2016年

1月

10日

福岡MI塾のOB会

 昨日は福岡市内にあるレストラン花ふささんで、ベジガーデン主催の福岡MI塾の1期生・2期生が集まり、OB会が開かれました。

 

 1年ぶり、2年ぶりにお会いする方が多かったので、久々の再開で同窓会に行ったような懐かしい気分になりました。総勢14名のこじんまりとした会でしたが、さすが、MI塾の卒業生だけあって、パワーが違います。みんな光り輝いている感じでした。

 

 午前中は「これからのマクロビオティック~皆さんの進化のために」というタイトルで私が講義を1時間半ほどされていただきました。これからのマクロビオティックに必要なものは、場のエネルギーの考え方や、天体と人体とのかかわりを知り、天体の位置のエネルギーを取り入れる宇宙生理学、生野菜、夏野菜、果物といった陰性な食べ物も酵素食品として適宜取り入れる柔軟性、プチ断食といった食べない健康法、潜在意識の中のネガティブなデータの上書きではないか。

 

 また、カタカムナ’(潜象物理学)の対極図からわかる宇宙の法則性という話の中で、陰陽五行と暦とカタカムナの関係性について解説しました。さらにカタカムナの原理の中の四相の変化性の中で、精神にも四相の変遷があること、スピリット、マインド、ハート、宇宙意識との違いと関わりについての話をしました。

 

 今年は、経済的、気候的な激変が予想されるなかで、変化しない宇宙の法則に即した生活をしていれば、自分を見失わずに生きることが出来る事、最低の食べ物で最高の健康を得ることが出来るのがマクロビオティックであり、手当て法やプチ断食を体験し、生きる力をつけることが大切である、そんな内容でした。

 

 講座の後は、お楽しみの食事会です。花ふささんでは、動物性を一切使わない自然食懐石料理でおもてなしをしてくれます。ダシには特にこだわりがあり、カツオや椎茸は使わず、北海道産の最高ランクの昆布だけで出汁を作ります。この味が忘れられないほど美味しいのです。

 

 前菜、湯葉入りの昆布だしスープ、ごま豆腐、蓮根ボールの揚げ出し風、ベジロールキャベツ、雑穀ご飯につけもの、食後のスイーツと穀物コーヒーといった内容でしたが、それぞれのⅠ品ごとに手間ひまがかけられていて、皆さん大満足の様子でした。

 

 食後に、参加者全員の近況報告がありました。マクロ料理を教えるサロンを始めた人、犬の病気の予防のために、重ね煮料理を提供している人、全国の断食会を体験して回っている人、自力整体で体をほぐすことを教えている人など、持ち場持ち場で前向きなチャレンジをされている方が多くて、とても嬉しく思いました。

 

 このような波動の共鳴する人達が集まり、情報交換すると、よい刺激がありますね!人間だから誰しも、人生の方向性が見えなくなったり、自信をなくしたり、自己嫌悪に陥ったり、ということが起こります。この会に参加して、元気がでてきた!、勇気が湧いてきた、ゆらぎの大切さを実感した、といった感想が聞かれました。また時々、OB会を開催したいと思います。参加していただいた皆さん、この会を主催していただいたベジガーデンの仲さん、本当にありがとうございました。

 

精進自然食料理・花ふさ 詳しくはコチラ