2015年

12月

26日

仙台MI塾・最終回

 12月19日に仙台MI塾の最終回が開催されました。今年の2月に開講し、11回シリーズで開催したMI塾も今回無事に最後の回を迎えることができました。

 

 最終回の午前中のテーマは外用の手当て法で、青菜や豆腐、里芋、生姜を使った湿布法の作り方と実践を行いました。手当て法は本だけの知識ではやり方がわかりにくいので、実際に体感していただく必要があります。こね方や柔らかさ、皮膚に当てたときの感覚、そうした五感を通じて学ぶことが大切です。

 

 現代科学では、このような食べ物を使った手当て法は時代遅れとか非科学的、迷信だというような評価しか受けないのですが、実際、やってみるといろんな症状が治まるのにびっくりします。私は、科学的な根拠を酸化と還元、酸とアルカリ、素材に含まれる成分の性質といった観点から、何故こうした手当てが効くかというメカニズムについて解説させてもらっています。これがわかると他の食材を使った応用ができるからです。皆さん、興味津々といった感じでした。

 

 午後の講座では陰陽五行の活用法という話で、相剋から見えてくる病気の原因と、相性を活用した病気の対策、五行と関連した健康法について、また、梅醤番茶や玄米スープ、味噌の効能効果を五行の表を使って説明させていただきました。

 

 また、意識の世界にも循環の法則による四相の変化性があり、スピリット、マインド、ハート、宇宙意識の違いと、体の臓器との関連性、また、その役割と発展段階について解説しました。私の印象だと、

潜在意識とか意識の法則の話は皆さん大好きのようです。

 

 

 お昼のお弁当はソーベーズカフェの手作り弁当ですが、今回はソーベーズカフェのスタッフ全員が

お店を休んで花巻市からわざわざ駆け付けてくれました。写真の真ん中はお弁当作りだけでなく、手当て法の準備と補佐をいつもしてくれる佐々木シェフです。ちなみに佐々木シェフも盛岡で開催されたMI塾のOBです。彼が手当て法の時にいつもサポートしてくれるので心強いです。とても助かりました。

 

 今回のお弁当の内容です。

 

   ・全粒粉車麩のカツのベジハッシュドビーフ

   ・うるおい春夏秋冬さんのフレッシュサラダ オリジナルドレッシング添え

   ・梅酢のザワークラウト

   ・ブロッコリーとカリフラワーのスパイシーマリネ

   ・焼き芋サラダ

   ・無農薬惣兵衛玄米ご飯

 

 毎回、その季節の野菜を使た創作料理で楽しませていただきました。お弁当の時間は皆さん笑顔があふれ、至福のひと時といった感じです。

 

 講座の終了後に、卒業された塾生の皆さんに修了証の授与式を行いました。今年から修了証のデザインを一新し、地球・月・太陽をモチーフにして、宇宙の中で地球が平和と愛にあふれるようにとの願いを込めたものに変更しました。好評で良かったです。うきは市に在住のデザイナーの方にお願いしたのですが、心温まるデザインになりました。

 

 終わった後は、場所を変えて懇親会。仙台市内を歩いていると、木々に施された電飾がきれいでした。

参加者の皆さんの感想をお聞きしながら、この地で開催して本当に良かったと思いました。参加者の皆さん、講座を企画したいただいたソーベーズカフェの畠山さゆりさん、スタッフの皆さん、本当に一年間ありがとうございました。

 

 東北でのMI塾は今回で最後となりますが、どうしても受講したいという方のために、来年2月から通信教育によるMI塾を開催することになりました。盛岡2期、仙台2期、宇都宮1期、東京3期、大阪2期、名古屋2期、沖縄1期、福岡11期開催してきたMI塾も、おかげさまで卒業生が600人近くになりました。全国で皆さんが活躍してくれていて嬉しい限りです。

 

 開催から10年経たMI塾ですが、来年は活動を縮小し、卒業生たちのフォローアップに力を入れたいと思います。2016年は仙台市内では2月から「陰陽五行の望診法講座」、花巻市では「人生がぴかぴか輝く女性学講座」を定期開催します。お楽しみに!