2015年

11月

15日

軽井沢・セドナハウス訪問

 軽井沢のセドナハウスに行ってきました。私の実家は長野県の県境近くにある群馬県の安中市で、前日は実家に泊まり、翌朝車で出発して約1時間で軽井沢に到着しました。途中、碓氷峠から妙義山が見渡せます。鳳凰が羽を広げたような形をしている霊山です。紅葉の名勝ですが、見ごろが少し過ぎた感じでした。


 碓氷峠を越えると長野県に入ります。この日は浅間山がきれいに見えました。まだ、紅葉がところどころ残っていました。海抜1000メートルの高原に位置する軽井沢は避暑地として有名です。秋のこの時期に来るのは私も初めてでしたが、寒暖の差があるせいか紅葉の赤色の濃淡が美しかったです。


 セドナハウスは軽井沢役場のすぐ近くの、浅間山が見渡せる景色のよい場所にありました。先日の地球イベントでコラボをしたSucclaさんと佑多さんが今年の夏頃に軽井沢に移住され、セドナナウスを開設されました。今回は、宿泊イベントの下見に行ってきました。


 セドナハウスはもともとはNTTの研修所として使われていたそうで、広いホールの他に宿泊者用の和室が3部屋あり、12名くらい宿泊が可能です。ステンドグラスのある玄関ホールは天井が高く、協会のエントランスを思わせる雰囲気でした。


 ホールにはSucclaさんの言葉を記したハガキやパネルが掲げられていて、言霊の温かいエネルギーでおもてなしされている感じがしました。お昼は近くの蕎麦屋さんに連れていっていただきました。石臼で引いた信州蕎麦とのことで、ちょうどこの日から新蕎麦に変わったそうです。田舎蕎麦と更科蕎麦の組み合わせたものをいただきましたが、風味がよくて絶品でした。


 夕食は自家製の酵素玄米に梅干しとゴマ塩で七号食をいただきます。一口100回噛みながら食べるのですが、これが体質改善に効果的なのです!セドナハウスでは来られた方にこの食事を提供し、翌日の朝食には黒五という黒色穀物を五種類組み合わせたペーストや酵素飲料、ペプチドスープを食べてもらうというプログラムになっているそうです。朝食メニューもいただきましたが、お腹が喜ぶ感じで、うまい組み合わせの仕方だと感心しました。


 セドナハウスの近くの協会では夏場からハープのコンサートが毎週金曜日に無料で開催されています。私の訪問した日が、今年最後のコンサートだったので、夜8時にSucclaさんのご家族と一緒に聞きに行ってきました。グランドハープという大きなもので、その心地よい響きが木造りの協会にこだまして体が癒される感じでした。



 翌朝は近くの高原を散策しました。セドナハウスの宿泊された方をいつも散策に連れていかれるそうです。紅葉があちこちに残っていてきれいでした。落ち葉の上をカサカサと踏みながら歩くのは心地よいですよ!

 

 散策のゴールは緑に囲まれた木製のテラスの中にある丸山コーヒーのお店で一休みです。ここのコーヒーはとても有名で、日本一のコーヒーが飲めると評判のようです。こちらの好みを聞いてから店員さんがどのコーヒーがよいかを勧めてくれます。上質のコーヒーは動物性の毒素を排泄する薬替わりにもなります。私は酸味の少ないコーヒーを注文しました。深い味わいで、香りが良かったです。

 

 Succlaさんにメッセージを下ろしていただきました。

 

 「天高く巡る想いは時代を突き抜け、語り継がれていくであろう

  志一つで人は生き、希望一つで人は生きてゆける

  イノチの輝きの原点は志と希望の持つエネルギーが個を包み、光となす

  その光が集まりし時、輪となり、深き魂の理解と愛情、つながりとなり

  揺るがぬ形へと変化していくのである

  そしてその原点、はじまりとは天高く巡る想いであり、意思であり、

  言霊なのである

  あなたの心の想い、誠の想いが時代を超えて語り継がれるであろう

  その魂心(みこころ)が続き続ける限り」

 

 セドナハウスでは、Succlaさんによるヒーリングや佑多さんによる立ち方、歩き方、呼吸法など

の指導が受けられます。食事を正し、姿勢を正し、心の在り方を正し、自分をリセットする場として

活用されるとよいと思います。ぜひ、一度行ってみてください。

 

 私も2日間の短い滞在ではありましたが、体の緊張が抜けました。Succlaさん、佑多さん、ありがとうございました。

 

セドナハウス軽井沢 詳しくはコチラ