2017年

3月

03日

正食協会でのデトックス講座

 2月9日(木)に大阪の正食協会にて、「月のリズムでデトックス第2弾~陰陽五行と月の周期律を活かした健康法講座」が開催されました。2015年に好評だった講座の第2弾です。前半は私の講義があり、その後は正食協会料理講師である宮本先生によるデトックスレシピの提案と作り方のデモンストレーション、葛入り甘酒作り、試食が行われました。

 今回の月のリズムでデトックスメニューは玄米甘酒と玄米餅を用いた「甘酒ぜんざい」と、葛入りの甘酒でした。私とHAPPY TALBE主宰の料理講師・杉村美樹さんの共著である「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」の本から2品の料理の実演が行われました。宮本先生から丁寧に作り方の説明があり、その後、一人ひとり葛入り甘酒作りに挑戦しました。玄米甘酒に還元塩と吉野くずを入れ、とろみと光沢が出るまで火にかけながら練っていきます。

 甘酒ぜんざいにはこんがりと焼いた玄米餅を載せ、その上に水で戻したクコの実をトッピングすれば出来上がりです。彩も美しく仕上がりました。ほのかな甘味ではありますが、ぜんざいも甘酒も麹本来のあっさりとした甘味で美味しかったです。ぜんざいは小豆の風味が損なわれることなく、大満足の味でした。

 

 試食の後は、質問にお答えしながらの懇親会です。体のことだけでなく、ここだけでしか話せないようなディープな話題も飛び出して、とても有意義な時間が過ごせました。正食協会では4月1日の土曜日から陰陽五行の望診法と手当て法講座が5回シリーズで開講します。お楽しみに!