2015年

8月

18日

京都の自然療法講座

  8月9日に京都で4回目の自然療法講座が開催されました。

前半は谷口佳世さんによる快療法の講座で、その基本原理である「食・息・動・想・環」の「想」に

ついて解説がありました。


 その中で、みんなで輪になって手をつなぎ、LET(ライフエナジーテスト=оリングテスト)を使った実験を行いました。


 1人の参加者に意図的にネガティブな意識を持ってもらい、実験すると、他の参加者全員の手に力が入らなくなる=エネルギーがダウンすることが分かりました。反対に、1人の人にポジティブな意識を持ってもらうと、全員の手に力が入ることも確認できました。


 ということは、家族の中で、お母さんがどんな意識でいるかによって家族の健康状態が変わるということになりますね!職場にもムードメイカー的な人がいて、いつも明るく楽しい雰囲気を作ってくれると、居心地がよくなり、仕事がはかどったりすることを経験されたことがあるでしょう。


 我々は集合的無意識(潜在意識)でつながっており、エネルギーのやり取りをしている、というのが真相のようです。ということは、誰かが宇宙の真理に目覚めると集合的無意識に変化が生じ、100匹目の猿現象で続々と目覚める人が増え始める、ということにもなるはずです。


 一人ひとりの意識の中に、幸せ感、満足感、感謝の心が芽生えると、よいエネルギーのやり取りが人々の中に活発に起こり、健康状態がもたらされるだけでなく、不安や恐怖、心配といったネガティブ情報で満ちている現代社会のマトリックスに風穴を開けることができるかも知れませんね。


 閉塞感に満ちた社会を変えるのは、1人1人の意識の在り方であり、1人でも多くの方がポジティブな意識(陽転思考)を持つことで、現象に変化を与えていきましょう。怒りや闘争、競争、自責、罪悪感というお荷物意識は手放して、感動、感謝、喜び、幸せ、楽しみ、といった快情報を日々意識に入力していくことで、人生プログラムを自らバージョンアップして行きたいですね!


 そんなことを谷口さんの講座で学ばせていただきました。


 ランチは庵さんの自然食弁当です。精進のおかずがたくさん詰まった素晴らしいお弁当で、皆さん

大満足です。次回は10月です。スポット参加も出来ますので、ぜひご参加ください。開催場所も

京都の町屋なので、居心地がとてもよいですよ!


自然食精進料理 庵 詳しくはコチラ 要予約です。