2016年

4月

25日

熊本地震の物資の受け入れ状況(4.25現在)

地震から10日以上が経過して、ライフラインも

少しずつ復旧しています。

しかし地域によっては、いまだ不自由な環境にある方も多数いらっしゃいます。

 

今回ムスビの会では、支援物資の中継地点として協力させていただきましたが、依頼先のTAO塾さまへの荷物の直送が可能となりました。

 

TAO塾さまでは、支援物資の配達はもちろん、炊き出しやアレルギーをお持った方への食べ物の供給(ぽんせん製造など)を行っています。

 

現在、受け入れているものは下記の物になります。

●白米 ●毛布 ●敷マット ●寝袋 ●海苔 ●ふりかけ ●自然塩 ●発泡スチロール ●タッパウエア

 

白米や海苔、ふりかけ、自然塩、発砲スチロール、タッパウエア、発砲スチロール(炊き出しを入れて保温するため)などは、炊き出しに使用されます。

先日持っていった際には、現地の方に温かい食べ物は大層喜ばれました。

また寝袋、敷きマット、毛布は長引く避難生活に最低限必要なものです。

今、被災地の方に必要なのは体と心が元気になるたにも「食事」と「睡眠」が重要です!

 

このブログを書いている間も、日々状況は変わっています。

もし趣旨にご賛同いただいき、物資を送っていただく際は、

一度TAO塾さまにメールで必要なものをご確認ください。

 

物資以外にも、現在ボランティアスタッフも募集しています。

(受け入れ体制が必要なため、事前にメールをお願いします!)

● 日帰りで玄米ぽんせん作りを手伝ってくれる人
● TAO塾と提携している被災地の集積所に確実に届けてくれる人
● アトピー、アレルギーの人達に確実に届けてくれる人

TAO塾のメールアドレス taojuku@gmail.com

 

なおTAO塾のホームページからも必要とする物資や人材の確認ができます。

TAO塾のホームページ

 

今求められているものを必要としているひとの元に確実に届けるため、ご協力をお願いたします。