2015年

10月

22日

福井・ヒノモト講演の様子

 10月19日に福井市にて自然食品の店ヒノモトさん主催の講座がイベントハウス里山の家にて開催されました。テーマは「ニューマクロビオティックとワークショップ」で大阪の河内長野市在住の快療法指導者・谷口佳世さんとのコラボ講演でした。福井で谷口さんとのコラボは今回が初めてです。


 ヒノモトさんでの講座はこの時期に1年に1回だけ毎年開催していただいていて、今年で7年目になります。ヒノモトさん所有の里山にある素敵な山荘での講座で、スタッフ手作りのマクロビ弁当(1000円)が付きます。午前中は20名限定にもかかわらず、25名くらいの参加者があり、満員御礼状態でした。


 午前中は谷口先生の座学の後、快療法の金魚運動やアイロン温熱の実践でした。みなさん和気藹々で、とても楽しそうに実践されていて、大いに盛り上がりました。参加者の方々の硬かった表情も、谷口先生の持前の明るさと、軽快な大阪弁でほころび、笑顔になっていく姿が感動的でした。


 お昼のお弁当はMI塾名古屋の卒業生でもある斎藤晃子さん手作りのマクロビランチです。昨年までは弁当箱にて出していましたが、今回は器に盛りつけてくださったので、見栄えも味も抜群でした。まごころたっぷりのお昼ごはんに癒されました。


 午後からは私の話でしたが、ニューマクロビオティックが従来のマクロビオティックと違うのは、意識の在り方と月や太陽のリズムを取り入れていること、場のエネルギーを重視していることで、私はそれを宇宙生理学と呼んでいます。


 今回は潜在意識の法則を解説し、無意識に幸せ回避をするネガティブなプログラムをリセットする方法について詳しく解説させていただきました。幸せ回避症については、ブログで音声ファイルを公開したいと思います。みなさん、とても真剣で、食い入るように聞いてくださいました。


今回、MQ大学の京都校の卒業生である藤山さんがご主人と石川県から参加してくださいました。来年石川県にてプチ断食セミナーを開催しようということになりました。 


また、NPOフードヘルス石塚左玄塾の理事であり、福井市で正食協会のクッキングスクールや石塚左玄塾を開催されている野坂さんも駆け付けてくださり、嬉しかったです。


麻を環境浄化や医療、石油代替作物として広めようと活動されている鎌田さんにお会いでき、麻の普及についていろいろ

と意見交換ができたのも大きな収穫でした。


素敵な機会を作っていただいたヒノモトの前川社長さん、スタッフの皆様に心より感謝いたします。

ありがとうございました。