても飽きない食べ物が胃の疲れを取り、何事にも動じずに自信をもって行動できる性格に変えてくれます。胃系が弱った症状が一目で分かる望診の話と食事法、手当て法を詳しく解説しています。(2016.8.11 大分講演収録)

第5回 ぐず子・めそめそする子の食事 ≪肺編≫   (Disc 1  1:00:14 / Disc2  54:25)
     ~肺・大腸系を強くする食べ物と大根を使った手当て~

ぐずる子、めそめそする子は陰陽五行でいう肺・大腸系の弱い子が多く、こってりしたものや乳製品の摂り過ぎが肺を弱らせる原因と考えられます。れんこんや大根、玉ねぎ、白ねぎといった白色で辛みのある食材が肺の疲れを取り、素直で明るい性格に変えてくれます。肺系が弱った症状が一目で分かる望診の話と食事法、手当て法について詳しく解説しています。(2016.10.15 大分講演収録)

第6回 引きこもりや恐がりの子の食事 ≪腎臓編≫   (Disc 1  55:13 / Disc2  1:01:21)
     ~腎・膀胱系を強くする食べ物と小豆や海藻を使った手当て~

オドオド、ビクビクといった恐がりの子は陰陽五行でいる腎・膀胱系の弱い子が多く、甘い物や果物、生野菜のような体を冷やす食べ物の摂り過ぎが腎臓系を弱らせる原因と考えられます。小豆や海藻、根菜類、天日干しの乾物といった食材が腎臓の疲れを取り、人見知りをせず、引きこもらずに社交性を発揮できる前向きな性格に変えてくれます。腎臓系が弱った症状が一目で分かる望診の話と食事法、手当て法について詳しく解説しています。(2016.12.10 大分講演収録)

2017年

5月

19日

ベジガーデンスキルアップ講座・夏編

5月9日(火)に福岡県筑紫野市にあるベジガーデンにて2回目の陰陽五行スキルアップ講座(平日クラス)が開催されました。今回のテーマは陰陽五行の夏編で、瘀血からくる心臓系のトラブル(高血圧・不整脈・立ちくらみ・エコノミークラス症候群など)の対処法でした。

 

 午前中は仲ひろみ先生による夏の食材を使った料理教室で、心・小腸系を強化するくずや梅干、梅酢、苦味の食材、赤色食品が上手に使われていました。

 

 今回のメニューです。

 

      ●爽やかな風味のテンペのドライカレー

      ●糸寒天のデトックススープ

      ●こんにゃくと玉ねぎのサラダ

      ●豆乳プリン・マンゴーソース

 

 でした。彩もきれいで、夏向けのさっぱりとした味付けで、生野菜もあり、体が喜ぶ内容となっていました。

 

 お昼からの私の講座は、心・小腸系の望診ということで、熱中症や高血圧、不整脈といった不調の原因と対策の話をしました。引き続き、梅を使った手当て法ということで、葛梅醤番茶、梅酢ドリンクの作り方のワークをしました。皆さんとても熱心で、有難かったです。

 

 次回は7月4日で、テーマは陰陽五行・土用編です。1名のみですが、スポット参加ができますので、ご希望の方は事前にお申込みください。

2017年

5月

18日

江藤農園の種おろし

 塩水選から1週間後の5月15日(月)に江藤農園の種おろしの応援に行ってきました。5人がかりで400枚の苗ポットに種まきをするのに要した時間はたった1時間半でした。機械の力は恐るべしです。苗ポットにまず下土を入れ、その上に3粒ずつ種を播き、上土をかけていきます。

 

 以前は、1粒や5粒といったバラつきがあったため、種まきをした後に手作業で1枚ずつ手直しする作業がとても大変だったのですが、機械の進歩により、この作業がなくなりました。培養土も化学肥料を含まない上質もものを使っています。

 種おろしの翌日の5月16日(火)と17日(水)にかけて、江藤農園の育苗場で、苗床を並べる作業の応援にいきました。

 

 まずトラクターで地面を平らにし、肥料となる米糠を振っていきます。苗に与える肥料はこれだけです。人間に例えるなら母乳だけで赤ちゃんを育てるような感じです。苗を置く地面が平らでないと、イネの生育が不揃いになり、田植がしづらくなるのだそうです。

 

 その上にネットをはります。これは苗の根っこが地中に入らないようにするためです。そして水を満遍なくかけてから、銀のシートで覆いをします。そして4~5日間放置し、芽吹きを待ちます。

 4~5日後に覆いを取った後は、毎日朝と夕方の2回、水やりをする必要があり、田植までの1か月間は、どこにも行くことができないとのことでした。まさに、産後の子育てと一緒ですね!この手間ひまがよい苗になるかを決めます。元気な苗に育ちますように!

0 コメント

2017年

5月

17日

塩水選

 5月8日(月)に江藤農園に応援に行ってきました。種まきの準備です。この日は塩水選を行いました。

まずは、濃度の濃い塩水作りです。桶に水を張り、塩を入れていきます。4~5キロくらいの塩を入れました。卵が浮いてきたらちょうど良い濃度です。

 

 ここに籾種をいれて選別をします。上に浮く種は生命力が弱いと判断して取り除き、沈んだ種だけをせ選別して種まきに使います。よい籾種だったようで、例年よりも上に浮くものが少なかったです。この種の品質が収穫されるお米の味や香り、生命力に影響します。

 

 江藤さんによると、今年は冷夏になりそうなのと、台風の影響が出そうだとのことなので、種選びは特に慎重に行いました。気候変動にも負けずに元気に育ってほしいですね!

 

 選別した種は塩抜きのため、しばらく水に浸けてかけ流しをします。

 塩気が抜けたらネットに小分けしていれて酢水に浸け、雑菌の殺菌を行います。その後、水に中につるして約1週間漬けておけば発芽して、いよいよ種まきになります。種まきは1週間後の5月15日に予定しています。

 

 ムスビの会で取り扱っている自然米は江藤農園のもので、この玄米を使って浅入り玄米スープや玄米ミクロン、玄米クリームの素を製造しています。毎年、江藤農園の米作りのお手伝いをすることで、お米作りの大変さやお米のパワーのすごさを体感させてもらっています。

2017年

5月

16日

おすすめカフェ

うきは市にあるカフェ「たねの隣」さんの姉妹店がオープンしました。

場所は「たねの隣」さんへ登って行く途中に

あります。

だから坂の下っていう店名なのかな?^v^

周りを果樹園に囲まれた

のどかな風景のなかにあります。

建物の中は、天井が高く、

開放的な空間でした。

外にはテラス席もあって、おすすめです!

 

                                坂の下の店 Budounotane

福岡県うきは市浮羽町流川
                                      TEL: 0943-77-5485

ランチメニューは、「坂の下ごはん」の1種類のみで、ベジと魚から選べます。

今後増えていく予定だそう。楽しみです。

他にもパフェやパンケーキなどのスィーツもありました。

                                      

まず、7種類の前菜に雑穀ごはんと味噌汁。

個人的には、前菜のキャロット・ラペが柑橘が効いていておいしかったです。

やはり肝臓がお疲れ???(笑)

そしてメイン。私は大豆ミートを使ったコロッケにしました。

材料は、できるだけ地元産や近隣のものを使っているそうです。

                                     

スイーツは、これまた可愛いらしい器にもられてきました。

お皿の中央にあるのは系列の和菓子店の人気スィーツ「豆たん」です。

親指より少し大きめプチサイズ。小さいながらも存在感のある食感と味でした。

 

カフェの隣さんでは、定期的にギャラリーで作家さんの展示会などが行われているので、一日中楽しめます!

ぜひ、行楽シーズン、足を延ばしてはいかがですか。

2017年

5月

13日

福岡での腸美人講座

 4月26日に福岡市内にて玄米酵素さん主催にて「腸からはじまる美人対策講座」が開催されました。

前半は私の担当で、腸の汚れが肌荒れやくすみ、にきび、皮膚炎の原因になること、腸をきれいにするための食べ物とプチ断食の効用について解説しました。

 

 後半は、藤野良明講師による健康な野菜や玄米の見分け方、食品添加物の問題についての話がありました。福岡市内にお住まいの方を中心に、30名くらいの方々にお集まりいただきました。自然食品の店メイプルマートのオウナーの岡井さんもスタッフ全員を引き連れてご参加くださいました。

 

 写真のクッキーはメイプルマートさんで出している手作りクッキーです。私も頂きましたが、とても美味しかったです。動物の形のクッキーが可愛いですね!ナチュラルスイーツやお餅、穀物コーヒーなどの販売もあり、とても充実した会でした。

 

 久々にお会いする参加者の方もたくさんいて、同窓会気分で楽しい日になりました。

 

メイプルマート 詳しくはコチラ メイプルマートさんでは超こだわりの自然食品が手に入るので、ぜひ行ってみてください。店長の岡井さんはマクロビオティック九州で学んだインストラクターなので、いろんな相談に乗ってくれますよ。

2017年

5月

11日

9.30-10.1 滋賀プチ断食リトリート@きよみ荘

去年好評だった琵琶湖湖畔でのプチ断食の

開催が決定しました!

 

秋は食べ物が美味しい季節ですが、

気を付けないとついつい食べ過ぎてしまいます。

夏の疲れも残ったまま、その上食べ過ぎると

次の冬に体調を崩しやすくなります。

そこでおすすめなのが、プチ断食!

 

食欲の秋に断食なんて声が聞こえてきそうですが・・・

プチ断食で胃腸をリセットすることで、

食べ物本来の美味しさに気付き、

食べ物(イノチ)のありがたみ、

そして生かされている事への感謝が湧きでてきます。

 

遠方の方は前日から宿泊も可能です。(参加費と別に宿泊費が必要です)

また、昨年参加された方にはリピーター割もあります。

もちろん初参加の方も大歓迎!

 

是非ご参加ください。

 

 

 

 

滋賀プチ断食リトリート@きよみ荘

開催日:2017年9月30日(土)~10月1日(日)

 

会場:宿屋きよみ荘(滋賀県大津市今堅田3-25-13) Tel.077-573-7111
*JR堅田駅からは約20分(徒歩)、江若バス西地区ローズタウン線「真野浜」バス停下車 

参加費:30,000円(酵素代、宿泊費、保険代、研修費用を含む) 
【前泊も可能です。参加費 + 5,000円(お粥の導入食あり)】
     早割(7月末までにご入金)28,000円  ペア割(2人以上同時申込時 おひとりさま)28,000
     リピート割(昨年参加者でテキスト持参の場合)1,000円割引き

定員:20名  

 

申込締め切り:9/21(金)

お申し込み・お問い合わせ先
料理教室「いただきます」
 岡 一美
 〒520-0512 滋賀県大津市大物730-31-302
 TEL:080-3789-6080
 E-mail: macrobi.shiga@gmail.com

講師プロフィール

岡部 賢二 ムスビの会主宰。正食協会理事。正食協会講師として活躍後、福岡県の田舎に移り住み、「ムスビの会」を発足。現在、マクロビオティックの講演や指導、プチ断食セミナー等で全国を回っている。著書に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」(ムスビの会発行)「月のリズムでダイエット」サンマーク出版、「ぐずる子、さわぐ子は食事で変わる!」廣済堂出版、「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」(PARCO出版)がある。

谷口 佳世 万病克服の運動療法「自彊術」の指導資格取得後、指導にあたる。1996年「ここから会」を立ち上げる。同年ATCエイジレスセンター(大阪 南港)にて自彊術講座を開催(至2001年)。NGO団体「ピースボート」に船内講師として乗船し、世界一周の乗客に自彊術を指導する。1997年「快医学」ステップセミナー修了。2001年に「ここから通信」を創刊。現在(2016.8)175号を数える。2009年には、安心・安全のIPMヘナと出会い、家庭療法を広める講座など開催している。著書に「まあるくまあるくこころとからだ」がある。


スケジュール

9/30(土) ※現地集合
11:30 受付
12:00 開会式・オリエンテーション
12:30 第1講義 岡部 賢二 「心とからだをリセットするプチ断食」                       
14:30 休憩
15:00  琵琶湖散策
16:00 入浴・自由時間
18:00 第2講義 谷口 佳世 「LET(ライフ・エナジー・テスト)でイノチを守るための体の声を聴く」 
19:30 休憩
20:00 ワークショップ 谷口 佳世「快療法のワーク~金魚運動~・温熱療法(アイロン温熱)の実践」
21:30 玄米甘酒御飲みながらの交流会♪ 
22:30 就寝

10/1(日)
7:00 朝ヨガ 今井 美紀 「目覚めすっきり!湖岸で朝ヨガ」
8:00 梅醤番茶タイム・休憩・自由時間
9:00 手当て法のワークショップ(生姜湿布) 岡部 賢二                              
10:30 休憩
11:00 第3講義 岡部 賢二「潜在能力を開花させるプチ断食~幸せ回避症と苦楽の法則」
12:00 休憩・アンケート・感想のシェアリング
13:30 終了


2017滋賀プチ断食セミナー@きよみ荘.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 875.3 KB

2017年

5月

11日

8.11-8.12 滋賀プチ断食リトリート

夏に滋賀県の古民家でプチ断食を開催いたします!

主催は滋賀県にあるヘルスステーションけんこう舎さまです。

 

自然の中でゆっくりのんびり過ごし、

本来の自分を取り戻しませんか。

 

今回のリトリートでは、癒しの音色をもつシンギングリンの演奏もございます。

自然の音とシンギングリンのハーモニーで心の底からリラックスできること間違いなしです!

夏の素敵な思い出に・・・

滋賀プチ断食リトリート@奥加河荘


開催日:2017年8月11日(金・祝)~12日(土)

 

会場: 輪のわ空間 奥加河荘(おくかごそう) 
    滋賀県 大津市大石富川2丁目16-17   Phone:090-7341-9302(吉井)
    ◆石山駅から京阪バス「大石(大石小学校)」行き、「大石小学校前」下車

    ◆最寄りバス停から送迎あり(要予約)

 

参加費:28,000円(酵素代、宿泊費、保険代、研修費用を含む)

    早割・ペア割 25,000円(5月末までにご入金の方/2名以上同時申込時、おひとり様) 

定員:限定15名  

 

申込締め切り:8/1(火)

お申込先:ヘルスステーションけんこう舎
      滋賀県大津市唐橋町14-14
      TEL:077-537-3878  FAX:077-537-4122 
      E-mail:biwako_hikari-to-kaze@outlook.jp

講師プロフィール

岡部賢二 

ムスビの会主宰。正食協会理事。
正食協会講師として活躍後、福岡県の田舎に移り住み、「ムスビの会」を発足。現在、マクロビオティックの講演や指導、プチ断食セミナー等で全国を回っている。著書に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」(ムスビの会発行)「月のリズムでダイエット」サンマーク出版、「家族を内部被ばくから守る食事法」(廣済堂出版)、「ぐずる子、さわぐ子は食事で変わる!」廣済堂出版、「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」(PARCO出版)がある。

吉井(田中)夏子

シンギング・リン音響療法師 奥加河荘の主。大津市の山里にある古民家に出逢い自然の中で田畑のある暮らしをはじめる。古民家を「輪のわ空間 奥加河荘」と名付け民泊の他プチ断食の集い お味噌づくり 餅つき会 演奏会 お食事会 等みんなが持っているきらきらが輝き繋がるイベントを開催している。
また各地でシンギング・リンを通して五感で感じることの大切さ、緩むことの心地よさをたくさんの方と共有したいと活動している。

山岡康人 

鍼灸師。
1949年3月京都市に生まれる。1980年に鍼師・灸師免許を習得。3年間修行した後、『食』の大切さに気付き、1984年6月大津市中央に自然食品店〈ヘルスステーションけんこう舎〉を開店。1990年5月に現在地、大津市唐橋町に移転。薬局、鍼灸院を併設し、現在に至る。


スケジュール

8/11(金・祝) ※現地集合
11:30 受付
12:00 開会式・オリエンテーション
12:30 第1講義 岡部賢二 
「心とからだをリセットする月のリズムでプチ断食」  14:30 休憩
15:00  移動
15:20 佐久奈度神社・瀬田川散策
16:20 移動
16:30 入浴(リバプール)
17:30 移動・自由時間
18:00 シンギング・リン音浴会  田中 夏子
19:30 休憩
20:00  ワークショップ   岡部 賢二
身近な食べ物を使った手当て法(生姜湿布) 
21:30 玄米甘酒を飲みながらの交流会♪ 
22:30 就寝

8/12(土)

7:00  シンギング・リンで瞑想タイム 田中 夏子
7:30  朝の散策
8:30  梅醤番茶タイム・休憩・自由時間
9:30  操体法  山岡康人
10:30   休憩
10:45  第2講義 岡部賢二 
「腸が変われば意識が変わる、性格が変わる、人生が変わる」
12:00  休憩・アンケー記入・感想のシェアリング  13:30  現地解散


2017滋賀プチ断食@奥加河荘.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 603.8 KB

2017年

5月

08日

ソーベーズカフェでの陰陽五行講座

 4月22日(土)に岩手県花巻市にあるソーベーズカフェにて、第2回の陰陽五行・望診法講座が開催されました。カフェのオウナーであり、美人社長の畠山さゆり講師の午前中のテーマは「しあわせ脳とストレス脳の秘密」で、講座に引き続き、肝臓系にやさしいレシピの料理講習がソーベーズカフェのシェフによって行われました。

  この日のメニューは

 

   ●大根のカツレツ(八丁味噌たれソース)

   ●レタスのレモンスープ

   ●春野菜の吉野煮

   ●スギヨモのお団子 お豆腐のキャロブクリーム添え

   ●春のグリーンスムージー with Amazake

 

 毎回、創作料理の素晴らしさにビックリさせられるのですが、今回は大根のカツの美味しさに驚きました。また、春先で肝臓が疲れていたせいか、小松菜と甘酒、レモン、リンゴ果汁等を使った春のグリーンスムージーの美味しさには感動しました。これには参加者全員が絶賛していました。

 

 ランチの後は、私の講座で、陰陽五行春編~肝・胆のう系の望診の話をしました。講座の後は、畠山さゆりさんと私のコラボトークで、参加者の皆さんの質問にお答えする時間です。さゆりさんは話を盛り上げるのが上手なので、今回も爆笑トークになりました。

 

 さゆりさんと私のコラボで、7月には洞爺湖でのリトリートツアーがあります。7月22日(土)~24日(月)までの2泊3日です。5名限定の貴重な講座なので、ぜひお集まりください。

 

 洞爺湖リトリート 詳しくはコチラ

 

 講座の終了後には、定番の懇親会です。今回も10名くらいの方にご参加いただきました。いつもながら素晴らしいお料理の数々に舌鼓を打ちながらソーベーズカフェのシェフの皆さん手作りのディナーをいただきました。幸せな気分に浸りながらの心地よい時間でした。

2017年

5月

07日

仙台の腸から始まる成功法則講座

 4月21日(金)に仙台市内で腸から始まる成功法則講座の第2回が開催されました。2回目のテーマは

「成功を阻む潜在抗力(潜在ダメ力)の仕組みと幸せ回避症」についてです。何をやってもうまくいかない原因の一つに、潜在意識の中にデータ化された潜在抗力の存在があります。

 

 潜在意識の中の潜在抗力(潜在ダメ力)が自動的に働くと、「自分にとってダメなことが好き、タメになることが嫌い」という幸せ回避状態が引き起こされます。これが何をやってもうかく行かない原因を作っていることが多いです。

 

 潜在意識の4つの発展段階と、潜在ダメ力をリセットするにはどうしたらよいか、そのために自己肯定のアファメーションとプチ断食による腸の浄化が大切であることを解説しました。

 

 この会の主催者である山口さんとスタッフから、9月23日~25日にかけて東鳴子温泉に開催されるプチ断食リトリートの案内がありました。畠山さゆりさんとのコラボでの講座は、今年で3年目になります。とても好評の講座なので、ぜひご参加ください。

 

 次回の講座は 6/23 (金)「人生を切り開くものの見方と苦楽の法則」です。お楽しみに!

2017年

5月

06日

玄米と野菜料理の店松おか

 4月20日のスキルアップ講座の後、杉村さんに案内していただいて、那須にある玄米と野菜料理の店松おかに行ってきました。オウナーの松岡さんは、昨年と一昨年に開催された杉村美樹さん主催の講座に2年間通ってくださいました。いつかお伺いしたいと思っていたのですが、やっと念願がかないました。

 

 昨年の講座の参加者もかけつけてくれて、楽しい食事会になりました。筍料理や旬の食材がたくさん使われていて、体がスッキリする感じでした。マクロビオティックのディナーが楽しめるお店が少ないので、とてもありがたい存在です。

               松おかのこだわり(ホームページより抜粋)

 

当店では、お肉を使わない野菜料理を中心とした身体に優しいお料理をご提供しております。
主菜には大豆を使用した大豆ミートのメンチカツや豆のハンバーグなどを、またご飯・主菜・和え物・炒め物・酢の物といった豊富な品目の定食もございます。
野菜は有機野菜や減農薬野菜を使用し、体に負担をかけない食事(玄米菜食)を心がけています。
調理に使用する油や調味料にもこだわりをもっています。
油は薬品を使っていない圧搾式で搾った油のみを、調味料は添加物を使っていないものを使用しております。
そして、味噌は自家製のお味噌です。
他にも酵素ジュースや玄米甘酒、デザートのパウンドケーキ、ブラウニー、玄米餅なども手作りのものをご提供しております。
酵素を多くとることで、放射能を体内から排出する働きを手伝い、免疫力を上げることにも繋がります。

 松岡ママ手作り料理は、心も体もほんわりと温まるまごころたっぷりの手作り料理です。ぜひ行ってみてください。麹をお店で作られているため、心地よいパワーを感じることができます。

 

玄米と野菜料理の店 松おか 詳しくはコチラ

2017年

5月

05日

宇都宮のスキルアップ講座

 4月20日(木)に宇都宮にて第2回の陰陽五行スキルアップ・食養指導マイスター養成講座が開催されました。今回はこの会の主催者である杉村美樹さんのご自宅が改装中のため、場所をララカフェに変更しての開催となりました。

 

 今回のテーマは「陰陽五行・春編 瘀血からくる肝臓系のトラブル(生理痛、生理前緊張、心筋梗塞、脳梗塞、肩こり、眼精疲労など)の対処法/グループカウンセリング」でした。春先に多い瘀血からくるさまざまな症状の原因と対策について、肝臓の強化の立場から解説しました。

 

 この講座では、五行の理論とそれに伴う季節の料理とレシピ解説がつきます。杉村さんからは今回のレシピの解説がありました。毎回、素晴らしい料理の提案があるので、いつか、陰陽五行のレシピ本を杉村さんとの共著で出せたらいいなと考えています。

 

 今回のランチの内容です。

 

  ~ランチ~ テーマは肝臓のデトックス・陰陽五行ランチ 春の土用・下弦の月期

  

          ●筍・蓮根入り玄米たきこみごはん

          ●新玉ねぎとふのりの味噌汁

          ●切干大根と麹ごマヨネーズあえ

          ●菜の花と人参の黒ごまあえ

          ●人参のグラッセ

          ●紅芯大根の塩麹漬け

          ●自家製乳酸生甘酒

 

  ~スイーツ~

          ●柑橘入り玄米甘酒ゼリー

           スギナとよもぎケーキ

 

 肝臓が喜ぶ季節の野草や野菜が満載で、皆さん大満足の様子でした。酸味の食材である柑橘類や

 瘀血の改善になる発酵食品などが上手に活用されていて、さずがだと思いました。

 

 次回は5月18日(木)です。

 

0 コメント

2017年

5月

04日

鎌倉での五行講座

 4月26日(水)に鎌倉のSea Sawにて、楽しく学ぶ陰陽五行講座の土用編が開催されました。

ちょうど4月17日から春の土用に入ったので、ぴったりのタイミングでした。土用の時期には胃腸の弱りによる不調が出やすく、春の土用は肝臓系の弱りも加わって自律神経のトラブルが起こりやすいです。

 

 ゴールデンウイーク明けから不登校や仕事を辞めたくなる五月病にかかる人が増えるのですが、5月4日まで続く土用の時期にプチ断食をしたり、少食を心掛けておくと、そうしたトラブルにかかりにくいです。

 

 この土用に時期に弱りやすい臓器が胃と脾臓(すい臓)の経絡で、弱った時の症状と、食事による対策の話をしました。胃が弱ると甘い物が無性に欲しくなります。この甘味をお菓子ではなく、穀物や野菜、甘酒などの発酵甘味料で代替えすることがポイントですね!

 

 講座の後はこの会の主催者である遠山さん手作りの蒸しおこわをいただきました。粉ものではなく、

お米が原料のおやつがだと胃にもやさしくて、とても美味しく感じられました。土用に最適のおやつだと思います。

 

 

 この日はよい天気だったので、午前中に横浜の海辺を散策してきました。帆船の日本丸が係留されていて、船内が見学できるので乗船してみました。船内の構造が良く分かって面白かったです。研修生が寝泊まりする船室はとても狭くてびっくりしました。帆が張られた雄姿をいつか見たいですね!

2017年

5月

02日

新発売!カリカリこんぶ ミニ

 

完全天日干し! 長崎県産昆布を使用

そのまま食べられます

 

カリカリこんぶ ミニ (たべるミネラル)

原材料:昆布(長崎県産)

内容量:10g

価格:367円(税込)

 

お求めはコチラから

 

*ミネラルたっぷりの昆布をそのまま手軽に食べれる様に

                            ひとくちサイズにしました。天日干しすることで、昆布のうまみが

                            凝縮されています。

                           *育ち盛りのお子様のおやつに、おとうさんのお酒のおつまみに、

                           手軽なカルシウム補給にお勧めです。

 

海の緑黄色野菜 昆布

 

 四面を海に囲まれた日本人にとって、昆布は最もなじみの深い海藻です。煮物や汁物のダシに必ず登場するのが昆布で、古くよりお祝いごとに欠かせない食べ物でした。

 

 最近の研究で、昆布に含まれる食物繊維の重要性や微量栄養素の効果がわかり、注目されてきています。特に昆布をはじめとする海藻にがんなどの生活習慣病を予防する優れた効果があることや、放射線などで傷ついた遺伝子の傷を修復する働きがあることもわかってきました。

 

 さらに昆布は、若い女性たちを悩ませている便秘や肥満解消のための美容食としても見直されてきています。
“海の緑黄色野菜”とも呼ばれる昆布には、食物繊維やビタミンA、C、B₂、ヨード、
カルシウム、マグネシウム、亜鉛など、生活習慣病を防いでくれる栄養素がたっぷり含まれています。

 

 昆布のぬめり成分の正体はアルギン酸という食物繊維です。水に溶ける水溶性の性質と、水に溶けない不溶性の性質の両方をあわせ持っている不思議な成分です。

 

 水溶性の食物繊維は、体内のナトリウムとカリウムのバランス調整をして血圧を安定させてくれるので、高血圧の予防になります。
また、水溶性の食物繊維は、糖の吸収をゆるやかにして、血糖値の急上昇を抑えるので、糖尿病の予防にもなります。
 

 不溶性の食物繊維は、大腸がんの原因になると言われる過剰な胆汁酸を腸内で吸着して、排泄してくれます。胆汁酸はコレステロールから作られるので、結果的に脂質の代謝がよくなり、肥満の予防につながります。
 

 昆布にはヨードや亜鉛、コンドロイチンという成分も豊富です。これらの成分は、つややかな髪や爪、骨の発育に欠かせません。特にヨードは、甲状腺に取り込まれて、新陳代謝を盛んにするホルモンの材料になり、血管を柔軟にして、高血圧や動脈硬化を防ぎます。また骨粗鬆症などの老化現象の予防にも役立ちます。
 昆布は山の幸である豆との相性が良いので、小豆昆布を食薬として用います。

2017年

5月

01日

横浜のロハスカフェ・bananeira

  東京講演の合間に、知人の紹介で横山市藤が丘にあるオーガニックカフェbananeiraに行ってきました。東急田園都市線の藤が丘駅から徒歩6分のところにあります。小高い丘の上の、木々に囲まれた気持ちのよい通りに面しています。

 

 bananeiraのポリシーは、地産地消の大切さと、農家さんの苦労と、オーガニック野菜の素晴らしさを、ひとりでも多くの方に知ってもらいたいという思いで生まれたロハスカフェです。オープンしてまだ3か月くらいだそうです。

 

 オウナー加藤さんは私の本「マワリテメクル小宇宙」のファンだそうで、昨年のtukinokiさんの講座で初めてお会いしました。お店のロゴマークにもカタカムナ文字を採用していて、とても意識が高い方です。2階のスペースもあり、そこでデザート作りが近々始まるとのことです。

 

早速、おすすめの野菜料理をいただきました。八丁味噌のドレッシングが有機野菜の味を引き立てていて、とても美味しかったです。寺田本家の五人娘や純米酒、ワインもあり、シェフが料理にあったお酒を勧めてくれます。

 写真はシェフの中西さん(右)とスタッフの高松(左)さんです。高松さんは楽健法によるマッサージもされていて、鎌倉プチ断食セミナーにも施術に来ていただく予定です。スイーツも充実しているので、ぜひ一度行ってみてください。場のエネルギーが高いので、居心地がとてもよいです。

 

bananeira 詳しくはコチラ

1 コメント

2017年

3月

07日

東京MI塾開講

続きを読む

2017年

2月

03日

釜山観光

続きを読む

過去のブログ