2017年

2月

01日

どろっぷす最終講座

 1月13日(金)に熊本市内にあるナチュラルカフェ・どろっぷすさんにて、美しく生きるためのマクロビオティック講座の5回目・最終回が開催されました。テーマは「言霊とマクロビオティック~日本語に込められた潜在パワー」で、日本語の特徴と言霊について解説しました。

 

 言霊とは言葉に宿るエネルギーで、人間と人間同士だけでなく人間と動物、人間と植物、人間と鉱物の間にも響き合う力を秘めています。日本語の一音一音に秘められた言霊が理解できると、言葉の深い意味が理解できるようになります。

 

 「ありがとうございます」や「いただきます」、「もったいない」、「おかげさまで」といった感謝の言葉を繰り返し唱えていると、その人の生命エネルギーが高まるだけでなく、その言葉をかけた人やモノへもパワーが伝わり力を増します。

 

 マクロビオティックの基本食である「コメ」や「イネ」、「ミソ」をよく「カム」で呼吸「イキ」をしっかりしながら暮らしていると「イノチ」が輝いていきます。そんな言霊の意味を詳しく解説しました。

 講演の後は、どろっぷすさん手作りのマクロビランチをいただきました。今回は、冬場ということで、黒色食材を中心に、腎を強化するメニューになっていました。

 

 食後は、どろっぷすさんに定期的にスイーツを納入している恵子ちゃんの手作りケーキを食べながら、参加者との交流の時間を持ちました。恵子ちゃんのスイーツは最高に美味しいです。南阿蘇コーヒーさんの自家焙煎オーガニックコーヒーとケーキをいただきながら至福の時間を過ごすことができました。

 

 また、6月くらいから第2弾のシリーズをどろっぷすさんで開催したいと思います。詳細が決まり次第、案内させていただきます。参加していただいた皆さん、素敵な料理と場を提供していただいたどろっぷすの野田さんに感謝です。