2015年

8月

27日

ゆらぎの生き方 講義録無料ダウンロード 30分

ゆらぎの生き方 カフェオハナ「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」出版記念イベント岡部賢二講義録 30分
カフェオハナ 出版記念イベント ゆらぎの生き方 2-1 2015年8月23日.w
Windows Media 音楽ファイル 6.9 MB

 ゆりかごやブランコ、ロッキングチェア、ハンモッグなど、ゆらぎのあるものって気持ちよいですよね!居眠りしたり、ぼーっとしたりすると授業中に怒られますが、実はこのゆらぎによって心も体も生命エネルギーを充電できるのです。

 

 ゆらぎをなくすと人間は生命力や適応力をなくします。人工的な照明や扇風機・クーラーの風はゆらぎがないので不自然さを感じますが、絶えず変化する太陽の光や自然の風は心地よいでしょう。心にゆらぎをなくす意識の在り方が固定観念や決めつけ、思い込み、常識、先入観です。

 

 こうした心の囚われから解放されると、トキメキ感、ウキウキ、ワクワク感が戻ってきます。ゆらぎとは遊び心であり、ゆとりであり、マンネリを打破するチェレンジ精神だととらえてもよいでしょう。


 また、満ち欠けをする月のリズムもゆらぎです。月のリズムが入ったカレンダーを使うことで、我々は忙しいという時間の牢獄から脱出し、ゆっくり、のんびりとした人間本来のスローな時間軸に戻ることができます。


 食べ続けると胃腸が疲れて固くなるのに対して、ときどき食事を抜くというのが胃腸をリラックスさせ、ゆらぎを戻すことになります。月の周期を活用し、新月と満月の日の夕食を抜き、玄米甘酒を飲んで過ごすと、心地よいイノチのリズムが戻ってきます。


 そんなゆらぎの生き方について解説していますので、この講義録が皆様の幸せ感を増やすお手伝いに

なれば幸いです。