座・イベント情報など

ムスビの会 通販サイト

ムスビの会では二十四節気ごとにメルマガを配信しています。

購読をご希望の方は下記から登録をお願いいたします。

Benchmark Email
Powered by Benchmark Email

2016年

12月

01日

期間限定販売 ゆず湯

 日に日に寒さが厳しくなってきました。

 そこでおすすめなのがゆず湯。

 今回期間限定でうきは産の無農薬ゆず湯の素を販売します。

 

 ゆずに含まれる芳香成分にはリラックス・安眠作用や

 血行促進・抗菌・抗 ウィルス作用などさまざまな優れた

 効能があります。

 こんな優れたゆずのお風呂を冬至だけじゃもったいない!

 師走のあわただしい日常をゆず湯でリラックスしませんか。

 入浴以外にもお部屋や車、トイレの芳香剤としても

 お使いいただけます。

 

 

 原材料:ゆず(福岡県うきは産無農薬)
                                内容量:25g×3個
                                                              価格:1230円(税込)

          

                     *お買い物サイトはコチラ

                             

ゆずの芳香成分に含まれる主な効能

リモネン

・鎮静作用(リラックス作用/安眠作用)

 

・胃腸の蠕動運動促進作用(食欲増進)

 

・抗菌作用

 

・抗ウィルス作用

 

・がん抑制作用

 

・血行促進作用

 

・基礎代謝力UP

 

・免疫力UP

 

・肌や髪の保湿作用

 

シトラール

・血管弛緩作用

 

・血流改善作用

 

・保温作用

 

・頭をすっきりさせる

 


2016年

11月

30日

3.25 陰陽五行スキルアップ 食養指導マイスター講座 Basic 【栃木県】

陰陽五行の基本のコースです。

各季節に弱りやすい臓器や体に出るサイン、また各臓器を強化する食べ物を使った料理など身近に使える陰陽五行が学べます。

偶数回には、前回の復習を行うことで陰陽五行の基礎を

しっかり身に付けていきます。初心者の方や過去に学ばれた方も

再復習にもおすすめです。

プライベートサロンのため、定員に限りがあります。

お申し込みはお早めに!

なお受講料のお得な早割もございます。

ぜひこの機会にご参加ください。

 

 

【会場】HAPPY TABLE(栃木県宇都宮市)


【受講料】 全11回 126,000円

             (受講料、資料代、材料費、ランチ代、修了証代含む)
            早割120,000円(2016年12月末までにご入金)
              分割(2回払):65,000円×2 (1回目:1月末 2回目:6月末)
              ゲスト参加:奇数回 13,000円 / 偶数回  8,500円
          *価格は全て税込です。
          *全受講が原則ですが、空席がある場合は特定回のゲスト参加も可能です。

             事前にお問い合わせください。なお通年参加の方が優先になりますのでご了承ください。


【開催日時】  3/25(土) 4/22(土) 5/13(土) 6/17(土) 7/22(土) 8/26(土)

                 9/23(土) 10/28(土) 11/25(土) 12/16(土) 1/20(土)


【定員】10名


【欠席の場合】奇数回は講義録CDと当日配布資料郵送。偶数回は資料の郵送。


【レポート提出】毎回5問程度の課題を出題いたします。


【修了証について】修了証をご希望の方は全11回のうち8回以上の出席と全回レポート提出が条件となります。

 

【お問い合せ・お申し込み】 
必要事項(お名前、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス)を明記の上、下記までメールでお申込ください。
詳しいご案内をお送りさせていただきます。お振込みをもって、ご予約完了となります。
マクロビオティック サロン  HAPPY TABLE
杉村美樹
Tel:028-638-1773 E-mail:happytable@ninus.ocn.ne.jp 

詳しくは下記のPDFファイルでご確認ください。

2017陰陽五行スキルアップ講座ベーシックチラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 829.4 KB

年間スケジュール

  開催日 内容
3/25(土) 陰陽五行・春編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
肝・胆のう系(自律神経)のトラブルの原因と対策・望診法
4/22(土) 陰陽五行・春編(担当:杉村美樹)
肝・胆のう系(自律神経)を癒す料理とテーブルコーディネート、手当法
5/13(土) 陰陽五行・夏編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
心・小腸系(循環器系)のトラブルの原因と対策・望診法
6/17(土) 陰陽五行・夏編(担当:杉村美樹)
心・小腸系(循環器系)を癒す料理とテーブルコーディネート、手当法
7/22(土) 陰陽五行・土用編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
胃・脾臓系(免疫系)のトラブルの原因と対策・望診法
8/26(土) 陰陽五行・土用編(担当:杉村美樹)
胃・脾臓系(免疫系)を癒す料理とテーブルコーディネート、手当法
9/23(土) 陰陽五行・秋編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
肺・大腸系(リンパ系)のトラブルの原因と対策・望診法
10/28(土) 陰陽五行・秋編(担当:杉村美樹)
肺・大腸系(リンパ系)を癒す料理とテーブルコーディネート、手当法
11/25(土) 陰陽五行・冬編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
腎・膀胱系(内分泌系)のトラブルの原因と対策・望診法
12/16(土) 陰陽五行・冬編(担当:杉村美樹)
腎・膀胱系(内分泌系)を癒す料理とテーブルコーディネート、手当法
1/20(土) 陰陽五行まとめ(担当:岡部賢二・杉村美樹)
修了パーティ・修了証授与

タイムテーブル

【奇数回】
10:00~12:00 
陰陽五行の解説/トラブルの原因と対策ほか(岡部)
12:00~13:30 
ランチタイム/Menu解説(杉村)
13:30~15:30 
望診法(グループワーク)(岡部)
15:30~16:00 
ティータイム&質疑応答(岡部・杉村)

【偶数回】(杉村)
10:00~13:30 
五行の調理実習と試食
13:30~15:30 
五行のメニュープランニングと奇数回の復習と手当法
15:30~16:00
ティータイム&質疑応答


2016年

11月

30日

うきは生活塾・最終回

 うきは生活塾の最終回が11月13日に江藤農園で開催されました。午前中は畑の草取りとネギの苗植えです。草を丁寧に取った後、土の上に線を引き、等間隔で苗を植えていきます。九州では天候不順の影響で、玉ねぎの苗がなくなる事態になっています。また、キャベツや白菜といった葉物の不作の影響で、軒並み葉物の値段が上がっています。そういう状況を見るにつけ、自給自足の大切さを感じますね!

 お昼は江藤農園で採れたもち米を使って餅つきをしました。自前の乾燥機で籾を乾かし、籾摺り機で脱穀をします。黄な粉餅と納豆餅、からみ餅、自然薯餅の4種類を作りましたが、大好評で、あっという間になくなりました。餅は伝統的な食べ物であるだけでなく、ミトロカエシの技法により還元力が備わっていて、邪気を払ってくれます。1年間の邪気が払われ、また来年も元気に暮らすことができるパワーをもらった感じです。

 

 今回は収穫祭を兼ねたイベントでしたが、新嘗祭のように、その年にできた新米をいただくことで、大地や水、太陽、稲といった天地万物の恵みに感謝をささげることができたと思います。江藤農園のお米も豊作で良かったです。例年よりも甘味が増し、味は抜群です。

 

 参加者には江藤農園の新米をお土産に差し上げました。毎月欠かさずに通ってくれた参加者の方に感謝です。今回はうきは市に移住されてきた男性も加わり、楽しい会になりました。参加者のみなさん、指導をして下さった江藤さん、本当にありがとうございました。

2016年

11月

29日

2.23 陰陽五行スキルアップ 食養指導マイスター講座 Advanced 【栃木県】

 今年宇都宮で開催して好評だった

「陰陽五行スキルアップ講座」の上級編です。

各季節に起きやすい体調不良についての対処法を

詳しく学んでいきます。

またグループワークで、より実践的に力を身に付けていきます。

プライベートサロンのため、定員に限りがあります。

お申し込みはお早めに!

なお受講料のお得な早割もございます。

ぜひこの機会にご参加ください。

 

 

【会場】HAPPY TABLE(栃木県宇都宮市)


【受講料】 全11回 136,000円

             (受講料、資料代、材料費、ランチ代、修了証代含む)
            早割126,000円(2016年12月末までにご入金)
              分割(2回払):70,000円×2 (1回目:1月末 2回目:6月末)
              ゲスト参加:奇数回 13,500円 / 偶数回  8,500円
          *価格は全て税込です。
          *全受講が原則ですが、空席がある場合は特定回のゲスト参加も可能です。

             事前にお問い合わせください。なお通年参加の方が優先になりますのでご了承ください。


【開催日時】  2/23(木) 3/23(木) 4/20(木) 5/18(木) 6/22(木) 7/20(木)

                 8/24(木) 9/21(木) 10/26(木) 11/16(木) 12/14(木)


【定員】10名


【欠席の場合】奇数回は講義録CDと当日配布資料郵送。偶数回は資料の郵送。


【レポート提出】毎回5問程度の課題を出題いたします。


【修了証について】修了証をご希望の方は全11回のうち8回以上の出席と全回レポート提出が条件となります。

 

【お問い合せ・お申し込み】 
必要事項(お名前、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス)を明記の上、下記までメールでお申込ください。
詳しいご案内をお送りさせていただきます。お振込みをもって、ご予約完了となります。
マクロビオティック サロン  HAPPY TABLE
杉村美樹
Tel:028-638-1773 E-mail:happytable@ninus.ocn.ne.jp 詳しくは下記のPDFファイルでご確認ください。
2017陰陽五行スキルアップ講座Advanced チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 897.7 KB

年間スケジュール

  開催日 内容

 2/23

(木)

 陰陽五行総論(担当:岡部賢二・杉村美樹) 
陰陽五行と二十四節季・月のリズムとの関係、生活の中にみる陰陽五行

3/23

(木)

陰陽五行・春 新月期編 (自律神経)(担当:杉村美樹)
肝・胆嚢系を癒す料理とテーブルコーディネート、五行解説、望診法・手当法

4/20

(木)

陰陽五行・春編 (担当:岡部賢二・杉村美樹)
瘀血からくる肝臓系のトラブル(生理痛、生理前緊張、心筋梗塞、脳梗塞、肩こり、眼精疲労など)の対処法/グループカウンセリング

5/18

(木)

陰陽五行・夏編 上弦の月期(循環器系)(担当:杉村美樹)
心・小腸系を癒す料理とテーブルコーディネート、五行解説、望診法・手当法

6/22

(木)

陰陽五行・夏編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
瘀血からくる心臓系のトラブル(高血圧、不整脈、立ちくらみ、エコノミークラス症候群など)などの

対処法/グループカウンセリング

7/20

(木)

陰陽五行・土用編 移行期(免疫系)(担当:杉村美樹)
胃・脾系を癒す料理とテーブルコーディネート、五行解説、望診法・手当法

8/24

(木)

陰陽五行・土用編 (担当:岡部賢二テーブルコーディネート・杉村美樹)
気の低下による脾臓系のトラブル(糖尿病・低血糖・進行性筋ジストロフィー・ALSなど)などの

対処法/グループカウンセリング

9/21

(木)

陰陽五行・秋編 満月期(リンパ系)(担当:杉村美樹)
肺・大腸系を癒す料理とテーブルコーディネート、五行解説、望診法・手当法

10/26

(木)

陰陽五行・秋編(担当:岡部賢二・杉村美樹)
水はけの悪さからくる肺系のトラブル(メタボリック、高脂血症、脂肪肝、自己免疫疾患など)の

対処法/グループカウンセリング

11/16

(木)

陰陽五行・冬編 下弦の月期(内分泌系)(担当:杉村美樹)
腎・膀胱系を癒す料理とテーブルコーディネート、五行解説、望診法・手当

12/14

(木)

陰陽五行・冬編(担当:岡部賢二、杉村美樹)
冷えからく腎系のトラブル(更年期障害、不妊症、ホルモン障害、不眠症、パニック障害など)の

対処法/グループカウンセリング

タイムテーブル

【奇数回】
10:00~12:00 
症状別の原因と対策ほか(岡部)
12:00~13:30
ランチ・メニュー解説(杉村)
13:30~15:30
グループカウンセリング(岡部)
15:30~16:00
ティータイム&まとめ(岡部・杉村)

【偶数回】(杉村)
10:00~13:30
五行の調理実習と試食、テーブルコーディネート
13:30~15:30
陰陽五行のお話と望診法・手当
15:30~16:00
ティータイム&質疑応答・まとめ


2016年

11月

29日

2.4 ニューマクロビオティック講座2017 【滋賀県】

滋賀県にある自然食品店「ヘルスステーションけんこう舎」さま

での講座です。

 

幸せな未来を創造するための新生活法についてお話します。

宇宙と私たちの体との関係性や意識の持ち方など・・・

食事療法だけでは改善されなかった方におすすめの講座です。

「ニューマクロビオティック講座2017」

     ~幸せな未来を創造するための新生活法~

 

開催日:2/4(土) 3/31(金) 6/2(金) 8/4(金) 10/6(金) 12/1(金)

 

時間:13:30~16:30

 

会場:ヘルスステーションけんこう舎 研修棟 『秀山荘』 (滋賀県大津市唐橋町14-14)

 

参加費:全6回一括 18,000円 /  単発 3,500円

     *マクロビオティックスィーツ&ドリンク付き

     *要予約

 

お問い合わせ・お申込先:ヘルスステーションけんこう舎

                TEL: 077-537-3878  FAX :077-537-4122

                                E-mailkenkousha@gmail.com

 

*詳細は下記のPDFファイルでご確認ください。

スケジュール

  開催日 内容
第1回 2/4(土)

宇宙を貫く統一原理を知る

~陰陽五行と月・太陽・臓器の周期律と暦の関係

第2回 3/31(金)

言葉の力で波動を調整する

~言霊とカタカムナの智恵に学ぶ

第3回 6/2(金)

五感を磨く

~玄米甘酒を使ったプチ断食で感受性を開花させる

第4回 8/4(金)

潜在能力を目覚めさせる

~固定観念・思い込み・先入観・決めつけをリセットし、幸せ回避症から脱する

第5回  10/6(金)

 場のエネルギーを整える

~微生物の働きを高めて、体内環境と対外環境浄化する

第6回 12/1(金)

運命の法則を知る

~食べ物ので意識が変わる、性格が変わる、人生が変わる!

2016年

11月

29日

12.22 KENJI OKABEスペシャル講座 【横浜市】

神奈川県にある菌cafe753主催、NPO呼吸大学さん共催の

スペシャルな講座です!

 

腸と私たちの意識の関係について、お話します。

頑張っているのになんだか上手くいかないや潜在意識に興味がある方に聴いてほしい講座です。

あっと驚く気づきがあります。

 

午前と午後2部構成となっています。

どちらか片方でも参加可能です。

1日通して参加の方には、さらにお得な前売券もございます。

ぜひご参加ください。

 

*画像をクリックすると拡大できます。

 

KENJI OKABEスペシャル講座

 Rresented by 菌cafe 753

 協賛:NPO呼吸大学

 

幸せ回避症候群と苦楽の法則

~潜在意識の活用法と腸内革命~

腸が変われば意識が変わる、性格が変わる、人生が変わる

 

 

開催日:2016年12月22日(木)

 

会場:なごみ邸(神奈川県横浜市緑区中山町21-1) 

≪アクセス≫JR横浜線中山駅南口 or 横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口~徒歩6分

 

【午前の部-講座・ランチタイム懇親会付き】

10:30~13:30

テーマ「幸せ回避症候群と苦楽の法則」

*菌cafe753ランチボックスで懇親会

 

【午後の部-特別講話と実践・ティータイム懇親会付き】

13:30~16:30

テーマ「潜在意識の活用法と腸内革命」 すぐに役立つ実践指導付

*菌cafe753のお茶とスィーツで懇親会

 

参加費:午前のみ 4,000円 /午後のみ 4,000円

     1日通して 7,500円 /お得な前売券 7,000円

 

お申込・お問い合わせ先

Phone:090-4823-1228(田口)

FAX:045-345-4039

E-mail:taguchi@kokyudaigaku.com

 

詳しくは下記のPDFでご確認ください。

20161222岡部賢二先生講座パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 227.9 KB

2016年

11月

28日

第9回 霧島プチ断食セミナー【鹿児島県】

毎年恒例の鹿児島でのプチ断食セミナーの

開催日が決定しました!

このセミナーは満足度が高くリピーターの多いセミナーです。

自然の中で行うことで、より心と体のデトックス感を感じることができます。

セミナーのお楽しみのひとつ、パワースポットも人気のポイントです。

 

早期割引もあるので、興味ある方は早めのお申し込みをおすすめします!

 

*画像をクリックすると拡大できます。

2017年 第9回霧島プチ断食セミナー

開催日:2017年5月26日(金)~28日(日)


会場 :霧島国際ホテル(鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930 番地12)

    TEL:0995-78-2621
受講料:52,000円(2 泊3 日)
※早期割引:49,000円(3月21日までのご入金の場合)
(宿泊費、マイクロバス代、酵素代、ハーブドリンク代、研修費用、保険料を含む)
※鹿児島空港より送迎の車を予定しています(要予約)

 

【講師】
岡部 賢二・・・マクロビオティック健康講座、手当て法講座 ムスビの会主宰
河野 修一・・・瞑想的なヒーリング「ビーイングタッチ」の創始者・伝達者
角屋敷 まり子・・・マクロビオティック体験講座、食事指導 マクロビオティック料理講師
佐々木 渉・・・東洋医学研究家
平井 聖代・・・福岡太極拳研究会指導員 太極拳いちにの会代表
角屋敷 浩太・・・食品添加物や食材、電磁波、経皮毒などについての講座 やさい村

スケジュール

5/26 (金)
12:00 霧島国際ホテル集合
12:15 開会式

     オリエンテーション
12:30 導入食(玄米小豆粥)
13:00 第1講演 岡部賢二
「ため込まない生き方・プチ断食で生命力を高め、潜在能力を開花させよう!」
15:00 霧島神宮散策
17:30 温泉タイム
19:00 第2講演 河野修一
「生命力を上げるためにできる身近な知恵」
20:30 懇親会
22:00 就寝

5/27 (土)
6:00 起床
6:30 太極拳 平井聖代
7:30 梅醤番茶タイム
8:30 第3講演 佐々木渉
「米・水・塩」-風土により違う健康の概念
10:00 第4講演 角屋敷まり子
「健康作りに役立つ効果的な温泉の入り方」
11:30 霧島の自然遊歩道散策
14:30 自由時間、温泉タイム
17:00 第5講演 岡部賢二
「手当て法のワークショップ
~生姜湿布の威力を体感してみよう!」
19:15 第6講演 河野修一
「自分を最大限に尊重するために、今日からできること」
21:10 懇親会、玄米甘酒タイム
22:00 就寝

5/28 (日)
6:00 起床
6:30 太極拳 平井聖代
7:30 梅醤番茶タイム
8:30 第7講演 角屋敷浩太
「デトックス後は気を付けたい!
食べ物について知ってみよう」
9:45 第8講演 岡部賢二
「本当の豊かさとは何か~未来の
子供たちのために我々が今できること」
11:10 回復食(玄米小豆粥)
11:50 感想のシェアリング
13:00 解散


*詳細は下記のPDFファイルでご確認ください。

2017年霧島プチ断食セミナーVer1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 485.6 KB

2016年

11月

28日

1.18 エグゼクティブ・ウーマン・マクロ 【福岡市】

福岡市内にある自然食品店さんでの講演です。

 

自然環境や社会情勢がめまぐるしく変わる中、

本当に大切なものはモノやお金ではないことを

誰しもが気づきつつあります。

人生哲学とも言うべきマクロビオティックには、

自由人になるためのヒントがたくさんつまっています。

ぜひご参加ください。

ボディ(体)・マインド(心)・スピリット(魂)すべてに響きあう
なぁ~るほどと、うなづき、腑に落ちる智慧の宝庫
「エグゼクティブ・ウーマン・マクロ」

 

開催日:1/18(水) 3/8(水) 5/10(水) 7/12(水) 9/13(水) 11/8(水)

時間:14:30~16:30

 

会場:Sky Walk (福岡市中央区警固3-1-28 1F)

 

定員:13名

 

参加費:3,500円(マクロビスィーツ&お茶付き)

 

お申込・お問い合わせ先
Sky Walk  organic shop (福岡市中央区警固3-1-28 1F)
TEL: 092-791-8312 

*詳しくは下記のPDFファイルでご確認ください。

2017 スカイウォーク講座.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 592.6 KB

スケジュール

  開催日 内容
第1回 1/18(水)

 「食事で治す婦人病」

 グッバイ、冷え! グッバイ、不調!

第2回 3/8(水)

「陰陽でみる歴史や経済の法則」

不透明な時代を生き抜く叡智

第3回 5/10(水)

「食が運命を左右する開運の法則」

日常茶飯事での人生リセット法

第4回 7/12(水)

「無双原理と宇宙の秩序」

自分を受け入れると世界が変わる

第5第 9/13(水)

「男女の性を支配するエネルギーとタオコード」

男女のふれ合い~カタカムナの知恵から見た性の栄養交換とは

第6回 11/8(水)

「マクロビオティックな生き方が世界を救う」

 アクエリアスの世界にわれわれが今、出来ること!

2016年

11月

27日

鹿児島の五行講座

 11月12日に鹿児島の菖蒲学園にて陰陽五行講座の5回目(最終回)の講座が開催されました。今回のテーマは冬の養生法。寒さに弱い腎・膀胱系の弱った症状(望診)と食事による対策という話で、腎を傷める甘い物、乳製品、果物などの害と、適塩の必要性、ナトリウムを含む食べ物として根菜類や海藻類、小豆、蕎麦の効用といった内容でした。

 お昼のランチは角屋敷まり子先生による腎によい食事内容となっていて、黒色食材や根菜類、乾物類が上手に活用されていました。すりおろした山芋を葛と寒天で固めて作った山芋豆腐は絶品でした。蕎麦サラダも美味しかったです。今回が最終回ということで、いつもより贅沢な内容となっていて、参加者の方々も満足そうでした。

 午後の部は手当て法講座で、腎を温めるビワの葉コンニャク湿布の実践と小豆昆布カボチャの作り方のワークでした。コンニャク湿布はお腹に20分くらいあてると副交感神経にスイッチが入り、手先足先の血液の流れが良くなります。また、内臓の解毒や修復力が高まります。

 

 お腹の後は、腰を20分くらい温めると、腎臓の働きが良くなり、むくみや冷え、足腰の弱りといった腎の症状が改善されます。何よりも気持ちが良いのがいいですね!今回は還元塩と生姜汁を入れたお湯でコンニャクを煮たので、温まり効果が違いましたね!

 

 五行と手当て、レシピ提案、陰陽五行の原理が学べるとても贅沢な講座で、沢山の方々にご参加いただき、有難かったです。来年の講座はまだ未定ですが、5月には霧島高原のホテルでプチ断食を開催予定です。ぜひご参加ください。

2016年

11月

26日

群馬China Rose 講演

 11月3日(木)に群馬県前橋市にあるChina Rose さんにて講座が開催されました。タイトルは「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」でした。こちらでの講座は初めてでしたが、私のCD講義録を聞いているという方や、五行シートを活用しているといった方などが多くて、意識の高さを感じました。

 

 以前、オウナーの宮川さんの健康指導を電話でさせていただいたのですが、宮川さんは私の指導に基づいた食生活を実践した所、劇的に体調が良くなったのです。そこで、ぜひ陰陽五行の知恵をお客様に提供したいとの思いで今回の講座を企画してくれました。

 群馬県は私の故郷なので、赤城山や榛名山を見ると懐かしくなります。前橋市といっても広くて、今回の会場は伊勢崎市に近い場所にありました。駅からはちょっと遠いのですが、赤城山を望む閑静な場所にありました。

 

 宮川さんはアロマテラピーをはじめとした様々な資格を持つセラピストです。店内にはオーラソーマの液体や人体のエネルギーの流れを描いたと思われる不思議な絵などがあり、神秘的な雰囲気に包まれていました。

 

 20名くらいの方にご参加いただき、陰陽五行の四相の変化性や二十四節季、月のリズム、五臓との関係といった話をさせていただきました。皆さんとても熱心に聞いていただき、有難かったです。講座の後は、近くのレストランで、玄米・菜食ランチをいただきました。

 

 また、機会を作って伺いたいと思います。宮川さん、参加者のみなさん、ありがとうございました。

2016年

11月

24日

1.18 ニューマクロビオティック講座 【福岡県】

福岡県の古賀市にある自然食品店「オーガニック広場ひふみ」さまでの講座です。

月のリズムや言霊、潜在意識の開花法についてお話します。

食を正しても、あと一歩改善が見られなかった方、

もしかしたら意識の持ち方や生活環境の整え方に原因かもしれません。

そんなかたにぴったりの講座です!

ぜひご参加ください。

ニューマクロビオティク講座

新人類を創造するための新しい宇宙論

 

開催日時:奇数月の第2水曜日10:30~12:30
*1月のみ第3水曜日

 

会場:オーガニック広場ひふみ(福岡県古賀市天神1丁目2-3)

 

講師:岡部賢二(ムスビの会主宰)

 

参加費:2,000円/回 *お茶つき

 

定員:限定20名

 

お申込先
オーガニック広場 ひふみ
福岡県古賀市天神1丁目2-3
092-944-5755

スケジュール

  開催日 内容
第1回 1/18(水)

宇宙を貫く―原理を知る

陰陽五行と月、太陽臓器の周期律と暦の関係

第2回 3/8(水)

言葉の力で波動を調整する

言霊とカタカムナの智恵に学ぶ

第3回 5/10(水)

五感を磨く

玄米甘酒を使ったプチ断食で感性を開花させる

第4回 7/12(水)

潜在能力を目覚めさせる

固定観念・思い込み・先入観・決めつけをリセットし、幸せ回避症から脱する

第5回 9/13(水)

場のエネルギーを整える

微生物の働きを高めて体内環境と体外環境を浄化する

第6回 11/8(水)

運命の法則を知る

食べ物で意識が変わる、性格が変わる、人生が変わる!

2017 ひふみ講座.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 582.3 KB

2016年

11月

19日

studio niko 講演

 11月1日(火)に宇都宮のララカフェにてstudio nikoさん主催の講演会が開催されました。本当は8月に開催予定だったのですが、台風のために11月に延期になりました。今回は晴天に恵まれて、無事開催できて良かったです。

 

 今回の講座は3回シリーズの最終回で、テーマは「女性のカラダは月の満ち欠けに同調する~月のリズムで玄米甘酒ダイエット~」でした。前半は私が月の周期律と、それを活かした玄米甘酒ダイエットの効用について話をしました。

 

後半はHappy Tableを主催している杉村美樹さんに、玄米甘酒の作り方のワークをお願いしました。

ヨーグルトメイカーを使った作り方を披露してもらいました。皆さん、とても熱心に食い入るよいに聞いていました。ちなみに杉村さんは私との共著で出版した「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」本の料理と甘酒のレシピを担当していただきました。

 

 実際、自分で麹をつかって作る甘酒は、市販の甘酒と違い、熱殺菌をしないので酵素が生きています。発酵時間を変えたり、熟成させることで甘味を強くしたり、酸味をつけたりすることもできます。何よりも手作りすることの楽しさがありますね。それにコストが安くなるのもメリットです。

 毎回、小さな子供さん連れのお母さん方が多く、今回の講座で学ばれたことを子育てに活かしていただけると思っています。studio nicoを主宰されている吉田さんは、杉村さん主催の教室にも毎月通われているので、参加された皆さんをフォローしていただけるので安心です。

 

 講座の後は、マクロビ弁当でランチです。スタッフの方々と一緒に食事をしながらいろんな話が出来ました。本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。吉田さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

2016年

11月

18日

ナチュラルカフェ・さくら亭講演

 10月31日(月)に八王子市にあるナチュラルカフェさくら亭さんにて、暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座の第2回が開催されました。今回のテーマは「土用の養生法と望診法(胃・脾系)」でした。

この日はちょうど土用の新月だったので、胃の疲れをとるプチ断食の効用についても解説しました。

 

 秋の土用は呼吸器疾患や皮膚疾患が多いですね!胃腸の弱りから体調がすぐれない方は、土用の期間中にご飯、味噌汁、漬物といった素食を心掛け、月のリズムで玄米甘酒を飲みながらプチ断食をすると調子が戻ります。

 

 講座の後はさくら亭の篠本さん手作りのマクロビランチです。この日は新月にちなんで小豆玄米粥や乾物が中心のメニューでした。食事をしながら質疑応答の時間を持ちましたが、沢山の質問をいただき、参加者の関心の高さを伺い知ることができました。

 

 12月23日(金)には三回目の講座があります。タイトルは「陰陽五行の知恵に学ぶ~冬の養生法と望診法(腎・膀胱系)」で、婦人科疾患やホルモンバランスの乱れからくるトラブル、老化現象全般の原因と対策という内容です。若返りの話なので、ぜひご参加ください。

 講座の後、知り合いに近くの武蔵陵墓地に案内してもらいました。ここには大正天皇や昭和天皇の墓地があります。八王子に天皇を祀る墓地があるとはビックリでした。ドーム型の墓地は、何となく空飛ぶ円盤のような形をしていて、不思議な感覚に包まれました。

 

 すごい広い敷地の中に、それぞれの天皇と親族の墓地が点在していて、まずその広さに驚きました。八王子という名前からすると、この地から世界に向けて天皇家の8人の王子が旅たち、世界を治めていた時代が太古の昔にあったのではないかと夢想していました。

2016年

11月

17日

2.19 東京MI塾第4期 【東京都 】

関東地方での開催を希望する声が多く、

この度、東京MI塾を久しぶりに開講いたします。

マクロビオティック指導者を目指す方、健康・美容関連のお仕事の方、

陰陽五行の理論と実践方を学びたい方におすすめの講座です。

定員がございますので、お申し込みはお早めに!

 

【開催日時】2/19(日)、3/19(日)、4/16(日)、5/21(日)、6/18(日)
    7/16(日)、8/20(日)、9/17(日)、10/22(日)、11/19(日)

*原則として 第3日曜日 10:00~16:00 (お昼休憩12:00~13:00、途中休憩を含む)


【会場】 自由ヶ丘・緑が丘文化会館(第5会議室)
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-14-23
TEL:03-3723-8741
東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車 徒歩約7分
東急バス 緑が丘交番前下車 徒歩約6分
*都合により会場が変更になる場合はあります。

【受講料】(一括) 150,000円(税込) (分割)半期 80,000(税込)円×2 
テキスト代・自然食弁当・ナチュラルスイーツ・ドリンク代含む
*全参加が前提ですが、特定の回のみ参加を希望される方は、「聴講生」として、受講可能です。(受講料18,000円/1回)座席数の関係がありますので、事前にお問い合わせください。

【定員】20名

【昼食】自然食のお弁当
    
【欠席の場合】ライブ録音した講義録CDと当日配布資料をお送りします。

【注意事項】講義録CDは購入可能ですので、講義中の録音はご遠慮ください。

【レポート提出と修了証について】
*毎回レポートの提出が必要となります。
*全20講座のうち18講座以上受講された方には、修了証を発行します。

額入り、イラスト付きカラーのオリジナル修了証で、別途5,000円(税抜)が必要となります。

【お問い合せ・お申し込み先】
ムスビの会東京事務局
おしゃもじサロン
春名 愛乃
〒Tel: 050-7119-0857   E-mail:oshamojisalon@gmail.com
*お申込・お問い合わせは、上記のメールまでお願いします。

お申し込みの方は、必要事項(お名前、住所、電話番号、メールアドレス)を明記してください。

詳しい案内をお送りいたします。

 

詳細は下記のPDFでご確認ください。

MI塾東京第4期パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 637.1 KB

スケジュール

第1回    2/19(日)① 暮らしに活かす陰陽五行(春編) ②体質の診断法(陰陽体質と実と虚)
第2回    3/19(日)③ アレルギー指導のABC ④ 陰陽を活用した健康法
第3回    4/16(日)⑤ 暮らしに活かす陰陽五行(土用編) ⑥プチ断食の効用と指導法
第4回    5/21(日)⑦ がん指導のABC ⑧ 言霊を活かしたカウンセリング
第5回    6/18(日)⑨ 暮らしに活かす陰陽五行(夏編) ⑩天体のリズムとスパイラル健康法
第6回    7/16(日)⑪ 生活習慣病指導のABC ⑫カタカムナの知恵に学ぶ(電気物理)
第7回    8/20(日)⑬ 暮らしに活かす陰陽五行(秋編) ⑭メンタルセルフコントロール法
第8回    9/17(日)⑮ 手当て法の実践(飲用の手当て) ⑯色彩心理学とマインドセラピー 
第9回    10/22(日)⑰ 暮らしに活かす陰陽五行(冬編) ⑱旧暦と風水の活かし方
第10回    11/19(日)⑲ 手当て法の実践(外用の手当て) ⑳五行を使った実践的指導法

2016年

11月

17日

2.12陰陽五行スキルアップ@ベジガーデン【福岡県】

  今年、ベジガーデンさまで行っていた講座の続編として、

「陰陽五行のスキルアップ講座」が2017年2月から

はじまります。

  陰陽五行と対応する臓器・起こりやすい不調について

掘り下げて学んでいきます。

 ほかにもお家で手軽にできる食べ物を使った手当て法や

季節の食薬を使った料理も学べます。

  さらに12月末までにご入金の方には特典付き!

陰陽五行スキルアップ講座

 

【開催日】2/12(日)、4/9(日)、6/11(日)、7/9(日)、9/10(日)、11/12(日)

【会場】Vegegarden料理教室
福岡県筑紫野市原716-57
TEL:090-5024-1969

 

【定員】限定10名


【受講料】*講習代、料理教室材料費、資料代を含む
全回一括払い 54,000円(税込)
*12/31までにご入金の方には岡部賢二監修「月のリズムで幸せ暦」をプレゼント!
単発受講(1回あたり) 10,000円(税込)
※講義の録音、録画はご遠慮下さい。希望者には講義録CDを販売いたします。

【持ち物について】
エプロン、三角巾、ハンドタオル、筆記用具、ノート、マイカップ、マイ箸
 
【タイムスケジュール】
10:00~12:00 料理教室(担当:仲)
12:00~13:00 ランチタイム
13:00~14:00 陰陽五行の理論(担当:岡部)
14:15~15:30 手当て法(担当:岡部)
15:30~16:30 スィーツタイム・質疑応答

 【講師】
岡部賢二 ・ 仲ひろみ

 

 【お問い合せ・お申し込み】  

Vegegarden料理教室
仲ひろみ
〒818-0005福岡県筑紫野市原716-57
Phone: 090-5024-1969
E-mail: cafevegegarden@gmail.com
*お電話かメールで、ベジガーデン(仲)までご連絡ください。メールの方はお名前、電話番号、メールアドレスを明記してください。追って振込先をご連絡させていただきます。お振込みを持ち、ご予約完了となります。

 

詳細は下記のPDFファイルでご確認ください。

2017 ベジガーデン講座.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 880.0 KB

スケジュール

  開催日 内容
2/12(日)

〇陰陽五行の総論

陰陽五行と二十四節季・月の周期律との関係 生活の中に見る陰陽

〇マクロビオティックの料理の基礎

4/9(日)

〇陰陽五行・春編

~瘀血からくる肝臓系のトラブル(生理痛・月経前緊張・心筋梗塞・脳梗塞・肩こり・眼精疲労など)の対処法

〇ヨモギを使った手当て法

〇春の食薬を使った料理実習

6/11(日)

〇陰陽五行・夏編

~瘀血からくる心臓系のトラブル(高血圧・不整脈・立ちくらみ・エコノミークラス症候群など)の対処法 

〇梅を使った手当て法

〇夏の食薬を使った料理実習

7/9(日)

〇陰陽五行・土用編

~気の低下による膵臓系のトラブル(糖尿病・低血糖症・進行性筋ジストロフィー・ALSなど)の対処法

〇葛を使った手当て法

〇土用の食薬を使った料理実習

9/10(日)

〇陰陽五行・秋編

~水はけの悪さからくる肺系のトラブル(メタボリック・脂質代謝異常・脂肪肝・自己免疫疾患など)の対処法

〇玄米を使った手当て法

〇秋の食薬を使った料理実習

11/12(日)

〇陰陽五行・冬編

~冷えからくる腎系のトラブル(更年期障害・不妊症・ホルモン障害・不眠症・パニック障害など)の対処法

〇小豆とコンニャクを使った手当て法

〇冬の食薬を使った料理実習

2016年

11月

17日

千葉プチ断食セミナー3日目

 千葉プチ断食セミナーの3日目は、大多喜県民の森でスタートです。昨晩はこの森の中にあるログハウスに宿泊しました。雨上がりの朝は、爽やかな空気が漂っていました。ちょっと寒かったのが難点でしたが、大地のパワーをいただいて、体の再生力が蘇ったのではないかと思います。

 

 

 

 研修会場に移動した後は、手当て法のワークです。生姜油と生姜湿布の実践をしました。プチ断食中にお腹と腰を温めると腸の動きが良くなり、宿便が出やすくなります。また、お腹を温めることで副交感神経の働きが高まり、全身の緊張がゆるんで血流がよくなります。痛んだ細胞の再生力や修復力を高める効果もあります。

 

 参加者の顔色がピンク色になり、血流が良くなったことがわかります。お互いに手当てをし合うというのもボディコミュニケーションになり、参加者同士の親近感が増します。手当て法は準備に手間がかかりますが、この気持ち良さがわかると、またやりたいと思えるようになります。

 

 プチ断食をすると食事の時間が浮くので、その時間を活用して自分の健康への投資である手当て法を実践することをおすすめします。病気になってからではなく、予防のために体のメンテナンスをしっかりやりましょう!

 手当て法の後は、お待ちかねの回復食です。初日と同じ玄米小豆粥をこのセミナーの主催者である山本久美子先生が作りました。3日目は身体の感受性が良くなっているせいで、玄米粥が何とも美味しくて、細胞に栄養が浸み込む感じがします。

 

 参加者とスタッフ全員で感想のシェアリングをしましたが、皆さん一人ひとりがよい気づきを得られたようです。生きる方向性が見えた!とか、長年の疑問が解けた!とか、体が軽くなったとか、様々なよき変化が起きました。

 

 断食セミナーをきっかけにして、人生がよい方向に変わったという人を今までたくさん見てきました。それは、潜在意識の中に巣食っていた自己否定のデータである潜在抗力(潜在ダメ力)が駆逐され、自己肯定のデータに上書きされるからだと私は捉えています。

 

 自分を好きになると自己肯定のデータが潜在意識の中に増え、同類親和の法則によりプラスはプラスを引き寄せるので、素敵なことが現象化しだすのです。断食を契機にして自己肯定のアファメーションを続けていくと、運気は必ず好転します。

 

 参加者のこうした感想を聞く度に、プチ断食セミナーの素晴らしさを実感します。また、来年も大多喜町でセミナーを開催できたらいいな、と思っています。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

 今回のセミナーには、セミナー会場のすぐ近くにある食事処・蔵精さんのオウナーの奥様である横山さんが参加してくださいました。そのご縁で、セミナー終了後、蔵精さんに有志で伺いました。発酵食品をメインにした伝統和食を提供されています。カウンターだけのお店ですが、風情のある古民家を改造して作られていて、とても居心地が良かったです。回復食のおにぎりをいただいて帰りました。

近くに行かれた時は、ぜひ寄ってみてください。

 

蔵精 詳しくはコチラ

2016年

11月

16日

千葉プチ断食セミナー2日目

千葉プチ断食セミナーの2日目は朝ヨガからスタートです。森山幹麗先生の指導によるヨガを雨上がりの戸外の芝生の上で行いました。朝露に濡れた芝の上で裸足でヨガをすることでアーシング効果が加わります。体内に溜まった静電気が抜け、大地から自由電子が取り込まれます。体の血行がよくなり、精気がみなぎります。

 

 二日目の午前中は身体の排毒が出るので、体調不良の方が多いのですが、朝ヨガのおかげで皆さん、とてもスッキリとした表情になりました。ヨガの後は梅醤番茶作りをし、服用してもらいました。胃腸が温まり、血液の流れがよくなります。

 

 朝の講座は私の担当で、タイトルは「ゆっくり、のんびり、自然のリズムで暮らす」でした。忙しい生活の中で、時々ゆっくり、のんびりするという「ゆらぎ」の時間を持つことで、環境への適応力が増します。時には、仕事や家事を離れてぼーっとする時間を持つことは大事ですね!

 講座の後は養老渓谷に散策に出発です。観音橋から弘文洞跡、共栄橋まで1時間くらい散策しました。

ここは紅葉の名所で、観光シーズンになるとすごく賑わうようです。まだイチョウの葉も青々としていましたが、水の流れと木々の緑で癒されました。

 

 散策することで、体のリンパの流れが良くなり、浄化が進みます。ですからプチ断食中のウォーキングはとてもすぐれたデットックス効果をもたらしてくれます。マイナスイオンをたっぷり吸って、心も体もリフレッシュできました。

 

 散策の後は、養老渓谷温泉で入浴タイムです。渓谷を眺めながら入る温泉は快感でしたね!おかげでとても贅沢な時間を過ごすことができました。

 夕方には老川小学校に移動です。この学校は廃校になったのですが、施設が素晴らしいので、いろんな村おこしのイベントに使われています。そのイベント企画をされているのが小泉和弘さんです。小泉さんはシンガーソングライターの仕事の傍ら、老川小学校を使ったイベントの企画・運営を個人でされています。

 

 「自然から学ぶ生き方・暮らし方」をテーマに小泉さん、森山先生、私の3人でまずはコラボトークをしました。その後、小泉さんにミニコンサートをお願いしました。素敵な演奏で、皆さんとてもリラックスでき、癒されたようです。玄米甘酒を飲みながら聞いていただいたので、お腹も心も大満足の夜でした。

 

2016年

11月

15日

2.25 人生がぴかぴか輝く 陰陽五行 望診講座【岩手県】

今年も大好評だった岩手講座、来年の開講が決定しました!

 

来年は陰陽五行と望診に幸せ脳を作る方法、料理教室と

盛りだくさんの内容となっています。

岩手講座は大変人気があるので、できるだけ早めの

お申込みをおすすめします!

 

*画像をクリックすると拡大されます。

 

2017 菜食美人塾  お料理と学び
岡部賢二先生とソーベーズカフェ夢のコラボ!
人生がぴかぴか輝く 陰陽五行 望診講座

開催日:2/25(土)、4/22(土)、6/24(土)、8/26(土)、10/28(土)、12/16(土)

 

時間:10:00~16:30

 

開催場所:Sobe's Cafe
〒025-0024 岩手県花巻市山の神578-4

Phone&fax :0198-24-7107

 

限定20名様

参加費: 一括86,400円(税込)

     2回払い 43,740円(税込)×2

     単発受講(1回) 15,120円(税込)
*テキスト代、お料理教室材料費、試飲+試食、お料理教室レシピ、講座中のナチュラルスィーツとドリンク代

講師:岡部賢二、畠山さゆり、ソーベーズカフェスタッフ

 

お申込先&お問い合わせ先:Sobe’s cafe (担当:増永)

                  Phone&fax:0198-24-7107    E-mail:cafe@sobe.jp

*お申し込みはFAXもしくはメールでお願いします。 

(申込用紙は下記のpdfからダウンロードできます)

 

詳細は下記のPDFファイルでご確認ください。

2017 Sobe's cafe講座.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB

講座スケジュール

*画像をクリックすると拡大されます。

2016年

11月

15日

千葉プチ断食セミナー 初日

 10月28日(金)~30日(日)まで千葉県の大多喜町にて千葉プチ断食セミナーが開催されました。

千葉での開催は2回目となります。少人数での開催でしたが、子どもさん連れやご家族での参加もあり、とてもアットホームな雰囲気でした。

 

 初日の会場は、大多喜町にある古民家民宿・中野屋さんです。広々とした大広間と囲炉裏があり、とても居心地のよい空間でした。下の写真の真ん中が大野屋さんのオウナーです。民宿の一角にある畑で採れたサツマイモを囲炉裏の炭火で焼き、子供さんたちに提供したら、とても喜ばれました。

 

 

 初日は私の「身も心もリセットできるプチ断食」の話の後、玄米小豆粥の導入食をいただきました。

初日に食べる味と3日目に食べる味が変わるのが面白いです。これは、プチ断食によって感覚が研ぎ澄まされるからだと思われます。参加者の顔色や表情も、3日目になると明るくなって輝きを増し、豊かな表情に変わるのがわかります。

 温泉入浴の後は森山幹麗先生によるヨガの時間です。プチ断食中にヨガをすると呼吸器や大腸のリンパの流れがよくなります。人体の下水管に相当するリンパの流れの改善によって、体内に溜まっていた毒素が尿や呼吸、便を通じて排泄されやすくなるわけです。

 

 この日の最後は、懇親会です。自己紹介を兼ねてプチ断食セミナーに参加した理由を参加者全員にお聞きしまた。今の自分の置かれている状況を変えたくて、また、そのためのヒントが得たくて参加された方が多いようでした。とても和やかな雰囲気で初日の講座は無事終了しました。

2016年

11月

14日

東京都内でのぐずる子講座

 10月27日(木)東京都目黒区にある青少年プラザにて「ぐずる子さわぐ子は食事で変わる」講座が開催されました。主催したのは、武蔵小杉でマクロビオティックをベースにした妊婦さん・母乳ママさん・赤ちゃんの体に優しい食事のサポートをされているおしゃもじサロンを主宰している春名さんです。

 

 平日の参加にもかかわらず、沢山の方にご参加いただきました。子供さん連れの方が多かったのですが、とても静かな雰囲気だったのでビックリしました。マクロビオティックを実践されている家庭の子供さんはさすがに違うなと実感しました。騒いだり、駆け回ったり、泣いたりしないのです。

 

 話の中で、腸は考える臓器であり、お腹に入ってきた食べ物が意識のあり方に影響を与えること。ファーストフードは忙しい、そそっかしい、短絡的な人間をつくり、手間ひまを惜しまずに作られたスローフードはゆとりややすらぎ、洞察力、視野の広さを我々にもたらしてくれます。

 

 性格を変えようとしても難しいのですが、日々の食事の内容を変えることは意識すれば誰でも出来ます。食が変われば性格が変わり、性格がかわると人生が変わり、運命までもが変わっていきます。食事のもたらす素晴らしい効果について、解説させていただきました。子育ては食事からですね!

 

 来年の3月から、おしゃもじサロンさんの主催で、子育てと陰陽五行の講座を5回シリーズで開催予定です。お楽しみに!

2016年

11月

13日

鎌倉の五行講座

 10月26日(水)に鎌倉のSee Sawにて、暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座が開催されました。

主催したのは鎌倉在住で、マクロビオティック料理教室をされているkotatsuの遠山幸恵さんです。鎌倉での講座は五回目ですが、ここの会場での開催は初めてです。

 

 江ノ電の駅からも近く、閑静な住宅街の中にあり、とても落ち着く場所でした。東京MI塾の卒業生もかけつけてくれて、楽しい雰囲気で講義ができました。今回のテーマは陰陽五行の秋編で、肺・大腸系の経絡の望診法でした。

 

 遠山さん手作りのマクロビの中華饅頭を食べながらの懇親会では、幸せ回避症の話で盛り上がりました。何をやってもうまくいかない状況を作りだす無意識の抵抗=潜在抗力(潜在ダメ力)について触れたところ、共鳴する方が多く、とても喜んでいただきました。

 

 自己否定を止め、自己肯定の言葉を繰り返し巻き返し唱えることで、潜在意識の中に根付いてしまった潜在抗力を解き放ち、自分のタメになることを自動的に選択できる能力を身に付けることができるようになります。

 

 数々の成功法則の本が出ていますが、自分をダメにする潜在意識の働きについて触れているものはほとんど見当たりません。自分の意識のあり方が変わると、目に見える世界に劇的な良き変化が現れます。仕事や人間関係などでトラブっている方は、ぜひ自己肯定のトレーニングをしてみてくださいね!

 講座の後は、有志で近くの麻心さんに移動して食事会をしました。麻の実や麻炭を使った野菜料理に癒されました。この日が天気が良く、夕日がきれいでした。次回は12月21日(水)の冬至の日に開催します。テーマは陰陽五行の冬編で腎・膀胱系です。お楽しみに!

2016年

11月

11日

MI塾通信講座 第2期が開講いたします。

これまで主催会場に行かなければ受講できなかった、

インストラクター養成講座をご自宅で、自分のペースで学ぶ事ができます。

12月までにお申込み・ご入金いただいた方には、特典として

受講料の早割と岡部先生の講義録CDを進呈いたします。

この機会に是非、ご受講ください。

 

お申込・お問い合わせは、メールもしくはFAXでお願いいたします。

メール:musubinokai@athena.ocn.ne.jp

FAX:0946-62-3041(ムスビの会事務局宛)

 

 

【開講時期】2017年2月から10ヵ月間
お申込みいただいた方には、申込書類をお送りいたします。

 

【受講料】一括払い 120,000円(税込)
      分割2回払い 60,000円(税込)  【1回目お支払い お申し込み時、2回目のお支払い期限 6/20】

      早割(2016年12月末までの御入金) 108,000円(税込)
      *2016年12月末までにお申し込み・ご入金の方には、特典CDをプレゼント!

 

【特典】
 ①受講生は1ヶ月に1回、メールによる個人的な健康相談、ならびに人生相談に関するカウンセリングを

  受けることがができます。(希望者)

 

 ②ムスビの会の商品を消費税サービスでご購入いただけます。


 ③MI塾生限定のメルマガを月に1回配信いたします。

 

【通信教材】
毎月1回、音声講義録CD約5時間分と資料、課題用紙をお届けします。講義録をお聞きになり、毎回10問程度の課題を提出していただきます。提出方法は、メールもしくはFAX、郵送からお選びいただけます。

添削の上、フィードバックさせていただきます。

 

【修了資格】

・毎月の課題を全回提出が条件となります。なお提出していただいた課題の内容によっては卒業が身送られる場合もあるので、ご注意ください。その場合は、追加の仮題を出題し、回答していただくことになります。課題を全回提出し、プチ断食セミナーを終了した時点で卒業となります。

 

・課題提出以外にスクーリング(プチ断食セミナー参加)が必要となります。

 プチ断食セミナーは、福岡、佐賀、鹿児島、奥会津、仙台などで開催される

 岡部賢二監修のものが対象となります。

 いずれか日程の合うものにご参加ください。

 参加される場合は、セミナー費用が別途必要となります。

 (1泊2日 3万円程度、2泊3日 5万円程度かかります。開催地により変わります。)
 2017年のプチ断食セミナーの企画が決まりしだい、順次ご案内いたします。

 

 

【修了証について】
希望者には「マクロビオティック・インストラクター」の修了証を発行いたします。

その際、修了証代5,000円(税抜)と送料510円が別途必要となります。

ムスビの会オリジナルのイラスト入りの修了証で額入りです。

2017年 MI塾 通信コース
2017MI通信教育パンフ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 747.8 KB

スケジュール

 

教材送付時期

内容

1

2月頃

① 暮らしに活かす陰陽五行(春編) 

② 体質の診断法(陰陽体質と実と虚)

第2回

3月頃

③ アレルギー指導のABC

④ 陰陽を活用した健康法

3

4月頃

⑤ 暮らしに活かす陰陽五行(夏編)

⑥ 天体のリズムとスパイラル健康法

第4回

5月頃

⑦ がん指導のABC

⑧ 言霊を活かしたカウンセリング

5

6月頃

⑨ 暮らしに活かす陰陽五行(土用編)

⑩ プチ断食の効用と指導法

6

7月頃

⑪ 生活習慣病指導のABC 

⑫ カタカムナの知恵に学ぶ(電気物理)

7

8月頃

⑬ 暮らしに活かす陰陽五行(秋編)

⑭ メンタルセルフコントロール法

8

9月頃

⑰ 手当て法の実践(飲用の手当て) 

⑱ 色彩心理学とマインドセラピー 

9

10月頃

⑲ 暮らしに活かす陰陽五行(冬編) 

⑳ 旧暦と風水の活かし方  

10

11月頃

㉑ 手当て法の実践(外用の手当て)  

㉒ 五行を使った実践的指導法

スクーリング

プチ断食セミナー(参加可能な会場)

*修了証希望者必須

2016年

11月

11日

宇都宮のスキルアップ講座

 10月25日(火)に宇都宮市内にあるHAPPY TALBEさんにて陰陽五行スキルアップ・食養指導マイスター講座の9回目が開催されました。

 今回の私の講座のタイトルは「陰陽五行・冬編~腎・膀胱系のトラブルの原因と対策・望診法」でした。11月7日の立冬から季節は冬になりました。寒さに弱い腎臓にとって、立冬から立春までの冬場に腎を冷やさない対策が必要です。体が冷える甘い物や乳製品、果物を控え、体温を上げる作用のある根菜類や雑穀類、乾物類にしっかりと火を通して食べる食事法が腎を強化してくれます。

 杉村美樹先生の今日のランチメニューには腎を良くする黒色食品や根菜類、小豆、栗、乾物といった食材がたくさん使われていました。

 

    この日のメニューです。

 

      ●栗・小豆入り玄米ごはん ごま塩添え

      ●重ね煮のけんちん汁

      ●そばの実入り

       高野豆腐とチンゲン菜のあんかけ

      ●まこもの塩麹炒め

      ●切干大根のゴマ酢和え

      ●昆布の醤油麹煮 蓮根梅酢漬け

       大根の塩麹漬け

      ●乳酸生玄米甘酒

 

秋の土用期間中だったので、黄色くて甘い食材も上手に活用されていました。いつもながら彩も美しく

、味も抜群に美味しかったです。「まこも」はあまり馴染みのない食材でしたが、塩麹で炒めるとサクサク感があり、とても美味でした。

 

ランチの後は、この会の主催者である杉村先生によるレシピの解説があり、その後、スタッフの美幸ちゃんによる腎・膀胱系の働きを整えるヨガを実践しました。

 

 今回のスイーツは甘酒栗きんとん 栗の渋皮煮で、黄色と黒色のコントラストがきれいで、タオの

対極のマークのような印象を受けました。栗の柔らかさと玄米フレークのサクサク感との食感も良かったです。前立腺や子宮といった腎の出先機関の形と共鳴するのが三角形の形の栗で、亜鉛などのミネラルやビタミンが多く含まれ、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

 12月でこの講座も最終回を迎えます。来年は、スキルアップ講座の上級編を開催する予定にしています。案内が出来上がり次第、告知させていただきます。お楽しみに!

2016年

11月

10日

横浜753カフェイベント

 10月24日に横浜市にある「なごみ亭」にて、「KENJI OKABEスペシャル」と題した講座が開催されました。主催してくれたのは、菌カフェ753です。753の意味は(なごみ)なのだそうです。なごみ亭は753カフェのすぐ上にあります。

 

 午前中の講座は「マワリテメクル小宇宙~陰陽五行と季節の養生」で、陰陽五行と二十四節季、月の周期律との関係を解説しました。陰陽五行は四相の変化性でとらえた方が分かり易いです。胃・脾臓系は場のエネルギーとして全体に影響を与えていると見ていきます。

 

 〇と十を組み合わせた図を使うと、五行と二十四節季と月の周期律が一枚の図に見事に収まります。宇宙の真理はとてもシンプルであることがわかります。この図については、今月末に発売される「月のリズムで幸せ手帳」の中に掲載する予定です。

 

 お昼は菌カフェ753の発酵弁当です。発酵食品づくしでお腹が喜ぶ料理でした。

お昼休憩をはさんで、午後の部があり、「言霊とマクロビオティック~日本語に秘められた潜在パワー」とうタイトルで話をしました。

 

 この会には忍術を教えている方や、宇宙語伝道師、プレアデスと交信しているチェネラーなど、不思議な方々の参加が多かったです。でも違和感は全くなくて、なんとなく懐かしい感じがしました。講座の後、懇親会の753カフェでやりましたが、UFOやチェネリングの話で盛り上がりました。

 

 次回は、12月に予定しています。次回12月22日に開催予定です。お近くの方は、ぜひいらしてください。なごみ亭や753カフェの一帯は緑が多く、気持ちのよい場所です。癒しのパワーがいただけますよ!

2016年

11月

02日

2016年 新米入荷しました!

お待たせしました!

2016年 江藤農園の新米(玄米)が入荷しました。

 

下記の通販サイトから購入できます。

ムスビの会通販サイト

 

 

 

2016年

11月

01日

月のリズムで幸せ暦とスケジュール帳の予約受付

大変お待たせして申し訳ございません。

「月のリズムで幸せ暦2017」は

当初11月初旬発送予定でしたが、

入荷が遅れており、11月下旬以降となります。

 

今年はカレンダーに加えて、ご要望の多かった手帳サイズ(B6サイズ)も販売いたします!

携帯することで月のリズムをもっと身近に感じられると手帳となっています。カレンダーにない内容も掲載されているのでおススメです。

また今回カレンダーと手帳のお得なセット販売も行います。それぞれ単品で購入するよりお得です!          

*先月のお知らせには、手帳の入荷が未定だったため掲載していませんでした。

メールでご連絡いただければ、すでにメールでカレンダーご予約の方の手帳へのご予約変更も可能です。

メールの件名もしくは本文に「カレンダー予約から手帳に予約変更」とご記入ください。

以下、カレンダーとスケジュール帳の仕様は製作者の吉度さまのFBの文章から一部転載です。

「月のリズムで幸せ暦」の特徴
・生活する上で都合がいいように形態は新暦を採用し、旧暦と月の満ち欠けがはっきりわかるようにしている。
・新月と満月にプチ断食のマークと塩入り入浴のマーク、あずき入り玄米ごはのマーク、新月に願い事リストのマークをつけている。
・季節の節目を表す「二十四節気」や「雑節」、旧暦の「五節句」を記載。
・季節ごとに気をつけたいことや、おすすめの食べ方、過ごし方などのコラムがある(内容は、毎年ほぼ重複)。
・玄米甘酒やあずき入り玄米ごはん、葛湯、梅醤番茶などのレシピも掲載。

 

仕様:広げて壁に設置時のサイズはA3(297ミリ×420ミリ)
    28ページ・オールカラー
価格:1,400円(税込)

*別途送料 216円(1冊)

----------------------------------------------------------------
「月のリズムで幸せ暦 スケジュール帳」の特徴
・「月のリズムで幸せ暦」の特徴にあげている内容をほぼそのまま掲載しているが、
 カレンダーにない内容も加えている。
・1か月の予定が一目でわかる。
・予定を書き込める1か月のスケジュールのページと、メモの見開きページが交互に配置されているだけのシンプルな作り。
・カレンダー同様、縦に開く形態になっている。
・軽い(分厚くて重い手帳から解放されます!)。

 

仕様:閉じて2つ折り時のサイズはB6(128ミリ×182ミリ)
    60ページ・オールカラー
価格:1,400円(税込)

*別途送料 180円(1冊)

---------------------------------------------------------------------

今回発売を記念して
「月のリズムで幸せ暦」と「月のリズムで幸せ暦 スケジュール帳」のセット
価格:2,500円(税込) ←別々に買うより300円お得です!

*別途送料 270円(1セット)

*セット販売は、どちらかの在庫がなくなり次第、終了いたしますので、確実に入手したい方は

お早めにお申込ください。

お申し込み(ご予約)は下のフォームからも可能です。

下記の必要事項をご記入の上、お申込ください。

 ・お名前

 ・メールアドレス

 ・郵便番号、住所

 ・電話番号

 ・商品名と数

 

メモ: * は入力必須項目です

2016年

11月

06日

ソーベーズカフェでの女性学講座

 10月22日に花巻市にあるソーベーズカフェにて第5回の女性学講座が開催されました。前半の畠山さゆり講師のテーマは、「負けて勝て!女性ならではの処世術」で、いつもながら、面白おかしく講義をしていただきました。

 

 引き続き、ソーベースカフェのシェフ3名による、秋の食材でむくみ防止のスッキリメニューの実演がありました。この日のメニューは

 

        ●里芋とひえの田楽焼き

        ●長芋と葛切りの茶碗蒸し

        ●NoEgg 豆腐のオムレツ

        ●バターナッツカボチャの豆乳スープ

        ●さつま芋とリンゴの羊羹

 

でした。プロの技を見ていると勉強になりますね!時々裏技を披露してくれるのが楽しいです!

 

 10月20日から秋の土用に入っていたので、胃・脾臓系を強化する黄色い食材と肺・大腸系によい白色食材が上手に使われていて、季節の養生にピッタリのレシピでした。味も抜群に美味しかったです。卵を使わないオムレツと長芋と葛切りの茶碗蒸しは絶品でした!

 

 午後の私の講座は「女性性を高める美感電圧と男女のしくみ」についてでした。男女の触れ合いは最も効率のよい生命エネルギーの発電法であり、この時にオキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。このホルモンは意識を統合側にもたらすホルモンで、社交性を育んだり、おもてなしの心や思いやり、優しさ、慈悲といった意識に目覚めさせてくれます。

 

 封印されてきた性の歴史や、女性の生理血の活用法、神社のお祀りが象徴する男女のむすびの大切さ、といった普段あまり聞くことができないような内容の話でした。男女のしくみがわかると、男女関係が変わると思います。

 講座の後は、有志による交流会・食事会でした。いつもながらの素晴らしい料理の数々に感動でした。女性学講座は12月で最終回を迎えます。来年も新たなテーマで講座を開催する予定なので、お楽しみに!

2016年

11月

05日

仙台での五行講座

 10月21日に仙台市内で5回目の陰陽五行・望診法講座が開催されました。前日の20日から秋の土用に入ったため、体調不良の方が多く見受けられました。特に、皮膚疾患と呼吸器疾患が多発してますね!

この日の仙台は晴天に恵まれ、日中は暑いくらいでした。

 

 今回の講座では、冬の臓器である腎・膀胱系の解説をし、11月7日の立冬から暦上は冬の季節に入るため、寒さに弱い腎を冷やさないようにする対策について話しをました。根菜類や雑穀、蕎麦、葛、乾物といった体を温める食材に、黒色食品の海藻を組み合わせると腎を強化してくれます。

 

 腎の経絡は電磁波や放射線といった陰性の波動に弱いので、そうした有害な波動に対処するために、遠赤外線の活用や、酸化還元力の高い炭や黒焼き、還元塩を活用することをおすすめします。冬場になるとホットカーペット、電気毛布、暖房器具の使用頻度が増すため、電磁被ばくも増えます。

 

 空気中に水蒸気があれば電磁波や静電気をある程度抜くことが出来ますが、空気が乾燥する秋~冬の間は体内に静電気が蓄積し、血流が悪くなりやすいのです。そうした状況に対処するためには、お風呂に還元塩や炭を入れて入浴することで、静電気を放電することができます。

 

 遠赤外線輻射効果のある土鍋や土瓶に水を入れてストーブにかけ、蒸気を部屋に拡散させて加湿することでも、電磁波や静電気から身を守ることができます。ウイルスは蒸気に含まれるマイナスイオンに弱いので、冬場の部屋の加湿は感染症の対策としておすすめです。

 

 

 

 

 

2016年

10月

26日

11.21 岡部賢二先生お話会【愛知県名古屋市】

 名古屋市にある宮澤節子さんのお料理教室「宮澤節子の野菜がごちそう料理教室」で岡部先生の講演会が開催されます。

 宮澤さんは昨年8月まで元オーガニックカフェポランの広場をされていました。現在は季節の無農薬野菜を使ったお料理教室を主宰されています。

 

 講演では今の時代に合った食と健康法についてお話します。

 ぜひご参加ください!

  

 ←画像をクリックすると詳細が確認できます。

岡部賢二先生のお話会のご案内

 

お話し(テーマ):マワリテメクル小宇宙・この時代この季節の食と健康

 

開催日:2016/11/21(月)

 

時間:午前の部(お話会)10時~12時

    午後の部(懇親会)13時=14時

 

会場:名古屋市名東区生涯学習センター2階 第3会議室

   (愛知県名古屋市名東区社が丘三丁目802)

  *併設の駐車場は数がすくないので、地下鉄やバスがおススメです。

 

会費午前の部 1,500円~2,000円

     *参加人数により、先生への謝礼と会場費に頭割します。

     午後の部 500円

 

昼食:お弁当の持ち込みは自由となっています。

   お弁当のご予約も承っています。(要予約)

   *詳しくは下記の連絡先にお願いします。

 

申込先:野菜がごちそう料理教室 宮澤節子

     〒488-0033 尾張旭市本地ヶ原町3丁目54

     TEL&FAX:0561-52-3555

        *お申し込みはお電話またはFAX、郵送にてお願いします。

    *ゾンネガルデンの店頭でもお申し込みを承っております。

    *お申し込みの際は下記のPDFの申込書をご利用ください。

11.21お話会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 109.3 KB

2016年

10月

21日

越前市での講座

 10月17日(月)に福井県越前市にある笹下助産院さんにてマクロビオティック講座が開催されました。主催してくれたのはMI塾の卒業生であり、自然食カフェ・ぴあっぱを福井市でされていた水元さんです。

 

 夜の開催でしたが、十数名の方が参加してくださいました。女性の冷えとホルモンバランスについて、腎・膀胱系の望診法と食事法の立場から解説させていただきました。小さな子供さんのいる若いお母さん方が多かったせいもあり、皆さん、とても熱心に聞いてくださり、有難かったです。

 

 講座の後は、水元さん手作りのマクロビ弁当で食事会です。心温まる味に舌鼓を打ちながら、質問にお答えする時間を持ちました。ワクチンの事、子育ての事など、いろんな質問が飛び出し、参加者の関心の高さを伺い知ることができました。

 

 この講座は昨年に続き、今回で2回目でしたが、来年もまた伺いたいと思います。参加者の皆さん、水元さん、会場をお貸ししていただいた笹下助産院さん、ありがとうございました。

2016年

10月

20日

ヒノモト・里山の家講演

 10月17日(月)に福井市にある老舗の自然食品店ヒノモトさん主催による講演会が開催されました。自然食品店のある市内から郊外に車で10分くらい行ったところに会場となった里山の家があります。この講座も今回で7年目くらいになると思います。

 

 

 午前中の講座には30名を超える方々にご参加いただき、大盛況でした。午前の部は私の講演で「腸が変われば潜在意識が変わる!」というテーマで2時間話をさせていただきました。前半はスピリットとマインド、ハート、宇宙意識の違いについて、後半は潜在意識の法則と、腸が潜在意識のプログラミングに多きな影響を与えていること、プチ断食で潜在意識の中にあるネガティブなデータをポジティブなデータに上書きできることなどを解説しました。

 里山の家は空気がきれいで居心地がよく、心地よいバイブレーションにつつまれて話が湧き出るような感じがします。携帯の電波が一切入らない場所なので、多少不便はありますが、とても癒されます。

 私の講座の後は、視力向上トレーニングを開発された福井県在住の野辺龍一さんに、視力向上フリフリカードを使ったトレーニングのやり方を教えていただきました。野辺さんは80歳を過ぎていますが、とても若々しいのにまずはビックリしました。

 

 野辺さん自身がこのトレーニングによって、長年の悩みの種だった老眼のみならず、近眼も大きく改善したそうです。もともと、0.7だった視力は1.2までアップ。体調がよければ1.5まで見えるといいます。老眼の症状は完全になくなり、おかげで老眼鏡も全く不要になったとのことです。

 

 そのやり方はとてもシンプルで、フルフリカードを目から15cmほど離し、素早く左右に振ります。だいたい1秒間に3往復ぐらいの速さです。カードの動きは目で追わずに、遠くを眺めるようにします。これを1回につき1分以上行います。テレビを見ながら行ってもかまわないそうです。

 

 トレーニングの時間は長いほうが効果が高いとのことで、このトレーニングによって周りの方にも変化が現れ、老眼や近眼の他にも疲れ目や肩こりの解消や、集中力がアップするなど、さまざまな効果があることがわかってきました。野辺さんは認知症の方にも実験中とのことです。

 

 私もやってみましたが、10分くらいで細かな文字がはっきりと見えるようになりました。それだけでなく、ヒラメキが増し、頭がスッキリする感覚になりました。シンプルなものの中に真理はあるのだと体感しました。

 お昼のランチは、MI塾の卒業生でもあり、ヒノモトさんの社長さんのお姉さまにあたる斎藤晃子さんが手作りしてくれました。とても手間がかかる料理ばかりで、体が喜ぶ感じがしました。

 午後は私の友人でもあるフェアユングの佐々木渉講師による漢方医学から見た冷え取り健康法の話で、私も勉強になりました。ヒノモトさんでは、いつも佐々木さんとコレボさせてもらっています。

 

 講座の終了後にヒノモトの社長さんに、福井市内にある美味しい蕎麦屋さんで越前そばをご馳走していただきました。隠れた名所だそうで、おろし蕎麦と山かけ蕎麦を両方いただきましたが、とても美味しくてビックリでした。有難かったです。来年も10月半ばに講座を開催する予定です。お近くの方はぜひいらしてくださいね。ヒノモトさんのお店では、体によい自然食品の数々が手に入りますので、行ってみてくださいね!

2016年

10月

19日

福井の講演会

 10月16日(日)に福井市内にて、大高酵素福井販売さん主催による健康講座が開催されました。毎年1回の開催で、今回で11回目となりました。タイトルは「月のリズムを活かした健康と幸せづくり」で、80名くらいの方が集まり、大盛況でした。

 

 第1部では秋の季節の養生法ということで、肺・大腸に多いリンパ管に目詰まりしやすい食べ物と、リンパ管を浄化する食べ物について、陰陽五行の考え方に基づいて解説しました。第2部では、現代の医療制度に対して最近批判が高まる中で、薬漬け医療に頼らない自然治癒力を高める生活法とは何かについて、運動や発汗、体温を上げる大切さを説明しました。

 

 第3部では、月の周期律について、二十四節季と陰陽五行を絡めて新月・上弦・満月・下弦のもつ意味と臓器の関係や土用の時期の過ごし方について解説しました。最後に、最近話題の「オートファジー」(自食機能)理論を簡単に説明し、飢餓状態を作ることでオートファジー機能が活性化し、腫瘍抑制効果や認知症予防効果などが増すことをお話させていただきました。プチ断食の効果が、初めて科学的に立証されたことになります。

 

 来年もまた10月に12回目を開催して下さることになり、ありがたい限りです。

 

 

 

2016年

10月

15日

大分のぐずる子講座

 10月15日(土)に大分市で「ぐずる子・さわぐ子への五行の手当法講座」の第4回が開催されました。

今回のテーマは「ぐずる子・めそめそする子どもは、肺の手当てで変わる」(肺・大腸系を強くする食べ物と大根と生姜を使った手当て)でした。

 あいにく、今回は運動会と重なったり、体調不良で参加できなかったりした方が多く、20名くらいでの開催となりましたが、それでも参加された皆さんはとても熱心に聞いていました。前半は陰陽五行の肺・大腸経の経絡の望診法の話をし、後半は肺・大腸経をケアする手当て法の話をしました。

 

 風邪の高熱の時に、解熱・発汗剤として働く第一大根湯の実践と、利尿効果のある第二大根湯の説明、肺・大腸経に集まるリンパ管の目詰まりを解消する黒入り玄米スープの効用といった話を中心に、すぐにできる民間療法の知恵をお伝えしました。

 

 講演の合間の休憩時間に、前回指導した方が何人か来てくださり、体調がよくなったとの報告を聞くと、とても嬉しくなりました。体を温める手当てと控える食べ物を教えてあげただけなのですが、それだけで体調が改善するのですね!マクロビオティックの力はやはり素晴らしいと感じます。

 

 次回は最終回で、「引きこもりや恐がりの子どもは、腎の手当てで変わる」(腎・膀胱系を強くする食べ物と小豆や海藻を使った手当て)がテーマです。スポット参加ができるので、ぜひ興味のある方はいらしてください!終了後、お弁当を食べながら懇親会を予定しています。

 今日は、素晴らしい秋晴れの天気で、大分県の山並みがきれいでした。左側の写真は由布岳で、右の写真は別府湾です。

2016年

10月

14日

うきは生活塾・稲刈り体験

 10月9日に福岡県うきは市の江藤農園にて、うきは生活塾・農的暮らし方講座の7回目が開催されました。前日の雨もやみ、晴天に恵まれる中で稲刈りとかけ干し体験をしました。稲の根本から鎌で切っていき、4束づつ重ねていきます。

 

 この後は、刈って束ねた稲の根本をくくる作業をします。これが結構手間がかかり大変なのです。縛り終わってから、稲束を逆さにして竿にかけていきます。2週間くらい経てば収穫できるとのことです。普通は機械乾燥をするのですが、やはり天日に干した方が味がよいです。

 

 

 昔の農家には、それぞれに乾燥機があったそうですが、最近は業者に委託するケースが多いのだそうです。乾燥にも結構費用がかかるので、できるだけ自前でした方がよいのですが、問題は労力がかかる点です。昨年、江藤農園でも乾燥機を購入しましたが、一度に乾燥できるのが1反分なので、全部終わらせるのには20日間以上かかる計算になります。

 

 江藤さんによると、今年は、かけ干しと自前の乾燥機だけで業者に頼まずに乾燥作業を行うと言っていました。本格的な収穫は11月に入ってからになります。私も来月は極力収穫の手伝いに行こうと思っています。新米の発売は11月初旬以降になりますので、しばらくお待ちくださいね!

 

 次回のうきは生活塾は11月13日(日)で、最終回となります。収穫祭ということで、江藤農園で収穫したもち米で餅つき会をする予定です。一般参加もできますので、ぜひいらしてください。料理の持ち寄り大歓迎です。

2016年

10月

13日

月のリズムで幸せ暦 2017年 予約受付はじめました。

お待たせしました!

来年の月のリズムで幸せ暦の予約受付を開始いたします。

現在製作中のため、発送は11月以降となります。

確実に入手したい方は、お早めにご予約ください。

 

  

*左の画像(イメージ)は今年(2016年)のものです。

 

 

 

 

岡部賢二 監修 / 吉度日央里製作

仕様:A4(開いた状態はA3)・28ページ・オールカラー
価格:1,400円(税込)

送料:1冊 216円~
*1部につき100円を、東北および関東の子どもたちの避放射能のための保養支援に使わせていただきます。

◇ご予約方法:必要事項を記入のうえ、下記のアドレスまたはFAXにて、ご予約をお願いいたします。

 

ご予約方法の際は下記の内容をお知らせください。

  ・お名前

  ・郵便番号
  ・住所
  ・ご連絡先(日中ご連絡が取れる番号)
  ・メールアドレス
  ・必要冊数
  

◇お支払い方法:郵便振替

 

◇注文先:ムスビの会

E-mail: musubi.newmacro@athena.ocn.ne.jp

FAX:0946-62-3482

以下、制作者 吉度日央里さん(オーガニックジャーナリスト)によるカレンダーの説明文です。

                            (おいしい日央里書店ホームページより引用)

潮の満ち引きでもわかるように、水は月の引力の影響を受けていますが、体の70%が水である人間の体にも、月のエネルギーは大きく影響を及ぼします。月と共鳴し、そのエネルギーを最大限に生かすために、この本では次のような提案をしています。

浄化のエネルギーが強い新月と吸収のエネルギーが強い満月の夕食を、「玄米甘酒」1杯にして、プチ断食をする(年間24回食事を抜くと、一年で8日間断食したことに)。
新月と満月の晩は「塩入りの入浴」で、玄米甘酒プチ断食のデトックス効果をさらに高める。
新月と満月の朝食か昼食は、腎臓を整える「あずき入り玄米ごはん」にする。
新月には、願い事を10個書き出す。

月のリズムを意識して、このようなことを実践していると、肌の状態がよくなったり、生理周期が整ったり(新月に排卵し、満月に生理が始まる)、気持ちが穏やかになったり、めぐりがよくなったり、ヒラメキが起こりやすくなったりしてきます。
けれど、グレゴリオ暦(現行の太陽暦)に合わせて仕事をしていたり学校に通っている日常では、月の状態を意識することも忘れてしまいがちです。そこで、昨年新月と満月にこれらのマークがついたカレンダーを作りました。
生活する上で困らないよう形態は新暦を採用し、旧暦と月の状態がはっきりわかるようにしています。季節の節目を表す「二十四節気」や「雑節」、旧暦の「五節句」も記載し、季節ごとに気をつけたいことや、おすすめの食べ方、過ごし方などのコラムもあり、玄米甘酒やあずき入り玄米ごはん、葛湯、梅醤番茶などのレシピも載せています。

*下記のイメージ図は今年(2016年)のものです

2016年

10月

13日

やさい村 五行まるわかり講座・第4回

 10月8日(土)に鹿児島市内の菖蒲学園にて、やさい村さん主宰の「楽しく学ぶ陰陽五行まるわかり講座」の4回目が開催されました。午前中は陰陽五行の秋編で肺・大腸経の望診法を私が担当し、肺・大腸系の弱った症状と、肺・大腸経を強化する食材の用い方について解説しました。

 

 今年は、夏の暑さから冷たいものを摂りすぎたという人が多いようです。夏場の胃腸の疲れが出るのが9月から11月にかけての秋の季節です。セキやタン、ぜんそく、気管支炎、鼻水といった呼吸器疾患と、皮膚の乾燥からアレルギー、ヘルペス、帯状疱疹といった皮膚疾患が増えます。

 

 その対策としては体の水はけを良くし、発汗を促す白くて辛い大根や生姜、玉ねぎ、長ネギのような根の野菜を用います。また乾物や小豆、蓮根にも水毒を抜く働きがあるのでおすすめです。

浅入り玄米スープには、肺・大腸経に多く集まるリンパ管の目詰まりを浄化する作用があるので、この時期に服用すると利尿剤として働き、肺・大腸系を強化してくれます。

 お昼は角屋敷まり子先生手作りのマクロビランチです。この日のメニューにはレンコンや大根、里芋、切干大根、ひじき、きのこ、といった肺・大腸経におすすめの食材がふんだんに使われていました。味も美味しくて、みなさん大満足の様子でした。彩がとてもきれいで、さすが角屋敷先生の料理です。

 午後からは、角屋敷先生の肺・大腸経を活性化する食材の説明とレシピ提案があり、その後、私の手当て法講座でした。今回は肺・大腸経の経絡の改善薬となる第一大根湯、第二大根湯、里芋湿布の効用と実践でした。大根湯は皆さん美味しいと好評でした。いざという時に手当て法を知っておくととても助かります。

 

 次回は11月12日(土)で最終回となります。テーマは「陰陽五行・冬編 腎の経絡の食事法と望診
~内分泌系(婦人科系)のトラブルの原因と対策  冷えをとるには?」 (岡部)-----------冬の冷えから身を守る食事・レシピ提案(角屋敷)小豆・こんにゃく・ビワの葉を使った手当て法(岡部)です。

一般参加も出来ますので、ぜひご連絡の上いらしてください。

 

 

2016年

10月

12日

10.24 KENJI OKABEスペシャル講座 【神奈川県横浜市】

      横浜市内にある菌cafe753さま主催の講座です!

     菌cafe753さまは人の手による様々な営みを通して、自然や動      物と調和した暮らしを提案されていて、cafeの他にもさまざまな

     イベントを行われています。

     

      講演は午前と午後の2部構成で、午前・午後のみの参加も

     可能です!

     講演の後は菌cafe753さまのランチボックスを食べながらの  

     楽しい交流会も予定しています。

     よかったらご参加ください!

岡部先生による 楽しく生きるためのマクロビ講座

KENJI OKABEスペシャル講座

 

開催日:2016/10/24(月)

 

会場:なごみ邸 (神奈川県横浜市緑区中山町21-1)

    *JR横浜線中山駅南口or 横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口より 各徒歩6分

 

時間:午前の部 10:30~12:30 (講座)

          「~マワリテメクル小宇宙~陰陽五行と季節の養生」

    

    昼食と懇親会 12:00~13:30

          菌カフェ753のランチボックスを食べながら懇親会

    

    午後の部 14:00~16:30 (特別講和と実践)

         「言霊とマクロビオティック~日本語に込められた潜在パワーと手当て法~」

 

参加費:全日(午前+午後)7,000円

     午前のみ 4,000円

     午後のみ 4,000円

 

お申込・お問い合わせ先:090-4823-1228(田口)

 

主催:菌cafe753

協賛:NPO 呼吸大学

 

*第2弾は12/22を予定しています。

詳しくは下記のチラシでご確認ください!

 

 

 

10.24スペシャル講座.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 480.3 KB

2016年

10月

12日

11.26 健康セミナー 「お腹から健康キレイ」 【福岡市】

 ドクターとのコラボ講演です!

 今回福岡市内にある福岡健美工房さま主催の健康セミナーで

 岡部先生の講演があります。

 

 テーマは、最近なにかと話題の腸内環境についてです。

 当日は無添加の甘酒や屠蘇延命散の試飲もできます!

 よかったらご参加ください。

 

 

 チケットは福岡健美工房1Fカフェもしくはムスビの会で

 販売しています。

福岡健美工房2016 特別講義 健康セミナー

腸内フローラを活性化しよう!

お腹から健康キレイ

 

開催日時:2016/11/26(土) 14:00~16:15

 

会場:キャナルシティ博多 ビジネスセンタービル6F会議室

 

参加費:1,200円

 

講師:川原雅樹(昌樹医院院長)、岡部賢二(ムスビの会主宰)

 

チケット販売:福岡健美工房1Fカフェ/ムスビの会

 

【スケジュール】

13:40 開場

14:00 「腸の活性化と屠蘇散」 川原雅樹

15:15 腸が変われば若返る・美しくなる「誰でも出来る玄米甘酒ダイエット」  岡部賢二

 

11.26_seminar.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB

2016年

10月

12日

滋賀プチ断食セミナー2日目

 滋賀プチ断食セミナーの二日目は今井美紀先生の指導による朝ヨガからスタートしました。まずは琵琶湖湖畔で朝日を浴びながら、裸足でアーシングです。砂浜の感触が何とも気持ち良かったです。10分くらいウォーキングした後、立ちのポーズを中心にアーサナで体全体を緩めていきます。

 

 この日は台風が九州から山陰地方に近づいていましたが、午前中まで天気が持ちました。セミナーが終わった頃に雨が降りはじめたので、天から見守られている感じがしました。ヨガでスッキリした後は、谷口佳世先生によるライフエナジーテスト(оリング)の実習です。

 手の指で〇リングを作り、その力の入り具合でエネルギーの高い、低いといった状態を見ていきます。体のエネルギーの低い場所に触れると手の力が抜け、元気な所にあてると力が入ります。体の各部位を見ていきましたが、肝臓が疲れている人が多かったです。

 

 食品添加物が多用された食品を被験者のお腹に載せると手の力が抜けてしまいます。特に化学調味料が一番力が入らなかったです。このやり方を活用すると、その人に合う薬や健康食品、食材がわかります。アレルギーの方の薬を見てあげましたが、3種類くらい要らないものがあることがわかりました。

 

 1人〇リングのやり方も教えてもらい、私もいろんなお茶や健康食品、食品を膝にのせて実験してみました。力が入るもの、抜けるものなど一目瞭然でわかり、私には梅醤番茶や黒炒り玄米スープ、よもぎとスギナ茶、黒人参がピッタリくることがわかりました。実験すると面白いです。

 谷口先生のワークの後は、私の講義で、「潜在能力を開花させるプチ断食~幸せ回避症と苦楽の法則」について話をしました。潜在意識の法則性が分かると、人を変えようとしなくなります。自分が変われば人が変わる、出会いが変わる、人生が変わるのです。

 

 断食二日目になると、精神的な話がスッ~と体に染み込むように入ってきます。これもプチ断食の効果ですね!初日と比べると参加者のみなさんの顔色がとてもよくなり、光沢が出ているのがわかります。

 

 断食というお金のかからない健康法はマスコミから注目されることはありません。反対に危険性や不安をあおるような情報操作をされたりするケースの方が多いかもしれません。これから日本がTPPに加盟すると医療保険制度が改悪され、医療費負担が増えていく恐れがあります。そんな状況の中でも自分の体は自分で守るという自己防衛力を高めておくことが大切です。プチ断食は、疲れたり病んだりした体をいち早く元に戻す優れた効果があるので、ぜひ実践することをおすすめします。

 

 上の写真の左側がこの会の主催者である岡一美先生です。岡先生は、滋賀で正食協会公認の料理教室を開催されています。右側が、きよみ荘の女将の山田さんです。ペット同伴で泊まれる宿なので、ぜひ一度行ってみてください。好評のお答えして、また来年も企画したいと思っています。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、楽しい2日間をありがとうございました。

2016年

10月

11日

滋賀プチ断食セミナー 1日目

 10月4日~5日に滋賀の琵琶湖湖畔にある旅館きよみ荘さんにて滋賀プチ断食セミナーが1泊2日で開催されました。きよみ荘さんでは2008年にプチ断食セミナーを1度企画したことがあり、8年ぶり2回目のプチ断食会でした。

 

 今回は前回の参加者を上回る16名の参加者があり、スタッフ・講師を入れて総勢20名でスタートしました。第1講演は私の担当で、「心と体をリセットするプチ断食」というテーマで、酵素や甘酒といった発酵食品を使ったプチ断食の効用について解説しました。

 

 滋賀県内の方が多かったのですが、大阪で講演をする時よりもギャグの受けがよく、とても講義がしやすく、私自身も癒されるようなアットホームな雰囲気でした。琵琶湖が見渡せるという場のエネルギーの高さも影響していたのかも知れません。お寺の住職さんや、雄琴温泉の旅館の女将も参加されていて、今回は結構パワフルな方々が集まっていました。

 

 

 講義の後は、琵琶湖の湖岸の散策タイムです。30分くらい歩いた後、湖岸の砂浜でアーシングしました。裸足で大地に触れていると、体内に溜まった静電気が抜け、大地から自由電子が充電されます。疲労回復効果があるだけでなく、血流が良くなることで頭も冴えます。沈みゆく太陽を眺めながら、のんびり、ゆっくりとした時間を過ごすことができました。

 入浴と自由時間の後は、夜の部です。大阪で快医学・快療法の指導をされている谷口佳世先生に登場いただき、快療法のワークの中でも比較的手軽にできる金魚運動とアイロン温熱の実践をしてもらいました。金魚運動でも縦運動と横運動があり、この「ゆらぎ」が何とも気持ち良いのです。

 

 参加者全員でやっている姿は、なかなか迫力がありました。皆さんの緊張がゆるみ、顔に笑顔があふれて来て、その効果のほどを伺い知ることができました。私も、断食セミナー中に調子が悪い人が出ると、決まってこの金魚運動をしてあげるのですが、内臓の緊張がゆるんで血流が良くなるせいか、短時間で回復する人が多いです。

 

 私もハンディーアイロンを1台持っていて、時々、肝臓や腎臓、お腹などを温めるようにしています。音楽を聴きながら、ソファーに横になって簡単にできる温熱療法なので、ものぐさな人にピッタリの手当てです。

 谷口先生のワークの後は、私が担当する手当て法講座で、生姜油作りと生姜湿布の実践をしました。生姜湿布をお腹と腰に当てると、何ともいえない心地よい感覚に包まれます。生姜を摺ったり、タオルを絞ったりという手間がかかるのですが、やってみると気持ち良くて癒されます。参加者の方々の顔色がピンク色に変わって血色がよくなり、光沢が出てきました。

 

 手当て法の後は、玄米甘酒を飲みながら交流会です。酵素飲料や甘酒を飲みながらのプチ断食なので、みなさん、お腹が減らないとビックリしていました。最後は輪になって自己紹介を行い、この日のプログラムはすべて無事終了しました。食事をしないと、時間にゆとりができます。盛りだくさんの内容が詰まった一日でしたが、疲れることなく過ごせるのがプチ断食のすごさですね!

2016年

10月

10日

京都・自然療法講座の様子

 10月2日に京都で自然療法講座の第5回が開催されました。午前中の谷口佳世先生のテーマは快療法の食・息・動・想・環の考え方の「環」に焦点を当てた「自然環境に優しくすると私たちおからだに優しく戻ります~よりよい生活周辺グッズを選ぶ目を持とう!」でした。

 

 話の中で、EM菌の薄め液をスプレー容器に入れて台所やトイレ、お風呂場といった水回りに散布すると汚れ落ちがよくなり、ぬめりが消えて消臭効果もあると教えてもらいました。実際、私も洗濯する時に液体洗剤にEM菌の液体を少量混ぜると、洗濯臭がなくなりました。

 

 また、洗濯物の黄ばみが消え、洗濯機のドラムのカビが取れたのです。洗濯物自体もふんわりとしたした仕上がりになり、着てみると気持ちがいい感覚がありました。洗濯で流れた水も排水管のパイプを洗浄し、排水の石鹸成分を生分解するのを助けてくれるという、環境に優しい生活グッズなのだと納得しました。

 

 午後は私の担当で、「メタボリックにならない秘訣と大根を使った手当て法~第一大根湯・第二大根湯・椎茸スープの実践」でした。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にならないためには、人体の下水管に相当するリンパ管に目詰まりを引き起こす油脂類の摂取をまずは減らすこと。

 

 さらにリンパ管の浄化力の強い白くて辛い根の野菜である大根や生姜、玉ねぎ、白ネギ、蓮根、葛、長芋といった野菜を上手に料理に取り入れること。手当て法としては大根や生姜、椎茸を使うと効果的なので、マクロビオティックの手当て法の中で、リンパ管の掃除薬となる第一大根湯、第二大根湯、椎茸入り玄米スープの実践をしました。

 

 第一大根湯は発汗力が強く、少量飲んだだけでも汗が噴き出てきます。簡単な手当てとしては梅醤番茶に大さじ1杯の大根おろしを入れて飲めば、手軽な第一大根湯ができあがります。皮膚病の方には、この飲み方をおすすめします。

 

 第二大根湯には優れた利尿作用があり、結石を流す働きや、腎臓のフィルターに目詰まりした汚れを洗い流してくれるので、腎臓病におすすめの手当てです。常時飲むものとしては、浅入り玄米スープや椎茸入り玄米スープがおすすめです。高血圧やリウマチ、神経痛、自己免疫疾患に効果が期待できます。

 

 次回は12月4日(日)で、「頭骸仙骨療法/LET(ライフエネルギーテスト)でからだの声を聞く~自分に必要な食材、薬草などの見分け方が分かれば怖いものなしになる」谷口講師

婦人科のトラブルの対策とコンニャクやビワを使った手当て」岡部講師 です。スポット参加も可能なので、ぜひいらしてください。

 

 

 

2016年

10月

09日

正食協会・五行の望診と手当て法講座

10月1日の新月に大阪の正食協会で陰陽五行の望診と手当て法講座の第4回が開催されました。今回のテーマは陰陽五行の秋編ということで、肺・大腸経の望診と大根や里芋を使った手当て法でした。

 

 肺・大腸経はリンパ管がたくさん集まっており、リンパ系の中心をなしています。例えて言うなら、リンパ管は血管の汚れを排泄する下水管に相当します。血管内の老廃物や不要なガスが徐々にリンパ管に浸み出ていくことで体液の浄化がなされています。ところが油脂類の増加などによってリンパ管に目詰まりが生じると血管内に汚れが溜まり、血行不良が引き起こされ、さまざまな不調を作りだしていきます。

 

 このリンパ管の浄化薬となるのが酵素を多く含む白くて辛みのある根の野菜です。大根や生姜、玉ねぎ、白ネギを用いることでリンパ管の掃除ができます。大根と生姜を用いた手当て法である第一大根湯には優れた発汗作用があるため、解熱・発汗・皮膚病の改善薬として用いられてきました。

 

 第二大根湯は人体の下水処理場にあたる腎臓のフィルター濾過処理に効果的で、優れた利尿作用を持っています。結石の予防に、魚毒の排泄にぴったりの手当て法です。

 

 秋の味覚である里芋を用いた里芋湿布には、リンパ管に溜まったヘドロ化した体液を吸い出す働きがあります。うちみや捻挫、骨折、炎症、皮膚病といった様々な症状に効果的なのは、リンパ管を浄化することで血液の流れが整い、修復力や再生力、解毒力が増すからです。

 

 身近な食べ物を用いた手当て法を知っていると、いざという時に自ら対処することができます。お金のかからない手当て法なので、ぜひ身に付けてくださいね。

2016年

10月

07日

滋賀・けんこう舎講演

 9月30日に滋賀県大津市にあるヘルスステーションけんこう舎さんで、「食・環境・生命~自然から学ぶ健康法」の第5回が開催されました。今回のテーマは「自然のリズムで食改善=ゆらぎと遊び心を取り戻す~心の固定観念や先入観を外し、潜在能力を引き出すには」でした。

 

 マクロビオティックの食事をしていると、甘い物やお肉、ファーストフードを食べてはならない、といった「~ねばならない」とか「絶対~してはいけない」といった決めつけ情報が多くなりがちです。ところが、そうした設定をしていると抑圧された感情が潜在意識にため込まれ、その我慢のエネルギーがいつか爆発してやけ食いに走るといった状態になることが多いです。

 

 また、決められたことが実行できなかった場合、自己嫌悪や自己否定に陥り、それがいずれ自己処罰のプログラムの発動として事故やミス、ケガ、病気といった現実を引き寄せることもあるのです。ですから、そのような決めつけ設定をするのではなく、「食べたかったら食べたらよいし、食べたくなくなったらやめればよい」というニュートラル設定(全受容状態)にしておくと、意外に中庸に収まっていきます。

 

 これを「ゆらぎ」設定といいます。生命力とは適応力であり、人間はこの「ゆらぎ」をなくすと適応力を失がちです。ゆらぎのことを「遊び」と捉えてもよいし、「余白」「余韻」「間」「柔軟性」と呼んでもよいでしょう。最近の電気製品にはこの「ゆらぎ」機能が「ファジー(あいまい)」設定として取り入れられたものが多くなりました。

 

 心地よく生きる秘訣は固定観念や決めつけ、思い込み、先入観、常識といった心に柔軟性を失わせる設定を止め、「明日は明日の風がふく」「それで良いのだ」といった「ゆらぎ」モードにしておくことだと思います。そんな話をさせていただきました。

 

 次回は12月2日(金)で、最終回のテーマは「水のリズムで食改善=アクエリアスの時代に水の役割と

~良い水の見分け方と水の性質、水のエネルギーの高め方について」です。水の持つ潜在エネルギーと水素の役割、酸化と還元、自由律といった話をさせていただきます。

 

 

 

 

2016年

10月

03日

陰陽五行スキルアップ講座の様子

3月から栃木県宇都宮市にあるHAPPY TABLEさまで開催されている「陰陽五行スキルアップ講座」の様子が主宰者の杉村さまのブログに掲載されています。よかったら覗いてみて下さいね!

毎回美味しそうなお料理とステキなテーブルコーディネートは勉強になります!

 

この講座は陰陽五行をもっと身近に活用してもらうための実践的な講座です。

偶数月は実技(料理・手当て法など)、奇数は理論編とダブル講師で開催されています。岡部先生は奇数月の理論編担当です。す

ぐに満席になった人気のコースです。

 

来年からさらなる実践コースも開講されるようです。気になる方は要チェック!

 

                    講座の様子はコチラ


≪メニュー≫
里芋入り玄米ごはん 胡麻塩 紅生姜添え
大根とえのきのお味噌汁(玄米味噌)
蓮根と米粉のハンバーグ
ひじき蓮根
蓮根の塩麹炒め
青梗菜・人参・しめじのナムル
ねぎ味噌
大根と人参のべったら漬け

≪デザート≫
杏仁のおしるこ

2016年

9月

29日

岡部賢二講義録「光輝く未来に向けて今できること」無料音声ダウンロード30分

岡部賢二講義録・無料ダウンロード「光り輝く未来に向けて今私たちができること」
2016年8月末に栃木県鹿沼市にある古峯神社で開催されたプチ断食セミナー3日目の講義録です。「光り輝く未来に向けて今私たちができること」というタイトルでの講師4名のトークライブに際して、岡部賢二講師が基調講演を行ったものです。複合汚染された土壌や腸内を微生物で浄化することができるというバイオ除染の話です。
栃木プチ断食セミナー 4-3 2016年8月26日~28日.WMA.wmv
Windows Media ビデオフォーマット 8.0 MB

2016年

9月

29日

岡部賢二講義録・無料ダウンロード「子どもたちの未来を守る食」60分

岡部賢二講義録「子どもたちの未来を守る食」無料音声ダウンロード
2016年5月末に鹿児島市内にある城山観光ホテルにて開催されたプチ断食セミナー最終日の講義録音声ファイルです。子供たちの未来を守る食とは何かについて詳しく解説しています。
鹿児島プチ断食セミナー 12-11 2016年5月27~29日.WMA.wmv
Windows Media ビデオフォーマット 15.0 MB

2016年

9月

28日

佐賀・おひさま講演

 9月21日に佐賀市にある玄米食おひさまさんで食育入門講座の第4回が開催されました。今回のテーマは陰陽を生活に役立てよう!~体を温めたり冷やしたりする食べ物の見分け方」で、陰陽の基本原理を詳しく解説しました。

 

 テレビやラジオ、雑誌等でさまざまな健康法が取り上げられていますが、自分にとってどの健康法が合っているのか迷っている、という方が多いと思います。宇宙の普遍的な原理であり、羅針盤となる陰陽原理を身に付けると、食べ物の性質が良く分かるようになります。

 

 冷え性の方は、体を冷やすような食べ物を避け、反対に体を温めるものを摂ることで体質を変えることができます。また、熱がりという方は、体を適度に冷やす食べ物が必要で、どんな食べ物や健康法が自分に合っているかを知る目安になるのが陰陽原理なのです。

 

 陽性な作用の強い動物性食品を食べるときには、陰性の強い薬味を用いることで、消化を促し、タンパク質の腐敗や脂肪の酸化を防ぐことができます。また、海のものと山のものを組み合わせることでバランスを取り、料理の味を引き立てることもできます。

 

 さらに、内部被ばくを引き起こす放射性物質の性質が陰性の極まったものとわかれば、極陽性の黒焼きや遠赤外線によって中和することもできるのです。時代や場所が変わっても変化しない普遍的なコンパス(魔法のメガネ)として、陰陽原理を身に付けることをおすすめします。

 

 

 

 玄米食おひさまさんでは、限定20食でマクロビオティック・ランチをいただくことができます。彩が何といってもきれいで、手間ひまのかかる料理ばかりです。味も美味しくて、体が元気になる食事なので、ぜひ、行ってみてください。

 

 次回は、10月19日(水)で、「噛み方健康法でダイエット! ~唾液に含まれる若返り物質の活用法」についてお話します。お楽しみに!

 

 陰陽原理を深く勉強したいという方には、ムスビの会で講義録「楽しく学ぶ!陰陽講座」CDを販売しています。各回2時間の収録で、1回~9回まであります。食物の陰陽、体質の陰陽、性格の陰陽、病気の陰陽、運勢の陰陽など、陰陽が幅広く学べます。定価1500円(税別)です。

 

 陰陽講座講義録CD 詳しくはコチラ

2016年

9月

27日

鎌倉 24sekki 講座

 鎌倉市のカフェkamakura24sekkiさんにて9月20日(火)に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行と日本の暦」というテーマで講座か開催されました。主催してくれたのは鎌倉市に住むkotatsu主宰の遠山幸恵さんです。

 

 この講座は8月末に予定していたのですが、台風のため延期になりました。今回も台風がこちらに近づいていたのですが、何とか開催できて良かったです。陰陽五行については皆さん初めての方が多かったので、易学のベースとなっている循環の思想や四相の変化性について説明させていただきました。

 

 宇宙のリズムには四相の変化性があり、季節では春夏秋冬、一日では朝昼夕晩、位置では前後左右、方位では東西南北、温度では温熱涼寒、順番では起承転結、酸化還元力では金銀銅鉄、暦では春分・夏至・秋分・冬至、立春・立夏・立秋・立冬、月の周期では新月・上弦・満月・下弦といった四相の変化があることがわかります。

 

 この四相の変化性を〇と十字を組み合わせた大極図に表すことで、宇宙のしくみや流れ、陰陽五行との関係を知ることができます。宇宙のしくみはシンプルであり、統合的であり、本来は分かり易いのですが、学者がこれを難しくしているだけです。

 

 陰陽五行と二十四節季、月の周期律との関係について詳しく解説しました。天然酵母のパンを作られているだけあって、24sekkiさんの店内はとても居心地がよく、話がよどみなく出てきました。微生物がもたらす心地よいバイブレーションのおかげなのだと感じました。

 講座の後は、kotatsuの遠山さん手作りのマクロビ弁当でランチです。手間ひまのかかったものが多く、秋の季節の肺・大腸系にピッタリの食材が使われていて、味もとっても美味しかったです。参加者の方々に笑顔がこぼれていました。

 

 鎌倉では、10月と12月にも陰陽五行と望診法講座が開催されます。お楽しみに。

 

暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座 詳しくはコチラ

 

24sekki 詳しくはコチラ

2016年

9月

26日

横浜でのコラボ講座

 9月19日の敬老の日に、横浜市のたまプラーザ駅の近くにあるTsukinokiさんにて、冨田貴史さんと私のコラボによる「マワリテメクル小宇宙~日本の暦と季節の養生」と言うタイトルで講座が開催されました。

 

 主催したのは、Tukinoki代表の大槻広子さんです。大槻さんは現在CI協会で開催されている陰陽五行講座を受講されていて、そこで知り合いました。今回のイベントは、自宅を開放したTukinokiサロンのオープンイベントとして企画されたのとこと。この場を活用したプランをいろいろと考えているようです。

 

 第1部は冨田さんの「日本の暦と陰陽五行について」で、第2部は私の「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」の話が各1時間ずつありました。今回は、なぜか腎の話が多くなったので、冷え性やホルモンバランスの悪い方が多いのかなと感じました。

 

 暦と体の臓器や感情、食べ物が五行でつながっているという考え方が今の栄養学や医学にはありません。このことがわかると、病気や性格を食事で変えることができるようになります。病気の指導原理として、また、心地よく生きるためのツールとして活用されるとよいでしょう。

 今回は大槻さんとスタッフの方の手作りのマクロビランチとスイーツ、ドリンク付きという贅沢な講座でした。20名近い方が参加され、しかも手間ひまのかかる料理ばかりだったので、準備が大変だったと思います。お料理もスイーツもとても美味しくて、皆さん大満足の様子でした。

 

 午後の部は、冨田さんと私のコラボトークです。緊急を要する放射能と電磁波の対策を中心に話をすすめました。私からは遠赤外線や微生物による対処の仕方と酸化と還元について、冨田さんからは、発酵食品によるデトックス法や意識の在り方について話がありました。

 

 トークをしていると話が尽きませんが、会場の都合もあり、1時間くらいで終わりました。皆さんに喜んでいただけるような内容になったと思います。名残惜しい感じでしたが、また、次なる機会を作って、Tukinokiさんに来たいと思います。

 

 大槻さん、スタッフの皆さん、心地よいおもてなしをありがとうございました。参加者の皆さん、またお会いできる日を楽しみにしています。

2016年

9月

25日

東京・国立でのコラボ講座

 9月18日(日)に、東京都国分寺の国立駅の近くにあるagreable musee(アグレアブル・ミュゼ)さんにて「マワリテメクル小宇宙~日本の暦と季節の養生」というタイトルで講座が開催されました。

 

 初めての会場でしたが、とてもおしゃれなお店で、1階はリネンの服のショップ、1階がカフェ・イベントスペースになっています。麻炭などの麻製品、櫨ロウソクなど、なかなか手に入りにくい健康グッズが置いてあり、興味津々でした。

 

 この店のオウナーの石田さんご夫妻はとても素敵な方で、その人柄の良さがお店に反映されているようで、居心地のよい空間でした。癒される感じといってもよいかも知れません。都会の中にあるオアシスといった感じです。手作りで漬物や味噌などを作られているので、その微生物がこの場に棲みつき、心地よいエネルギーを発しているのかも知れません。

 

 

 今回の講座は、冨田貴史さんのご縁で実現したもので、第1部は冨田さんによる「日本の暦と季節の養生」、第1部は、私の講座で「五つの季節と五臓の関係」、そして第3部は冨田さんと私の対談で「今、健康について伝えたいこと」という内容で進行しました。

 

 第3部の対談では、放射能、電磁波、化学物質の対策についての話が中心で、今我々に出来る事は何か、微生物の発酵がもたらす浄化力を活用すれば放射能や電磁波の害も軽減できる、というような内容でした。

 

 15名くらの方々にお集まりいただき、皆さんとても熱心に聞かれていました。冨田さんの話は具体性があってとても面白く、私も勉強になりました。方向性が同じせいか、冨田さんと話していると話が尽きません。素敵な場を提供していただいた石田さん、参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

 

 agreable musee 詳しくはコチラ

2016年

9月

24日

ベジガーデンの五行講座・土曜日クラス

 9月17日(土)にベジガーデンにて陰陽五行の望診・手当て法・料理法講座の土曜日クラスの第4回が開催されました。午前中の料理教室では火曜日のクラスと同じ料理が作られていましたが、作る人が違うと不思議ですが味が違います。作り手の波動なのだと思いますが、この微妙な変化が面白いです。

 今回は、ひじきご飯のひじきの味が濃かったせいか、味に引き締まりがあって前回よりも美味しく感じました。ひじきを抵抗なく子供たちに食べさせるのに、このひじきご飯はピッタリです。ひじきの煮物が余ったら、ご飯に入れると二度楽しめてよいですね!

 

 豆乳ごま豆腐は、前回の方が盛り付け方がおしゃれだったせいもあり、より美味しかったような気がします。豆乳入りのごま豆腐は初めて食べましたが、普通のごま豆腐よりもクリーミーで濃厚な感じがしました。薄口醤油だけでなく、黒蜜をかけて食べても美味しいそうです。

 

 蓮根ボールのきのこあんかけは、葛の混ぜ具合だと思いますが、微妙に前回と硬さが違っていて、あんが少し柔らかい方が私には美味しく感じました。トッピングしている糸唐辛子の辛みの陰性が、陽性な蓮根と葛にマッチしていて、ビリっとくる感じがとてもよかったです。

 

 肺・大腸の手当て法では、浅炒り玄米スープの素を煮出して飲んでいだきましたが、とても好評でした。高血圧の方には椎茸入りの、肺炎やぜんそくの方には冬虫夏草入りのスープがおすすめです。肺や大腸に溜まった水毒を抜いてくれるので、むくみが取れ、セキやたん、鼻水が治まり、体温が上がります。

 

2016年

9月

22日

ベジガーデンの五行講座

 福岡県筑紫野市にあるベジガーデンにて、4回目の五行の手当て法・望診法・料理教室が開催されました。今回のテーマは秋・皮膚や呼吸器のトラブルに肺・大腸の手当てと望診法~大根を使った手当て (黒炒り玄米スープ、椎茸スープなど)ぜんそく、アレルギー、ヘルペス、とびひの対策でした。

 

午前中は秋の経絡である肺・大腸経をよくする食材を使った仲ひろみ先生による料理教室でした。

今回のメニューは

 

     ●厚揚げのチリソース

     ●畔越とひじきの薬膳混ぜご飯

     ●蓮根ボールのきのこあんかけ

     ●ごま豆乳豆腐

     ●冬瓜スープ 中華風 でした。

 

赤唐辛子に塩、麦味噌、甘酒、醤油、料理酒、ごま油、酢、くず粉、青ネギで作られたチリソースの味は抜群に美味しかったです。呼吸器によい蓮根と、リンパ管の目詰まりを改善するキノコ、体を温めるくず粉を組み合わせた蓮根ボールのきのこあんかけも、肺・大腸系の強化にピッタリの料理でした。

 今回の手当て法は、浅入り玄米スープ椎茸入りを作りました。秋口に多くなる呼吸器疾患や皮膚疾患の食薬になるだけでなく、膠原病やリウマチ、アレルギーといった自己免疫疾患に効果的です。

 

 大根を使った手当て法として、利尿作用のある第二大根湯と発汗作用のある第一大根湯の実践ワークも行いました。いざという時に、手当て法を習っておくと応急処置ができるので安心です。食べ物を使った手当て法は副作用がなく、お金もかからず、しかも効果的。知っておくととても便利です。

 

 手当て法の実践の後は、オートミールクッキーと玄米ラテでコーヒーブレイクです。秋月で手に入れた最高級の本くず粉をふんだんに使ったクッキーの味は抜群でした。皆さん、体も心もほんわりと温まり、笑顔で帰っていきました。

2016年

9月

21日

カフェMOLTY NODE 講演

 9月10日(土)に東京の荒川区にあるカフェMOLTY NODEさんにて「心とからだをキレイにするマクロビオティック」講演会が開催されました。こちらでの講座は今回が初めてでしたが、カフェの一角にあるヨガスタジオ内に20名くらいの方々にお集まりいただき、とても和やかな雰囲気で話を聞いていただきました。

 

 MOLTY NODEのスタッフの平原さんは東京都内で開催されたマクロビオティック指導者養成講座(MI塾)の卒業生です。現在CI協会で開催されている陰陽五行講座に参加されている千葉芽弓さんに企画していただき、この会を開催することができました。

 

 今回の話の内容は陰陽五行の入門編で、五臓と季節、感情、食べ物との関係を詳しく解説させていただきました。また、秋の時期の養生法やプチ断食の効用、月のリズムの活用法など、盛りだくさんの内容でしたが、皆さんとても熱心に聞いて下さり、ありがたかったです。

 講座の後は、MOLTY NODEさん手作りのランチです。秋の季節に弱りやすい肺・大腸系を強化する食材がたくさん使われていて、見た目もきれいで味も抜群に美味しかったです。こちらのカフェで販売されている玄米甘酒と手作りマフィンもついて、皆さんとても満足顔でした。

 

 また、時々こちらで講座を開催したいと思っています。日程が決まりましたらお知らせします。お楽しみに!

 

 MOLTY NODE 詳しくはコチラ

 

2016年

9月

18日

新潟プチ断食セミナー2日目

 新潟プチ断食セミナーの2日目は長谷川住職指導による勤行から始まり、参加者全員で法華経を唱えました。木魚のリズムでお経を唱えると、その音波で細胞が振動し、活性化するのが分かります。

その後は、地元でヨガ教室SMILEを主宰されている栗原ゆき子先生の指導によるヨガのワークです。

 

 栗原先生のヨガは、とてもやさしいもので、からだがほぐれ、ゆらぎが戻った感じです。笑顔のとても素敵な先生でした。

 

 ヨガの後は、梅醤作りをして、出来上がった梅醤で梅醤番茶を飲んでもらいました。朝、梅醤番茶を飲むと胃腸が温まり、活力が湧きます。低血圧や冷え性、便秘症、弱った胃腸の改善にピッタリの飲み物です。

 写真の一番左側がこの会の主催していただいたマウイストアのまゆみさん、真ん中はホメオパシーセンターアメリの橘さん、右は本行寺の長谷川さんです。本堂の一角に出店をしていただいたのですが、とてもにぎわっていました。

 最終講座は私の担当で、タイトルは 「カタカムナの知恵に学ぶ~美感電圧と言霊で美しくなる!」 

でした。プチ断食で美感電圧が上がると、よい運気を引き寄せることができます。また、楽をむさぼると苦をもたらし、苦に立ち向かうと楽が来るという「苦楽の法則」について話をさせていただきました。

 

 皆さんの顔色が初日と打って変わってキラキラと光輝いているのを見るにつけ、プチ断食が効果を実感します。断食の2日目は排毒反応が出るので、頭痛がしたり、眠くなったりといった体調不良が現れる場合が多いのですが、今回は、そうした不調を訴える人が少なくて良かったです。3日目になると体も心もスッキリするので、プチ断食セミナーの終了後も自宅でもう1日断食を継続するという方が多かったです。

 

 最後は、参加者全員でプチ断食での体験を発表してもらう感想シェアリングをしました。それぞれの方がどのような体感をしたかを聞くのはとても勉強になるので、断食会の一番楽しい時間でもあります。たった2日間ではありましたが、皆さん一人ひとりに心地よい変化があったようです。これからの人生にきっと、このプチ断食の体験は役に立つと思います。

 

 また、来年もぜひ、新潟でプチ断食セミナーの第2弾を開催したいと思います。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。           

2016年

9月

17日

新潟プチ断食セミナー1日目

 9月8日~9日にかけての1泊2日で、新潟県五泉市にある本行寺にて新潟プチ断食セミナーが開催されました。新潟でのプチ断食セミナーは今回が初めてです。新潟県内だけでなく東京からの参加者もあり、総勢25名で無事スタートすることができました。

 

 今回のセミナーは本行寺とホメオパシーセンター・アメリ、マウイストアの共催で開催されました。

初日は私のプチ断食セミナーの効用の話の後に、本行寺住職の長谷川観樹さんの講話がありました。仏教(法華宗)の考え方の中にもマクロビオティックと共通するものがあり、目指す方向性は一緒なのだと納得しました。

 座学の後は、近くの公園に行き、アーシングの時間を設けました。裸足で大地の上を歩くと、何とも言えない心地よい感じがします。雨が降った後で草が湿っていたのですが、湿り気があった方がアーシング効果が上がります。20分程度のアーシングでしたが効果は抜群で、体に溜まった静電気が抜け、大地からパワーを充電できてスッキリしました。

 温泉入浴の後は、身近な食べ物による手当て法の時間です。生姜油の作り方と生姜湿布の実践を行いました。お腹に生姜湿布をあてると副交感神経にスイッチが入り、全身の緊張が解け、血液の流れがよくなるため、温泉に入っているような心地よい感覚に包まれます。

 

 肩とお腹、腰の3か所に湿布を当てたのでプチ断食の効果が高まり、長年体内にため込まれた汚れが抜けていきます。皆さんの顔色がピンク色に変わり、血色がよくなりました。

 生姜湿布で至福の時間を過ごした後は、本行寺の長谷川住職の御兄弟が集まり、雅楽の演奏がありました。私も目の前で雅楽の演奏を聞くのは初めてだったのですが、神聖なる雅の世界に引き込まれるような感じを受けました。皆さん、雅楽の音色の響きによって、さらに心も体もパワーアップできたようです。

 

 雅楽の演奏の後は、お待ちかねの玄米甘酒タイムです。葛と生姜、塩を入れた玄米甘酒は、麹のパワーによってお腹の調子が整います。体も温まり、皆さん、心地よく眠ることができたようです。

2016年

9月

16日

千葉・カフェどんぐりの木講演

  9月7日(水)に千葉市内にあるcafeどんぐりの木さんにて、「わ・和・和!のごはん~食事が変わるとからだが変わる、からだが変わると心が変わる、心が変わると人生が変わる」をテーマに講座か開催されました。

 

 cafeどんぐりの木さんでは、以前にも何度か講座を開催していただきましたが、私が単独で行う講座は久しぶりでした。この日は天候に恵まれ、子どもさん連れのお母さん方がたくさん集まり、とてもにぎやかでしたが、皆さんとても熱心に聞いていました。

 

 子供たちの性格を変えようとしてもなかなか難しいのですが、意識と腸が関係していることがわかれば、腸に入ってくる食事を整えることで性格を変えることができることに気がつくはずです。また、臓器の弱りと性格も関係していて、肝臓が弱るとムカムカする性格が、心臓が弱るとカッカする性格が、胃が弱るとくよくよする性格が、肺が弱るとぐずぐずする性格が、腎臓が弱るとオドオドする性格が現れます。これらの性格も食事を整えることで変わっていきます。

 

 講座の後は、Tanagokoro DELEの山本久美子さんの手作りマクロビオティック弁当を食べながらの食事会でした。食事をしながら質問タイムを設けましたが、たくさん質問が飛び出して、お母さん方の食への真剣さが伝わってきました。

 

 また、来年も時々講座に伺いたいと思います。参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

 

2016年

9月

15日

千葉県・大多喜町訪問

 千葉県夷隅郡大多喜町に行ってきました。来月末にこの地で開催される千葉プチ断食セミナーの会場の下見のためです。素敵な古民家が散在していて、宿泊施設をいろいろとあたったのですが、廃校になった老川小学校の施設が研修施設としてピッタリだったので、ここで開催することに決めました。

 

 2013 年に廃校になった老川小学校は、現在「地域活性化」の拠点として 再利用されています。コンセプトは「エコ・フューチャーセンター」。「フ ューチャーセンター」とは、北欧から生まれた「未来をつくる仕組み」と いう意味で、多様な関係者が従来の組織や枠組みを超えて集まり、自由な 発想の討論を通して、課題を選び、解決していく「場」をさしています。

 

 随所に木が用いられて作られた建物は、アート感覚に満ちており、見晴らしの良い高台に建っているので体が癒される感じがしました。ここなら参加者の皆さんに心地よく過ごしていただけると思います。

温泉あり、コンサートあり、散策あり、ヨガあり、手当て法の実践ありのプチ断食セミナーなので、心も体もリフレッシュできると思います。関東近辺でのセミナーが少ないので、ぜひこの貴重な機会をご活用ください。

 

 千葉プチ断食セミナー 詳しくはコチラ

 

 この大多喜町を選んだ理由は、ここに最近移住されたヨガ講師・マクロビオティック料理人である森山幹麗先生のおかげなのです。この大多喜町には農的な暮らし方を求めて、若い人達がたくさん移住してきているとのことでした。古民家を上手に活かした宿泊施設だけでなく、薬草園や県民の森、大多喜城など、散策スポットも充実していて、スローライフを送るのにピッタリの町です。

 

 その晩は森山先生のお宅に泊めていただいたのですが、そのお宅で森山先生のお知り合いの方に声をかけていただき、持ちよりでマクロビオティック懇親会を開いていただきました。隣町に住むブラウンズ・フィールドのデコさんとご主人のエバレットさん、スタッフの皆さん、カラトラリーボックスの飯島光太郎さん、蔵精の横山ご夫妻、シンガーソングライターの小泉和弘さん、この町に住み半農半Xの生活をされている根本ご夫妻など、18名の方々にお集まりいただき、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

 来月末の千葉プチ断食セミナーの2日目の晩に小泉和弘さんにはコンサートをお願いしました。また、

デコさんには3日目の午前中に、森山先生と私、デコさんの3人でコラボトークをすることになりました。素敵なセミナーになりそうで楽しみです。

 持ち寄っていただいたお料理はどれも素晴らしく、素材を吟味し、手間ひまのかかったものばかりでした。私は、仙台プチ断食セミナーの翌日だったので、すぐにお腹がいっぱいになり、あまり食べられなかったのが残念です!

 

 森山先生のお宅は大きな古民家で、大広間は30名くらい入れるくらいの広さがあり、ビックリしました。ここで将来、農家民宿をする予定だそうです。大多喜町の方々や近隣の意識の高い方々といろんな話が出来て、とても楽しく有意義な会になりました。食事会の前に私の講義を1時間くらいさせていただいたのですが、森山先生のお宅のお披露目会として、私もささやかな応援が出来て良かったです。

2016年

9月

14日

仙台プチ断食セミナー3日目

 仙台プチ断食セミナー3日目は、畠山さゆり先生による「代謝があがるストレッチ&エクササイズ」のワークでスタートしました。参加者の皆さんの表情が初日と比べるととても柔和になり、笑顔があふれ、光輝いていました。二日目に頭痛があった方も、すっかり元気になり、断食効果が出てきました。

 

 エクササイズの後は、この会を主催してくれた3人の主催者による体験発表の時間です。3人共、東北で開催されたMI塾の卒業生です。大石さん、渡辺さん、山口さんの順番で20分づつ発表してもらったのですが、素晴らしい内容に私もビックリしました。3人ともプチ断食セミナーを通じて精神的にも大きく成長し、進化している姿に感動しました。

 

 主催するのは企画から始まって、旅館・講師との打ち合わせ、広報活動、準備など、やることが盛りだくさんで、本当に大変だったと思います。でも、「苦に立ち向かうと楽が来る」という宇宙の法則の通り、断食会を終えた時の達成感や満足感、充実感は誰よりも大きかったのではないかと思います。

 

 

 セミナーの締めくくりは、畠山先生、高橋先生、私の対談トークです。畠山さんに司会進行をお願いし、1時間くらいのコラボトークでしたが、プチ断食に関することだけでなく、「聖なる性のあり方」まで話が及び、大いに盛り上がりました。

 

 まだまだ、話を聞きたいという雰囲気でしたが、私がまとめの話をして、すべての講座が終了しました。

 講座の後は、小豆玄米粥で回復食です。初日にも小豆粥をいただきましたが、3日目になると美味しさもひとしおで、満足感も倍増でした。皆さん、美味しいと大好評でした。

 

 最後は、感想のシェアリングタイムで、参加者全員に3日間のプチ断食での変化や感じた事などを体験発表をしてもらいました。この時間がセミナーの中での一番のクライマックスと言ってもよく、生命歓喜状態となって泣き出す方もいました。

 

 参加者の感動する姿を見るにつけ、開催して良かったという安堵感に満たされます。来年もまた、この地で開催したいと思います。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

2016年

9月

13日

10.28-10.30 2016千葉プチ断食セミナー 【千葉県】

10月末にたなごころ様主宰のプチ断食セミナーの

会場が変更になりました。

都心からのアクセスもよくなり、今回限りのスペシャル価格で、参加しやすくなりました。 

 

特別ゲストに料理研究家でブラウンズフィールドを主宰されている中島デコさんをお迎えして行います!

  

 よかったご参加ください。

 

2016千葉プチ断食セミナー

 

開催日:2016年10月28日(金)~30日(日)

 

会 場:旧大多喜町立老川小学校  
〒298-0265 千葉県夷隅郡大多喜町小田代535  TEL:0241-82-2407
     アクセス 東京駅八重洲口前より京成高速バスにて「たけゆらの里」前下車
    *JR上総一ノ宮駅から/道の駅たけゆらの里から送迎あり(要予約)

 

受講料:(2泊3日)  大人45,000円 子供20,000円(小学生以上)
     (宿泊費、酵素代、ハーブドリンク代、研修費用、保険料を含む) 
*今回限りの特別価格!

 

定員: 30名 (現地集合・現地解散)

お申込み・お問合せ先:マクロビオティック料理教室 たなごころ
E-mail:tana5colo@gmail.com
Tel:(090)9360-5109 山本久美子
*お申し込みはメールでお願いします。

スケジュール

10/28(金)
12:00   現地集合
12:30   開会式 オリエンテーション
13:00   第1講演  岡部賢二
「身も心もリセットできるプチ断食」
15:00  導入食(玄米小豆粥)
16:00   散策
17:00   温泉タイム・自由時間
19:00   ヨガ 森山幹麗
20:30   懇親会
22:00   就寝

10/29(土)
6:00  起床
6:30  ヨガ 森山幹麗
8:00 梅醤番茶タイム
9:00  第2講演  岡部賢二
「ゆっくり、のんびり、自然のリズムで暮らす」
11:00  散策
温泉入浴
16:00  第3講演  岡部賢二
「宿便取りのための生姜湿布のワーク 」
18:30 コンサート(小泉和弘)
20:00 玄米甘酒を飲みながらの懇親会
22:00  就寝

10/30(日)
6:00  起床
6:30  ヨガ 森山幹麗
8:00  梅醤番茶タイム
9:00  岡部先生・中島デコ先生・森山先生対談             
「 自然から学ぶ生き方・暮らし方 」
11:00 回復食(小豆玄米粥)・アンケート記入
12:00 体験発表~プチ断食を終えて感じたこと~
13:30 解散


講師・ゲスト プロフィール

プチ断食・手当て法指導
岡部賢二

ムスビの会主宰。正食協会理事。
全国でマクロビオティックの講演や健康指導を行う。著書に「マワリテメクル小宇宙」(ムスビの会出版)「月のリズムでダイエット」、(サンマーク)「ぐずる子さわぐ子は食事で変わる!」(廣済堂出版)、「月のリズムで
玄米甘酒ダイエット」(PARCO出版)がある。

ヨガ指導

森山幹麗

くつろぎ工房主宰。日本CI協会マクロビオティック・ヨガ教室主任講師。千葉県夷隅郡大多喜町にて、無農薬有機農業を実践しながら代々続く自然食品店の経営とマクロビオティックとヨガの普及活動を行う。

特別ゲスト

中島デコ

マクロビオティック料理研究家。「ブラウンズフィールド」「ライステラスカフェ」「慈慈の邸」では、さまざまなイベントなどを開催。料理本やエッセイなど著書も多数ある。

特別ゲスト

小泉和弘

 

千葉県大多喜町(養老渓谷)の地を愛し、東京から移住。
東京で音楽活動を行っていたが、近年の過疎化に伴い、このままではいかんと奮起。大多喜町で音楽による町おこしを展開中!

 


2016 千葉断食セミナーチラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 970.6 KB

2016年

9月

13日

プチ断食セミナー開催場所の変更について

10月28日~10月30日の”たなごころ”様主宰の「奥会津プチ断食セミナー」の開催場所が

千葉県に変更になりました。

都心からのアクセスも良くなり、さらに参加しやすくなりました。

よかったらご参加ください。

 

詳細はコチラ

2016年

9月

13日

仙台プチ断食セミナー2日目

仙台プチ断食セミナーの二日目は、梅醤作りのワークの後、みんなで梅醤番茶を飲み、畠山さゆりさんのストレッチとエクササイズで体をほぐしました。引き続き、私の担当講座「美感電圧を高め、心の宿便取りをしよう!」で学んだ後、散策に出掛けました。

 

 大深沢から紅葉の名所である鳴子峡に抜けるハイキングコースを1時間かけて歩きます。緑の木々の発するマイナスイオンをしっかりと浴びて、心と体のアカが落ちていく感じでした。大地や木々とアースすることで血液の流れも良くなり、プチ断食効果が高まります。

 深沢の水は透明感があり、清々しい空気感が漂っていました。自然界は我々に空気やマイナスイオン、清涼感、振動といったエネルギーを無償で与え続けてくれています。こうした何事も要求されない世界だからこそ、ゆっくり、のんびりとした人間本来のリズムに戻れるのかも知れませんね。

 

 プチ断食を行う上で大事なのは、どこで行うのかという「場のエネルギー」です。一見、経済成長から取り残された感のある東鳴子温泉のひなびた風情、湧き出る温泉のパワー、里山や森林の発する植物のエネルギー、鳥や虫、生き物、微生物の発する音波や振動、そうしたものが一体となって我々を癒してくれているのです。

 

 都会のエネルギー場の低い場所でプチ断食を行うのと、こうした場のエネルギーの高いところで実践するのでは雲泥の差が生じるので、時には、こうした転地療養をすることをおすすめします。散策の後、皆さん、清々しい顔になりました。

 散策が終わり、休憩の後は、高橋真由美先生による「門外不出の秘伝・門学講座」でした。高橋さんは畠山さゆりさんのお姉さまで、海外生活の後、北海道に移住され、洞爺湖畔のご自宅でECOな生活をされています。

 

 私も門学を勉強したのは初めてでしたが、陰陽五行の考え方がベースになっていて、とても分かり易かったです。自分の門が何であるかは生年月日を基に鑑定をしてもらわないと分かりませんが、自分の持って生まれた門と社会性との関係がわかると、自分の性格に納得がいき、その後の人生に活かすことができます。

 その後は、ギタリストで音楽家の福田正二郎さんをお招きして、ギターコンサートによるリラクシングタイムを持ちました。福田さんの演奏は昨年に引き続き、今回で2回目となりますが、福田さん作曲のオリジナルの曲は天から降りて来た作品ばかりで、魂を揺り動かされるような感動を受けます。

 

 プチ断食中は感受性が研ぎ澄まされているので、ギターの音色や波動が皮膚からダイレクトに細胞に染み渡る感じがします。皆さん、心地よい振動で心も体もリラックスできたようでした。

夕方の入浴時間の後は、生姜を使った手当て法のワークです。今回は生姜油作りと生姜湿布に実践を行いました。お互いに手当てをしあうスキンシップで心の垣根が取り除かれ、親近感が増します。生姜湿布の温熱でお腹が温まると、全身の緊張が抜けて血流が良くなり、何とも言えない心地よい気分になります。

 

 心も体も温まり、リラックスした後は、玄米甘酒タイムです。葛と生姜、塩を入れて作った玄米甘酒は、麹の醸し出すさまざまな酵素やビタミン、アミノ酸等によって、体に活力をもたらしてくれます。プチ断食中で、何よりも至福の時間が甘酒タイムです。皆さん満ち足りた気分で、ぐっすりと眠れたようでした。

2016年

9月

12日

仙台プチ断食セミナー1日目

 9月3日~5日の2泊3日で、宮城県の東鳴子温泉・旅館大沼にて仙台プチ断食セミナーが開催されました。今年で3回目の開催となります。今回は参加人数が多く、総勢30名くらいになりました。遠くは京都、東京、千葉からも参加があり、とても活気のあるセミナーになりました。

 

 初日は私の講義「長寿の秘訣はプチ断食にあった!」に続いて、旅館大沼の湯守・大沼伸治さんによる「湯治のあるある生活」について話を伺いました。出来上がったばかりの「しあわせおんせんわたし学」という小冊子をいただき、それを見ながら温泉の効用について解説してもらいました。大沼さんは、さすが日々温泉に入っているだけあって、皮膚がピカピカで、後光がさしているような感じです。

 

 旅館大沼さんでは、1日1食の素食プランやプチ断食で過ごす湯治プランもこれから用意されるとのことで、とても楽しみです。今までの温泉に入ってご馳走を食べるという従来の過ごし方から、素食でリフレッシュするという全く新しい温泉スタイルが流行るかもしれませんね!

 講義の後は、散策の時間です。旅館大沼から徒歩10分の所にある河川敷公園で、大地とアーシング(グラウンディング)しました。体に溜まった静電気が抜けて大地から自由電子が補給され、血液の流れがよくなり、体全体の緊張が解かれます。

 

 私も裸足で大地の上にアースしましたが、本当に気持ちが良かったです。ちょうどこの日は天気もよく、心地よい風に吹かれながら、エネルギーを充電できた感じです。

 参加者の顔から緊張感がとれ、笑顔になったのが印象的でした。

 旅館大沼の研修棟は、旅館から徒歩7~8分の所にあり、緑に囲まれた静かな里山にひっそりと建っています。回りは緑一色で、居ながらに癒される感じの場所です。棟内には調理場もあり、プチ断食にはピッタリの施設です。ここは場のエネルギーが高いので、断食の効果が上がります。

 夜の部と翌日の朝はソーベーズカフェのオウナーで、美人社長の畠山さゆり先生から「しあわせ脳をつくる断食のメカニズム」の話と、「代謝があがるストレッチ&エクササイズ」の実践がありました。さゆりさんの話は面白く、笑いが絶えませんでした。こうして断食1日目は、楽しく過ぎていきました。

2016年

9月

06日

10.27  ぐずる子さわぐ子は食事で変わる【東京都】

岡部先生の10月の東京講演のお知らせです。

主宰は武蔵小杉でマクロビオティックをベースにした妊婦さん・母乳ママさん・赤ちゃんの体に優しい食事のサポートをされている”おしゃもじサロン”さまです。

 

テーマは「ぐずる子さわぐ子は食事で変わる」

 

2月からは、おしゃもじサロンさま主宰で連続講座「子育て陰陽五行講座」もスタートします。

今回はその導入編ともいえる講座です!

 

実生活でも4人の子育て中、岡部先生の

体験を交えた目からウロコのお話会です。

よかったらご参加ください。

岡部先生講演会

ぐずる子さわぐ子は食事で変わる

 

 

開催日:2016年10月27日(木)

 

時間:10時~12時半

 

会場:青少年プラザ 第2レクレーションルーム

    東京都目黒区中目黒二丁目10番13号 中目黒スクエア内

アクセス  

東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車 徒歩10分
東急バス 東京共済病院下車 徒歩2分
東急バス 正覚寺下車 徒歩8分

 

参加費:4,500円

 

お子様連れ大歓迎!

・席に限りがございますので申し込みの際必ずお子様連れと明記ください。
・お子様の飲み物、食べ物は添加物や砂糖不使用なもの。アレルギー配慮したものでお願いいたします。

 

*2月開講『子育て陰陽五行講座5回コース』はこちらの講演会参加の方優先にご案内致します。
当日申し込みで割引きもあります。

 

 

お申込先:メールでお願いします。

       oshamojisalon@gmail.com

      ①名前②当日連絡のつく連絡先③子連れの有無を明記くださいませ。

      *参加費の振り込み完了後、正式に受付となります。

 

お問い合わせ先:おしゃもじサロン

 

詳しくはコチラ

2016年

9月

02日

八王子・さくら亭講演

 8月29日に八王子にあるナチュラルカフェさくら亭にて「暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座」の第1回が開催されました。3回シリーズの第1回のテーマは「陰陽五行の知恵に学ぶ~秋の養生法と望診法(肺・大腸系)」で、秋口に弱りやすい経絡である肺・大腸系について、弱るとどのような症状が現れるのか、またその対策となる食事法や手当て法、生活法について解説しました。

 

 八王子講演は初めてだったのですが、20名弱の人が集まり、皆さんとても熱心に聞いていただきました。さくら亭のオウナーの篠本さんは、日本CI協会で昨年開催された食育入門講座と陰陽講座に毎回来ていただき、懇意にさせていただいておりました。そのご縁で、今回初めての講座を開催することができました。

 私の講座の後は、篠本さん手作りのマクロビ弁当でランチ会です。参加者と交流しながらの食事会はアットホームな雰囲気で良かったです。さくら亭さんでは、定期的にマクロビオティックの料理教室も開催しています。手作りの天然酵母パンも美味しいので、ぜひ一度行ってみてください。

 

 次回は10月31日(月)で、「土用の養生法と望診法」ということで、陰陽五行の胃・脾臓系について解説します。

ぜひ、ご予約の上、いらしてください。

 

 さくら亭 詳しくはコチラ

2016年

9月

02日

栃木プチ断食セミナー 二日目

 栃木プチ断食セミナーの二日目は中園美奈子先生によるヨガでスタートです。昨日の夜は「体の声を聴くヨガ」、

今朝は「太陽をいただくヨガ」、三日目は「陰陽ヨガ」を指導していただきました。中園先生の素晴らしいのは、陰陽や五行、経絡といったことを勉強されているので、季節や体質に合わせたヨガをわかりやすく教えてもらえることです。私は、体がサビついていたようで、ヨガで血のめぐりがよくなり、サビ取りが出来たようです。

 

 ヨガの後は、奥秋先生に「発酵のお話~麹の恩恵」というテーマで麹の素晴らしさについて、また杉村先生には「ムーンカレンダー作成~月をリズムでハッピーライフ~」と言うテーマで、暦のワークを交えて解りやすく講義していただきました。

 昼からは、パワースポット散策だったのですが、あいにく外は雨が降っていたので、急きょ予定を変更し、梅肉葛練り作りのワークをしました。プチ断食中の食事代わりに、梅肉エキスを入れた葛練りは胃腸の強化になるだけでなく、体も温まり、精神的にも落ち着きます。15分くらい練ったあと、米飴シロップをかけていただくのですが、とても好評で良かったです。

 

 その後、中園先生と私のコラボで「陰陽五行とヨガ」のワークを行いました。私が五行の解説をし、中園先生が、五臓を整えるボディーワークを披露してくれました。パワースポットには行けずに残念でしたが、皆さん、満足していただいたようでした。

 夕方には、食物を使った手当て法のワークで、生姜油と生姜湿布の実践をしました。プチ断食中にお腹や腰を温めると何とも言えない気持ち良さに包まれます。夏場の冷房や冷たい飲み物で冷えた胃腸を温める生姜湿布は、初秋の頃に実践すると、体調が整いやすくなります。

 入浴後、狩野嘉宏さんによる横笛の演奏がありました。自分で作曲されたオリジナル曲を含めて1時間くらい演奏していただき、その心地よい波動で、身も心も清められた感じです。演奏の途中に横笛のワークがあり、私も初めて吹かせてもらいました。はじめは音が鳴らなかったのですが、コツがわかり、音が出るようになると面白くなり、私も横笛を習いたくなりました。

 

 この日の最後は、今日の午前中に奥秋先生に仕込んでもらったフルーツ甘酒がふるまわれました。ちょっと発酵していて何とも美味しかったです。満腹感があって、断食していることを忘れてしまうくらいです。

 最終日は、講師陣4名によるトークです。「光輝く未来に向けて、今私たちができること」 というテーマで、まず私が基調講演をし、麹や乳酸菌といった微生物が世界を救うという話をさせていただきました。それを受けてみんなでトークをしたのですが、盛り上がって楽しかったです。トークしながらいろんな気づきやひらめきがあり、私自身が一番勉強になった感じです。

 

 最後は、参加者全員による感想のシェアリングをし、素晴らしい笑顔で無事プチ断食会を終えることができました。今回は、手作りの甘酒を用いた効果がかなりあったようで、体の心地よさが今までで一番感じられたプチ断食でした。甘酒の仕込みが大変ですが、その分、感動も大きかったです。ご参加いただいたみなさん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

2016年

9月

02日

栃木プチ断食セミナー 一日目

 8月26日から28日までの3日間、栃木県鹿沼市にある古峯神社にて、栃木プチ断食セミナーIN鹿沼が開催されました。初日はよい天気で、清々しい空気がただよう中、東北、関東、中部地域から十数名の方が集まり、無事開講することができました。

 

 今回のプチ断食セミナーは、従来使用してきた酵素ドリンクは使わず、スタッフが手作りした玄米甘酒を用いて実践するというもので、私にとっても初めての試みでした。また、このプチ断食セミナーでは「発酵」について学び、、麹を使った発酵食品でデトックスをするというのがメインテーマでした。

 

 初日の私の講義は「玄米甘酒プチ断食でお腹を完全燃焼状態に戻せば若返る!元気になる!美しくなる!」が

テーマで、プチ断食の効用と、お腹でくずぶった食べ物に火をつける着火剤の役割をする発酵食品の素晴らしさについて話をさせていただきました。

 講義の後は、古峯神社の庭園を散策しました。台風によって浄化されたためか、いつもにも増して緑の植物からやってくる心地よいエネルギーを感じることができました。

 散策の途中に、裸足で大地とアーシングする時間を設けました。体に溜まっていた静電気が抜け、大地から自由電子が取り込まれ、血液の流れがよくなるのがアーシングの素晴らしさです。皆さん、にこやかな顔になり、パワーアップしたようです。

 お風呂と自由時間でゆっくりと過ごしていただいた後は、この会の講師である奥秋先生に甘酒作りのやり方を披露していただきました。自家製甘酒を作る秘訣がよくわかりました。奥秋先生のつくる甘酒は格別に美味しくて、フルーティーな味がします。あまりの美味しさに感動しました。1日に300ccの甘酒を使ったプチ断食でしたが、甘酒が美味しかったので、お腹が全く空かなかったです。

 玄米甘酒の仕込みが終わった後は、この会の主催者であるHAPPY TABLEの杉村美樹さんによる葛溶き味噌汁の作り方を教えてもらいました。昆布椎茸だしに葛を溶き、火にかけてとろみをつけます。最後に味噌を入れて出来上がりです。味噌も5種類の味噌をブレンドしたので、味は格別でした。

 

 玄米甘酒だけのプチ断食だと飽きるかなとの思いで、葛溶きの味噌汁を飲んでもらうことにしたのです。

塩気が入ることで体がシャキッとする感じですね!100種類以上の酵素を作りだす力を秘めている麹を使っていると言う点で、甘酒も味噌もすごいデトックス効果が期待できます。。葛のとろみと味噌の風味がマッチして、何とも美味しかったです。

 

 最後に、自己紹介タイムがあり、この日は無事終了となりました。

2016年

9月

01日

千葉の地球環境にやさしい暮らし方講座

 8月24日(水)に千葉で地球環境のやさしい暮らし方講座の第4回が開催されました。今回のテーマは「アレルギーは化学物質過敏症です!~食事と手当てで改善しよう!」で、自己免疫疾患について解説しました。最近、急速に増加している食物アレルギーや多発性硬化症、関節リュウマチといった自己免疫疾患は40種類にも及びますが、原因は不明とされています。

 

 腸は考える臓器であり、何を取り込むか、排泄するかを絶えず考えていて、体に害を及ぼすようなものが入ってくるとすぐさま下痢を起こして排除してくれます。反対に人体に有効な食べ物が入ってきた場合は、消化液を分泌し、食べ物を攻撃しないように免疫細胞にも指示を出します。

 

 ところが、何らかの原因で腸管神経細胞がマヒすると、自分にとってダメなものを取り込め、ためになるものを出せという間違った判断を下すようになります。その結果、免疫細胞は本来攻撃してはいけない食べ物や臓器に攻撃をしかけるため、自己免疫疾患が引き起こされるのです。

 

 その原因となるものは何か。どんな食べ物で改善できるのか、といった原因と対策をリンパ管の目詰まりという立場から詳しく説明させていただきました。

 

 私の話の後は、森山先生による肺・大腸系(リンパ系)の働きを高めるヨガの実践ワークがありました。ヨガは自己免疫疾患に改善効果をもたらしてくれる優れた自然療法です。ヨガで体のリンパの流れが良くなったところで、この会の主催者である山本久美子さんお手製のお弁当によるランチです。

 

 今回のお弁当は、肺、大腸系の食薬となる食材がたくさん活用されていました。体にも良く、食べて美味しいランチに皆さん満足顔でした。次回は12月19日(最終回)で「ガンなどの原因となる放射性物質は、食べ物のチカラで排泄できる!」というテーマで放射性物質への対処の仕方について詳しく解説します。ぜひ、いらしてください。

過去のブログ