2016年

5月

31日

鹿児島プチ断食セミナースタート

 5月27日~29日までの3日間、鹿児島市内の城山観光ホテルにて鹿児島プチ断食セミナーが開催されました。今回で鹿児島でのプチ断食セミナーは11回目となります。城山観光ホテルでの断食会は今回初めてだったのですが、遠くはアイルランド、韓国、東京、千葉、大阪などから来ていただき、総勢33名で無事スタートしました。

 

 城山観光ホテルは鹿児島の中心街の小高い丘の上にあり、桜島と錦江湾が一望できる素晴らしいロケーションに位地しています。鹿児島市内では最高級のホテルだけあって、ホテル内の設備はなかなかすごかったです。特にお風呂からの眺望はすばらしく、リラクゼーションルームまで備えたスパ施設は居心地がよくて参加者に大人気でした。宿泊の部屋も豪華で、みなさん大満足の様子でした。

 

 初日の第1講義は私が担当で、プチ断食の効用とやり方につい酸化と還元という言葉をキーワードに解説しました。初めは皆さん硬い表情をしているので、それをほぐすのにため、初回の講座は多少気をつかいます。寒いギャグを連発して何とか参加者の表情が和らいだのでほっとしました。

 

 講座の後は、玄米小豆粥で導入食をいただきます。この会の主催者であるやさい村の角屋敷まり子先生手作りの玄米粥に癒される感じでした。鍋釜を持ち込んでの料理は準備が大変で、カセットコンロを使えなかったのでラジエントヒーターを2台使ったところ、ブレーカーが落ちてしまったりするトラブルもありましたが、何とか美味しく炊くことができました。

 

 

 

 食事の後は、散策の時間です。初日は城山散策で、ホテルから照国神社まで散策道を通って下っていきます。島津家をお祀りする照国神社でお参りをした後、別の散策ルートでホテルまで登っていきます。森の中の散策はマイナスイオンたっぷりで気持ちがよく、参加者同士の会話もはずんで、一気に打ち解けた感じになりました。

 

 城山の展望台が散策のゴール地点です。この日は中国からの観光客でごった返していてビックリでした。こんなに観光客が多いのは初めてです。幸い、桜島がうっすらと見えたので良かったです。天気予防では雨だったのですが、何とか散策が終わるまで天気が持ってくれました。

 散策の後は入浴時間で、皆さんリラクシングタイム。その後の夜の部の講座は三重県から来ていただいたセラピストの河野修一先生による「症状ではなく人生そのものを癒す秘訣」という話でした。心の在り方を中心に、体を整える秘訣を伝授してくれました。

 

 講座の後は、自己紹介をしながらの交流会です。今回は自然食品の総合商社であるムソー株式会社から社長さんを含め6名のスタッフの方にご参加いただきました。私が19年務めた会社なので、旧知の方もたくさん居て、とても嬉しかったです。

 

 二日目の様子は、また明日報告させていただきます。