2016年

9月

14日

仙台プチ断食セミナー3日目

 仙台プチ断食セミナー3日目は、畠山さゆり先生による「代謝があがるストレッチ&エクササイズ」のワークでスタートしました。参加者の皆さんの表情が初日と比べるととても柔和になり、笑顔があふれ、光輝いていました。二日目に頭痛があった方も、すっかり元気になり、断食効果が出てきました。

 

 エクササイズの後は、この会を主催してくれた3人の主催者による体験発表の時間です。3人共、東北で開催されたMI塾の卒業生です。大石さん、渡辺さん、山口さんの順番で20分づつ発表してもらったのですが、素晴らしい内容に私もビックリしました。3人ともプチ断食セミナーを通じて精神的にも大きく成長し、進化している姿に感動しました。

 

 主催するのは企画から始まって、旅館・講師との打ち合わせ、広報活動、準備など、やることが盛りだくさんで、本当に大変だったと思います。でも、「苦に立ち向かうと楽が来る」という宇宙の法則の通り、断食会を終えた時の達成感や満足感、充実感は誰よりも大きかったのではないかと思います。

 

 

 セミナーの締めくくりは、畠山先生、高橋先生、私の対談トークです。畠山さんに司会進行をお願いし、1時間くらいのコラボトークでしたが、プチ断食に関することだけでなく、「聖なる性のあり方」まで話が及び、大いに盛り上がりました。

 

 まだまだ、話を聞きたいという雰囲気でしたが、私がまとめの話をして、すべての講座が終了しました。

 講座の後は、小豆玄米粥で回復食です。初日にも小豆粥をいただきましたが、3日目になると美味しさもひとしおで、満足感も倍増でした。皆さん、美味しいと大好評でした。

 

 最後は、感想のシェアリングタイムで、参加者全員に3日間のプチ断食での変化や感じた事などを体験発表をしてもらいました。この時間がセミナーの中での一番のクライマックスと言ってもよく、生命歓喜状態となって泣き出す方もいました。

 

 参加者の感動する姿を見るにつけ、開催して良かったという安堵感に満たされます。来年もまた、この地で開催したいと思います。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。