座・イベント情報など

ムスビの会 通販サイト

ムスビの会では二十四節気ごとにメルマガを配信しています。

購読をご希望の方は下記から登録をお願いいたします。

Benchmark Email
Powered by Benchmark Email

2016年

9月

28日

佐賀・おひさま講演

 9月21日に佐賀市にある玄米食おひさまさんで食育入門講座の第4回が開催されました。今回のテーマは陰陽を生活に役立てよう!~体を温めたり冷やしたりする食べ物の見分け方」で、陰陽の基本原理を詳しく解説しました。

 

 テレビやラジオ、雑誌等でさまざまな健康法が取り上げられていますが、自分にとってどの健康法が合っているのか迷っている、という方が多いと思います。宇宙の普遍的な原理であり、羅針盤となる陰陽原理を身に付けると、食べ物の性質が良く分かるようになります。

 

 冷え性の方は、体を冷やすような食べ物を避け、反対に体を温めるものを摂ることで体質を変えることができます。また、熱がりという方は、体を適度に冷やす食べ物が必要で、どんな食べ物や健康法が自分に合っているかを知る目安になるのが陰陽原理なのです。

 

 陽性な作用の強い動物性食品を食べるときには、陰性の強い薬味を用いることで、消化を促し、タンパク質の腐敗や脂肪の酸化を防ぐことができます。また、海のものと山のものを組み合わせることでバランスを取り、料理の味を引き立てることもできます。

 

 さらに、内部被ばくを引き起こす放射性物質の性質が陰性の極まったものとわかれば、極陽性の黒焼きや遠赤外線によって中和することもできるのです。時代や場所が変わっても変化しない普遍的なコンパス(魔法のメガネ)として、陰陽原理を身に付けることをおすすめします。

 

 

 

 玄米食おひさまさんでは、限定20食でマクロビオティック・ランチをいただくことができます。彩が何といってもきれいで、手間ひまのかかる料理ばかりです。味も美味しくて、体が元気になる食事なので、ぜひ、行ってみてください。

 

 次回は、10月19日(水)で、「噛み方健康法でダイエット! ~唾液に含まれる若返り物質の活用法」についてお話します。お楽しみに!

 

 陰陽原理を深く勉強したいという方には、ムスビの会で講義録「楽しく学ぶ!陰陽講座」CDを販売しています。各回2時間の収録で、1回~9回まであります。食物の陰陽、体質の陰陽、性格の陰陽、病気の陰陽、運勢の陰陽など、陰陽が幅広く学べます。定価1500円(税別)です。

 

 陰陽講座講義録CD 詳しくはコチラ

2016年

9月

27日

鎌倉 24sekki 講座

 鎌倉市のカフェkamakura24sekkiさんにて9月20日(火)に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行と日本の暦」というテーマで講座か開催されました。主催してくれたのは鎌倉市に住むkotatsu主宰の遠山幸恵さんです。

 

 この講座は8月末に予定していたのですが、台風のため延期になりました。今回も台風がこちらに近づいていたのですが、何とか開催できて良かったです。陰陽五行については皆さん初めての方が多かったので、易学のベースとなっている循環の思想や四相の変化性について説明させていただきました。

 

 宇宙のリズムには四相の変化性があり、季節では春夏秋冬、一日では朝昼夕晩、位置では前後左右、方位では東西南北、温度では温熱涼寒、順番では起承転結、酸化還元力では金銀銅鉄、暦では春分・夏至・秋分・冬至、立春・立夏・立秋・立冬、月の周期では新月・上弦・満月・下弦といった四相の変化があることがわかります。

 

 この四相の変化性を〇と十字を組み合わせた大極図に表すことで、宇宙のしくみや流れ、陰陽五行との関係を知ることができます。宇宙のしくみはシンプルであり、統合的であり、本来は分かり易いのですが、学者がこれを難しくしているだけです。

 

 陰陽五行と二十四節季、月の周期律との関係について詳しく解説しました。天然酵母のパンを作られているだけあって、24sekkiさんの店内はとても居心地がよく、話がよどみなく出てきました。微生物がもたらす心地よいバイブレーションのおかげなのだと感じました。

 講座の後は、kotatsuの遠山さん手作りのマクロビ弁当でランチです。手間ひまのかかったものが多く、秋の季節の肺・大腸系にピッタリの食材が使われていて、味もとっても美味しかったです。参加者の方々に笑顔がこぼれていました。

 

 鎌倉では、10月と12月にも陰陽五行と望診法講座が開催されます。お楽しみに。

 

暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座 詳しくはコチラ

 

24sekki 詳しくはコチラ

2016年

9月

26日

横浜でのコラボ講座

 9月19日の敬老の日に、横浜市のたまプラーザ駅の近くにあるTsukinokiさんにて、冨田貴史さんと私のコラボによる「マワリテメクル小宇宙~日本の暦と季節の養生」と言うタイトルで講座が開催されました。

 

 主催したのは、Tukinoki代表の大槻広子さんです。大槻さんは現在CI協会で開催されている陰陽五行講座を受講されていて、そこで知り合いました。今回のイベントは、自宅を開放したTukinokiサロンのオープンイベントとして企画されたのとこと。この場を活用したプランをいろいろと考えているようです。

 

 第1部は冨田さんの「日本の暦と陰陽五行について」で、第2部は私の「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」の話が各1時間ずつありました。今回は、なぜか腎の話が多くなったので、冷え性やホルモンバランスの悪い方が多いのかなと感じました。

 

 暦と体の臓器や感情、食べ物が五行でつながっているという考え方が今の栄養学や医学にはありません。このことがわかると、病気や性格を食事で変えることができるようになります。病気の指導原理として、また、心地よく生きるためのツールとして活用されるとよいでしょう。

 今回は大槻さんとスタッフの方の手作りのマクロビランチとスイーツ、ドリンク付きという贅沢な講座でした。20名近い方が参加され、しかも手間ひまのかかる料理ばかりだったので、準備が大変だったと思います。お料理もスイーツもとても美味しくて、皆さん大満足の様子でした。

 

 午後の部は、冨田さんと私のコラボトークです。緊急を要する放射能と電磁波の対策を中心に話をすすめました。私からは遠赤外線や微生物による対処の仕方と酸化と還元について、冨田さんからは、発酵食品によるデトックス法や意識の在り方について話がありました。

 

 トークをしていると話が尽きませんが、会場の都合もあり、1時間くらいで終わりました。皆さんに喜んでいただけるような内容になったと思います。名残惜しい感じでしたが、また、次なる機会を作って、Tukinokiさんに来たいと思います。

 

 大槻さん、スタッフの皆さん、心地よいおもてなしをありがとうございました。参加者の皆さん、またお会いできる日を楽しみにしています。

2016年

9月

25日

東京・国立でのコラボ講座

 9月18日(日)に、東京都国分寺の国立駅の近くにあるagreable musee(アグレアブル・ミュゼ)さんにて「マワリテメクル小宇宙~日本の暦と季節の養生」というタイトルで講座が開催されました。

 

 初めての会場でしたが、とてもおしゃれなお店で、1階はリネンの服のショップ、1階がカフェ・イベントスペースになっています。麻炭などの麻製品、櫨ロウソクなど、なかなか手に入りにくい健康グッズが置いてあり、興味津々でした。

 

 この店のオウナーの石田さんご夫妻はとても素敵な方で、その人柄の良さがお店に反映されているようで、居心地のよい空間でした。癒される感じといってもよいかも知れません。都会の中にあるオアシスといった感じです。手作りで漬物や味噌などを作られているので、その微生物がこの場に棲みつき、心地よいエネルギーを発しているのかも知れません。

 

 

 今回の講座は、冨田貴史さんのご縁で実現したもので、第1部は冨田さんによる「日本の暦と季節の養生」、第1部は、私の講座で「五つの季節と五臓の関係」、そして第3部は冨田さんと私の対談で「今、健康について伝えたいこと」という内容で進行しました。

 

 第3部の対談では、放射能、電磁波、化学物質の対策についての話が中心で、今我々に出来る事は何か、微生物の発酵がもたらす浄化力を活用すれば放射能や電磁波の害も軽減できる、というような内容でした。

 

 15名くらの方々にお集まりいただき、皆さんとても熱心に聞かれていました。冨田さんの話は具体性があってとても面白く、私も勉強になりました。方向性が同じせいか、冨田さんと話していると話が尽きません。素敵な場を提供していただいた石田さん、参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

 

 agreable musee 詳しくはコチラ

2016年

9月

24日

ベジガーデンの五行講座・土曜日クラス

 9月17日(土)にベジガーデンにて陰陽五行の望診・手当て法・料理法講座の土曜日クラスの第4回が開催されました。午前中の料理教室では火曜日のクラスと同じ料理が作られていましたが、作る人が違うと不思議ですが味が違います。作り手の波動なのだと思いますが、この微妙な変化が面白いです。

 今回は、ひじきご飯のひじきの味が濃かったせいか、味に引き締まりがあって前回よりも美味しく感じました。ひじきを抵抗なく子供たちに食べさせるのに、このひじきご飯はピッタリです。ひじきの煮物が余ったら、ご飯に入れると二度楽しめてよいですね!

 

 豆乳ごま豆腐は、前回の方が盛り付け方がおしゃれだったせいもあり、より美味しかったような気がします。豆乳入りのごま豆腐は初めて食べましたが、普通のごま豆腐よりもクリーミーで濃厚な感じがしました。薄口醤油だけでなく、黒蜜をかけて食べても美味しいそうです。

 

 蓮根ボールのきのこあんかけは、葛の混ぜ具合だと思いますが、微妙に前回と硬さが違っていて、あんが少し柔らかい方が私には美味しく感じました。トッピングしている糸唐辛子の辛みの陰性が、陽性な蓮根と葛にマッチしていて、ビリっとくる感じがとてもよかったです。

 

 肺・大腸の手当て法では、浅炒り玄米スープの素を煮出して飲んでいだきましたが、とても好評でした。高血圧の方には椎茸入りの、肺炎やぜんそくの方には冬虫夏草入りのスープがおすすめです。肺や大腸に溜まった水毒を抜いてくれるので、むくみが取れ、セキやたん、鼻水が治まり、体温が上がります。

 

2016年

9月

22日

ベジガーデンの五行講座

 福岡県筑紫野市にあるベジガーデンにて、4回目の五行の手当て法・望診法・料理教室が開催されました。今回のテーマは秋・皮膚や呼吸器のトラブルに肺・大腸の手当てと望診法~大根を使った手当て (黒炒り玄米スープ、椎茸スープなど)ぜんそく、アレルギー、ヘルペス、とびひの対策でした。

 

午前中は秋の経絡である肺・大腸経をよくする食材を使った仲ひろみ先生による料理教室でした。

今回のメニューは

 

     ●厚揚げのチリソース

     ●畔越とひじきの薬膳混ぜご飯

     ●蓮根ボールのきのこあんかけ

     ●ごま豆乳豆腐

     ●冬瓜スープ 中華風 でした。

 

赤唐辛子に塩、麦味噌、甘酒、醤油、料理酒、ごま油、酢、くず粉、青ネギで作られたチリソースの味は抜群に美味しかったです。呼吸器によい蓮根と、リンパ管の目詰まりを改善するキノコ、体を温めるくず粉を組み合わせた蓮根ボールのきのこあんかけも、肺・大腸系の強化にピッタリの料理でした。

 今回の手当て法は、浅入り玄米スープ椎茸入りを作りました。秋口に多くなる呼吸器疾患や皮膚疾患の食薬になるだけでなく、膠原病やリウマチ、アレルギーといった自己免疫疾患に効果的です。

 

 大根を使った手当て法として、利尿作用のある第二大根湯と発汗作用のある第一大根湯の実践ワークも行いました。いざという時に、手当て法を習っておくと応急処置ができるので安心です。食べ物を使った手当て法は副作用がなく、お金もかからず、しかも効果的。知っておくととても便利です。

 

 手当て法の実践の後は、オートミールクッキーと玄米ラテでコーヒーブレイクです。秋月で手に入れた最高級の本くず粉をふんだんに使ったクッキーの味は抜群でした。皆さん、体も心もほんわりと温まり、笑顔で帰っていきました。

2016年

9月

21日

カフェMOLTY NODE 講演

 9月10日(土)に東京の荒川区にあるカフェMOLTY NODEさんにて「心とからだをキレイにするマクロビオティック」講演会が開催されました。こちらでの講座は今回が初めてでしたが、カフェの一角にあるヨガスタジオ内に20名くらいの方々にお集まりいただき、とても和やかな雰囲気で話を聞いていただきました。

 

 MOLTY NODEのスタッフの平原さんは東京都内で開催されたマクロビオティック指導者養成講座(MI塾)の卒業生です。現在CI協会で開催されている陰陽五行講座に参加されている千葉芽弓さんに企画していただき、この会を開催することができました。

 

 今回の話の内容は陰陽五行の入門編で、五臓と季節、感情、食べ物との関係を詳しく解説させていただきました。また、秋の時期の養生法やプチ断食の効用、月のリズムの活用法など、盛りだくさんの内容でしたが、皆さんとても熱心に聞いて下さり、ありがたかったです。

 講座の後は、MOLTY NODEさん手作りのランチです。秋の季節に弱りやすい肺・大腸系を強化する食材がたくさん使われていて、見た目もきれいで味も抜群に美味しかったです。こちらのカフェで販売されている玄米甘酒と手作りマフィンもついて、皆さんとても満足顔でした。

 

 また、時々こちらで講座を開催したいと思っています。日程が決まりましたらお知らせします。お楽しみに!

 

 MOLTY NODE 詳しくはコチラ

 

2016年

9月

18日

新潟プチ断食セミナー2日目

 新潟プチ断食セミナーの2日目は長谷川住職指導による勤行から始まり、参加者全員で法華経を唱えました。木魚のリズムでお経を唱えると、その音波で細胞が振動し、活性化するのが分かります。

その後は、地元でヨガ教室SMILEを主宰されている栗原ゆき子先生の指導によるヨガのワークです。

 

 栗原先生のヨガは、とてもやさしいもので、からだがほぐれ、ゆらぎが戻った感じです。笑顔のとても素敵な先生でした。

 

 ヨガの後は、梅醤作りをして、出来上がった梅醤で梅醤番茶を飲んでもらいました。朝、梅醤番茶を飲むと胃腸が温まり、活力が湧きます。低血圧や冷え性、便秘症、弱った胃腸の改善にピッタリの飲み物です。

 写真の一番左側がこの会の主催していただいたマウイストアのまゆみさん、真ん中はホメオパシーセンターアメリの橘さん、右は本行寺の長谷川さんです。本堂の一角に出店をしていただいたのですが、とてもにぎわっていました。

 最終講座は私の担当で、タイトルは 「カタカムナの知恵に学ぶ~美感電圧と言霊で美しくなる!」 

でした。プチ断食で美感電圧が上がると、よい運気を引き寄せることができます。また、楽をむさぼると苦をもたらし、苦に立ち向かうと楽が来るという「苦楽の法則」について話をさせていただきました。

 

 皆さんの顔色が初日と打って変わってキラキラと光輝いているのを見るにつけ、プチ断食が効果を実感します。断食の2日目は排毒反応が出るので、頭痛がしたり、眠くなったりといった体調不良が現れる場合が多いのですが、今回は、そうした不調を訴える人が少なくて良かったです。3日目になると体も心もスッキリするので、プチ断食セミナーの終了後も自宅でもう1日断食を継続するという方が多かったです。

 

 最後は、参加者全員でプチ断食での体験を発表してもらう感想シェアリングをしました。それぞれの方がどのような体感をしたかを聞くのはとても勉強になるので、断食会の一番楽しい時間でもあります。たった2日間ではありましたが、皆さん一人ひとりに心地よい変化があったようです。これからの人生にきっと、このプチ断食の体験は役に立つと思います。

 

 また、来年もぜひ、新潟でプチ断食セミナーの第2弾を開催したいと思います。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。           

2016年

9月

17日

新潟プチ断食セミナー1日目

 9月8日~9日にかけての1泊2日で、新潟県五泉市にある本行寺にて新潟プチ断食セミナーが開催されました。新潟でのプチ断食セミナーは今回が初めてです。新潟県内だけでなく東京からの参加者もあり、総勢25名で無事スタートすることができました。

 

 今回のセミナーは本行寺とホメオパシーセンター・アメリ、マウイストアの共催で開催されました。

初日は私のプチ断食セミナーの効用の話の後に、本行寺住職の長谷川観樹さんの講話がありました。仏教(法華宗)の考え方の中にもマクロビオティックと共通するものがあり、目指す方向性は一緒なのだと納得しました。

 座学の後は、近くの公園に行き、アーシングの時間を設けました。裸足で大地の上を歩くと、何とも言えない心地よい感じがします。雨が降った後で草が湿っていたのですが、湿り気があった方がアーシング効果が上がります。20分程度のアーシングでしたが効果は抜群で、体に溜まった静電気が抜け、大地からパワーを充電できてスッキリしました。

 温泉入浴の後は、身近な食べ物による手当て法の時間です。生姜油の作り方と生姜湿布の実践を行いました。お腹に生姜湿布をあてると副交感神経にスイッチが入り、全身の緊張が解け、血液の流れがよくなるため、温泉に入っているような心地よい感覚に包まれます。

 

 肩とお腹、腰の3か所に湿布を当てたのでプチ断食の効果が高まり、長年体内にため込まれた汚れが抜けていきます。皆さんの顔色がピンク色に変わり、血色がよくなりました。

 生姜湿布で至福の時間を過ごした後は、本行寺の長谷川住職の御兄弟が集まり、雅楽の演奏がありました。私も目の前で雅楽の演奏を聞くのは初めてだったのですが、神聖なる雅の世界に引き込まれるような感じを受けました。皆さん、雅楽の音色の響きによって、さらに心も体もパワーアップできたようです。

 

 雅楽の演奏の後は、お待ちかねの玄米甘酒タイムです。葛と生姜、塩を入れた玄米甘酒は、麹のパワーによってお腹の調子が整います。体も温まり、皆さん、心地よく眠ることができたようです。

2016年

9月

16日

千葉・カフェどんぐりの木講演

  9月7日(水)に千葉市内にあるcafeどんぐりの木さんにて、「わ・和・和!のごはん~食事が変わるとからだが変わる、からだが変わると心が変わる、心が変わると人生が変わる」をテーマに講座か開催されました。

 

 cafeどんぐりの木さんでは、以前にも何度か講座を開催していただきましたが、私が単独で行う講座は久しぶりでした。この日は天候に恵まれ、子どもさん連れのお母さん方がたくさん集まり、とてもにぎやかでしたが、皆さんとても熱心に聞いていました。

 

 子供たちの性格を変えようとしてもなかなか難しいのですが、意識と腸が関係していることがわかれば、腸に入ってくる食事を整えることで性格を変えることができることに気がつくはずです。また、臓器の弱りと性格も関係していて、肝臓が弱るとムカムカする性格が、心臓が弱るとカッカする性格が、胃が弱るとくよくよする性格が、肺が弱るとぐずぐずする性格が、腎臓が弱るとオドオドする性格が現れます。これらの性格も食事を整えることで変わっていきます。

 

 講座の後は、Tanagokoro DELEの山本久美子さんの手作りマクロビオティック弁当を食べながらの食事会でした。食事をしながら質問タイムを設けましたが、たくさん質問が飛び出して、お母さん方の食への真剣さが伝わってきました。

 

 また、来年も時々講座に伺いたいと思います。参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

 

2016年

9月

15日

千葉県・大多喜町訪問

 千葉県夷隅郡大多喜町に行ってきました。来月末にこの地で開催される千葉プチ断食セミナーの会場の下見のためです。素敵な古民家が散在していて、宿泊施設をいろいろとあたったのですが、廃校になった老川小学校の施設が研修施設としてピッタリだったので、ここで開催することに決めました。

 

 2013 年に廃校になった老川小学校は、現在「地域活性化」の拠点として 再利用されています。コンセプトは「エコ・フューチャーセンター」。「フ ューチャーセンター」とは、北欧から生まれた「未来をつくる仕組み」と いう意味で、多様な関係者が従来の組織や枠組みを超えて集まり、自由な 発想の討論を通して、課題を選び、解決していく「場」をさしています。

 

 随所に木が用いられて作られた建物は、アート感覚に満ちており、見晴らしの良い高台に建っているので体が癒される感じがしました。ここなら参加者の皆さんに心地よく過ごしていただけると思います。

温泉あり、コンサートあり、散策あり、ヨガあり、手当て法の実践ありのプチ断食セミナーなので、心も体もリフレッシュできると思います。関東近辺でのセミナーが少ないので、ぜひこの貴重な機会をご活用ください。

 

 千葉プチ断食セミナー 詳しくはコチラ

 

 この大多喜町を選んだ理由は、ここに最近移住されたヨガ講師・マクロビオティック料理人である森山幹麗先生のおかげなのです。この大多喜町には農的な暮らし方を求めて、若い人達がたくさん移住してきているとのことでした。古民家を上手に活かした宿泊施設だけでなく、薬草園や県民の森、大多喜城など、散策スポットも充実していて、スローライフを送るのにピッタリの町です。

 

 その晩は森山先生のお宅に泊めていただいたのですが、そのお宅で森山先生のお知り合いの方に声をかけていただき、持ちよりでマクロビオティック懇親会を開いていただきました。隣町に住むブラウンズ・フィールドのデコさんとご主人のエバレットさん、スタッフの皆さん、カラトラリーボックスの飯島光太郎さん、蔵精の横山ご夫妻、シンガーソングライターの小泉和弘さん、この町に住み半農半Xの生活をされている根本ご夫妻など、18名の方々にお集まりいただき、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

 来月末の千葉プチ断食セミナーの2日目の晩に小泉和弘さんにはコンサートをお願いしました。また、

デコさんには3日目の午前中に、森山先生と私、デコさんの3人でコラボトークをすることになりました。素敵なセミナーになりそうで楽しみです。

 持ち寄っていただいたお料理はどれも素晴らしく、素材を吟味し、手間ひまのかかったものばかりでした。私は、仙台プチ断食セミナーの翌日だったので、すぐにお腹がいっぱいになり、あまり食べられなかったのが残念です!

 

 森山先生のお宅は大きな古民家で、大広間は30名くらい入れるくらいの広さがあり、ビックリしました。ここで将来、農家民宿をする予定だそうです。大多喜町の方々や近隣の意識の高い方々といろんな話が出来て、とても楽しく有意義な会になりました。食事会の前に私の講義を1時間くらいさせていただいたのですが、森山先生のお宅のお披露目会として、私もささやかな応援が出来て良かったです。

2016年

9月

14日

仙台プチ断食セミナー3日目

 仙台プチ断食セミナー3日目は、畠山さゆり先生による「代謝があがるストレッチ&エクササイズ」のワークでスタートしました。参加者の皆さんの表情が初日と比べるととても柔和になり、笑顔があふれ、光輝いていました。二日目に頭痛があった方も、すっかり元気になり、断食効果が出てきました。

 

 エクササイズの後は、この会を主催してくれた3人の主催者による体験発表の時間です。3人共、東北で開催されたMI塾の卒業生です。大石さん、渡辺さん、山口さんの順番で20分づつ発表してもらったのですが、素晴らしい内容に私もビックリしました。3人ともプチ断食セミナーを通じて精神的にも大きく成長し、進化している姿に感動しました。

 

 主催するのは企画から始まって、旅館・講師との打ち合わせ、広報活動、準備など、やることが盛りだくさんで、本当に大変だったと思います。でも、「苦に立ち向かうと楽が来る」という宇宙の法則の通り、断食会を終えた時の達成感や満足感、充実感は誰よりも大きかったのではないかと思います。

 

 

 セミナーの締めくくりは、畠山先生、高橋先生、私の対談トークです。畠山さんに司会進行をお願いし、1時間くらいのコラボトークでしたが、プチ断食に関することだけでなく、「聖なる性のあり方」まで話が及び、大いに盛り上がりました。

 

 まだまだ、話を聞きたいという雰囲気でしたが、私がまとめの話をして、すべての講座が終了しました。

 講座の後は、小豆玄米粥で回復食です。初日にも小豆粥をいただきましたが、3日目になると美味しさもひとしおで、満足感も倍増でした。皆さん、美味しいと大好評でした。

 

 最後は、感想のシェアリングタイムで、参加者全員に3日間のプチ断食での変化や感じた事などを体験発表をしてもらいました。この時間がセミナーの中での一番のクライマックスと言ってもよく、生命歓喜状態となって泣き出す方もいました。

 

 参加者の感動する姿を見るにつけ、開催して良かったという安堵感に満たされます。来年もまた、この地で開催したいと思います。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

2016年

9月

13日

10.28-10.30 2016千葉プチ断食セミナー 【千葉県】

10月末にたなごころ様主宰のプチ断食セミナーの

会場が変更になりました。

都心からのアクセスもよくなり、今回限りのスペシャル価格で、参加しやすくなりました。 

 

特別ゲストに料理研究家でブラウンズフィールドを主宰されている中島デコさんをお迎えして行います!

  

 よかったご参加ください。

 

2016千葉プチ断食セミナー

 

開催日:2016年10月28日(金)~30日(日)

 

会 場:旧大多喜町立老川小学校  
〒298-0265 千葉県夷隅郡大多喜町小田代535  TEL:0241-82-2407
     アクセス 東京駅八重洲口前より京成高速バスにて「たけゆらの里」前下車
    *JR上総一ノ宮駅から/道の駅たけゆらの里から送迎あり(要予約)

 

受講料:(2泊3日)  大人45,000円 子供20,000円(小学生以上)
     (宿泊費、酵素代、ハーブドリンク代、研修費用、保険料を含む) 
*今回限りの特別価格!

 

定員: 30名 (現地集合・現地解散)

お申込み・お問合せ先:マクロビオティック料理教室 たなごころ
E-mail:tana5colo@gmail.com
Tel:(090)9360-5109 山本久美子
*お申し込みはメールでお願いします。

スケジュール

10/28(金)
12:00   現地集合
12:30   開会式 オリエンテーション
13:00   第1講演  岡部賢二
「身も心もリセットできるプチ断食」
15:00  導入食(玄米小豆粥)
16:00   散策
17:00   温泉タイム・自由時間
19:00   ヨガ 森山幹麗
20:30   懇親会
22:00   就寝

10/29(土)
6:00  起床
6:30  ヨガ 森山幹麗
8:00 梅醤番茶タイム
9:00  第2講演  岡部賢二
「ゆっくり、のんびり、自然のリズムで暮らす」
11:00  散策
温泉入浴
16:00  第3講演  岡部賢二
「宿便取りのための生姜湿布のワーク 」
18:30 コンサート(小泉和弘)
20:00 玄米甘酒を飲みながらの懇親会
22:00  就寝

10/30(日)
6:00  起床
6:30  ヨガ 森山幹麗
8:00  梅醤番茶タイム
9:00  岡部先生・中島デコ先生・森山先生対談             
「 自然から学ぶ生き方・暮らし方 」
11:00 回復食(小豆玄米粥)・アンケート記入
12:00 体験発表~プチ断食を終えて感じたこと~
13:30 解散


講師・ゲスト プロフィール

プチ断食・手当て法指導
岡部賢二

ムスビの会主宰。正食協会理事。
全国でマクロビオティックの講演や健康指導を行う。著書に「マワリテメクル小宇宙」(ムスビの会出版)「月のリズムでダイエット」、(サンマーク)「ぐずる子さわぐ子は食事で変わる!」(廣済堂出版)、「月のリズムで
玄米甘酒ダイエット」(PARCO出版)がある。

ヨガ指導

森山幹麗

くつろぎ工房主宰。日本CI協会マクロビオティック・ヨガ教室主任講師。千葉県夷隅郡大多喜町にて、無農薬有機農業を実践しながら代々続く自然食品店の経営とマクロビオティックとヨガの普及活動を行う。

特別ゲスト

中島デコ

マクロビオティック料理研究家。「ブラウンズフィールド」「ライステラスカフェ」「慈慈の邸」では、さまざまなイベントなどを開催。料理本やエッセイなど著書も多数ある。

特別ゲスト

小泉和弘

 

千葉県大多喜町(養老渓谷)の地を愛し、東京から移住。
東京で音楽活動を行っていたが、近年の過疎化に伴い、このままではいかんと奮起。大多喜町で音楽による町おこしを展開中!

 


2016 千葉断食セミナーチラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 970.6 KB

2016年

9月

13日

プチ断食セミナー開催場所の変更について

10月28日~10月30日の”たなごころ”様主宰の「奥会津プチ断食セミナー」の開催場所が

千葉県に変更になりました。

都心からのアクセスも良くなり、さらに参加しやすくなりました。

よかったらご参加ください。

 

詳細はコチラ

2016年

9月

13日

仙台プチ断食セミナー2日目

仙台プチ断食セミナーの二日目は、梅醤作りのワークの後、みんなで梅醤番茶を飲み、畠山さゆりさんのストレッチとエクササイズで体をほぐしました。引き続き、私の担当講座「美感電圧を高め、心の宿便取りをしよう!」で学んだ後、散策に出掛けました。

 

 大深沢から紅葉の名所である鳴子峡に抜けるハイキングコースを1時間かけて歩きます。緑の木々の発するマイナスイオンをしっかりと浴びて、心と体のアカが落ちていく感じでした。大地や木々とアースすることで血液の流れも良くなり、プチ断食効果が高まります。

 深沢の水は透明感があり、清々しい空気感が漂っていました。自然界は我々に空気やマイナスイオン、清涼感、振動といったエネルギーを無償で与え続けてくれています。こうした何事も要求されない世界だからこそ、ゆっくり、のんびりとした人間本来のリズムに戻れるのかも知れませんね。

 

 プチ断食を行う上で大事なのは、どこで行うのかという「場のエネルギー」です。一見、経済成長から取り残された感のある東鳴子温泉のひなびた風情、湧き出る温泉のパワー、里山や森林の発する植物のエネルギー、鳥や虫、生き物、微生物の発する音波や振動、そうしたものが一体となって我々を癒してくれているのです。

 

 都会のエネルギー場の低い場所でプチ断食を行うのと、こうした場のエネルギーの高いところで実践するのでは雲泥の差が生じるので、時には、こうした転地療養をすることをおすすめします。散策の後、皆さん、清々しい顔になりました。

 散策が終わり、休憩の後は、高橋真由美先生による「門外不出の秘伝・門学講座」でした。高橋さんは畠山さゆりさんのお姉さまで、海外生活の後、北海道に移住され、洞爺湖畔のご自宅でECOな生活をされています。

 

 私も門学を勉強したのは初めてでしたが、陰陽五行の考え方がベースになっていて、とても分かり易かったです。自分の門が何であるかは生年月日を基に鑑定をしてもらわないと分かりませんが、自分の持って生まれた門と社会性との関係がわかると、自分の性格に納得がいき、その後の人生に活かすことができます。

 その後は、ギタリストで音楽家の福田正二郎さんをお招きして、ギターコンサートによるリラクシングタイムを持ちました。福田さんの演奏は昨年に引き続き、今回で2回目となりますが、福田さん作曲のオリジナルの曲は天から降りて来た作品ばかりで、魂を揺り動かされるような感動を受けます。

 

 プチ断食中は感受性が研ぎ澄まされているので、ギターの音色や波動が皮膚からダイレクトに細胞に染み渡る感じがします。皆さん、心地よい振動で心も体もリラックスできたようでした。

夕方の入浴時間の後は、生姜を使った手当て法のワークです。今回は生姜油作りと生姜湿布に実践を行いました。お互いに手当てをしあうスキンシップで心の垣根が取り除かれ、親近感が増します。生姜湿布の温熱でお腹が温まると、全身の緊張が抜けて血流が良くなり、何とも言えない心地よい気分になります。

 

 心も体も温まり、リラックスした後は、玄米甘酒タイムです。葛と生姜、塩を入れて作った玄米甘酒は、麹の醸し出すさまざまな酵素やビタミン、アミノ酸等によって、体に活力をもたらしてくれます。プチ断食中で、何よりも至福の時間が甘酒タイムです。皆さん満ち足りた気分で、ぐっすりと眠れたようでした。

2016年

9月

12日

仙台プチ断食セミナー1日目

 9月3日~5日の2泊3日で、宮城県の東鳴子温泉・旅館大沼にて仙台プチ断食セミナーが開催されました。今年で3回目の開催となります。今回は参加人数が多く、総勢30名くらいになりました。遠くは京都、東京、千葉からも参加があり、とても活気のあるセミナーになりました。

 

 初日は私の講義「長寿の秘訣はプチ断食にあった!」に続いて、旅館大沼の湯守・大沼伸治さんによる「湯治のあるある生活」について話を伺いました。出来上がったばかりの「しあわせおんせんわたし学」という小冊子をいただき、それを見ながら温泉の効用について解説してもらいました。大沼さんは、さすが日々温泉に入っているだけあって、皮膚がピカピカで、後光がさしているような感じです。

 

 旅館大沼さんでは、1日1食の素食プランやプチ断食で過ごす湯治プランもこれから用意されるとのことで、とても楽しみです。今までの温泉に入ってご馳走を食べるという従来の過ごし方から、素食でリフレッシュするという全く新しい温泉スタイルが流行るかもしれませんね!

 講義の後は、散策の時間です。旅館大沼から徒歩10分の所にある河川敷公園で、大地とアーシング(グラウンディング)しました。体に溜まった静電気が抜けて大地から自由電子が補給され、血液の流れがよくなり、体全体の緊張が解かれます。

 

 私も裸足で大地の上にアースしましたが、本当に気持ちが良かったです。ちょうどこの日は天気もよく、心地よい風に吹かれながら、エネルギーを充電できた感じです。

 参加者の顔から緊張感がとれ、笑顔になったのが印象的でした。

 旅館大沼の研修棟は、旅館から徒歩7~8分の所にあり、緑に囲まれた静かな里山にひっそりと建っています。回りは緑一色で、居ながらに癒される感じの場所です。棟内には調理場もあり、プチ断食にはピッタリの施設です。ここは場のエネルギーが高いので、断食の効果が上がります。

 夜の部と翌日の朝はソーベーズカフェのオウナーで、美人社長の畠山さゆり先生から「しあわせ脳をつくる断食のメカニズム」の話と、「代謝があがるストレッチ&エクササイズ」の実践がありました。さゆりさんの話は面白く、笑いが絶えませんでした。こうして断食1日目は、楽しく過ぎていきました。

2016年

9月

06日

10.27  ぐずる子さわぐ子は食事で変わる【東京都】

岡部先生の10月の東京講演のお知らせです。

主宰は武蔵小杉でマクロビオティックをベースにした妊婦さん・母乳ママさん・赤ちゃんの体に優しい食事のサポートをされている”おしゃもじサロン”さまです。

 

テーマは「ぐずる子さわぐ子は食事で変わる」

 

2月からは、おしゃもじサロンさま主宰で連続講座「子育て陰陽五行講座」もスタートします。

今回はその導入編ともいえる講座です!

 

実生活でも4人の子育て中、岡部先生の

体験を交えた目からウロコのお話会です。

よかったらご参加ください。

岡部先生講演会

ぐずる子さわぐ子は食事で変わる

 

 

開催日:2016年10月27日(木)

 

時間:10時~12時半

 

会場:青少年プラザ 第2レクレーションルーム

    東京都目黒区中目黒二丁目10番13号 中目黒スクエア内

アクセス  

東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車 徒歩10分
東急バス 東京共済病院下車 徒歩2分
東急バス 正覚寺下車 徒歩8分

 

参加費:4,500円

 

お子様連れ大歓迎!

・席に限りがございますので申し込みの際必ずお子様連れと明記ください。
・お子様の飲み物、食べ物は添加物や砂糖不使用なもの。アレルギー配慮したものでお願いいたします。

 

*2月開講『子育て陰陽五行講座5回コース』はこちらの講演会参加の方優先にご案内致します。
当日申し込みで割引きもあります。

 

 

お申込先:メールでお願いします。

       oshamojisalon@gmail.com

      ①名前②当日連絡のつく連絡先③子連れの有無を明記くださいませ。

      *参加費の振り込み完了後、正式に受付となります。

 

お問い合わせ先:おしゃもじサロン

 

詳しくはコチラ

2016年

9月

02日

八王子・さくら亭講演

 8月29日に八王子にあるナチュラルカフェさくら亭にて「暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座」の第1回が開催されました。3回シリーズの第1回のテーマは「陰陽五行の知恵に学ぶ~秋の養生法と望診法(肺・大腸系)」で、秋口に弱りやすい経絡である肺・大腸系について、弱るとどのような症状が現れるのか、またその対策となる食事法や手当て法、生活法について解説しました。

 

 八王子講演は初めてだったのですが、20名弱の人が集まり、皆さんとても熱心に聞いていただきました。さくら亭のオウナーの篠本さんは、日本CI協会で昨年開催された食育入門講座と陰陽講座に毎回来ていただき、懇意にさせていただいておりました。そのご縁で、今回初めての講座を開催することができました。

 私の講座の後は、篠本さん手作りのマクロビ弁当でランチ会です。参加者と交流しながらの食事会はアットホームな雰囲気で良かったです。さくら亭さんでは、定期的にマクロビオティックの料理教室も開催しています。手作りの天然酵母パンも美味しいので、ぜひ一度行ってみてください。

 

 次回は10月31日(月)で、「土用の養生法と望診法」ということで、陰陽五行の胃・脾臓系について解説します。

ぜひ、ご予約の上、いらしてください。

 

 さくら亭 詳しくはコチラ

2016年

9月

02日

栃木プチ断食セミナー 二日目

 栃木プチ断食セミナーの二日目は中園美奈子先生によるヨガでスタートです。昨日の夜は「体の声を聴くヨガ」、

今朝は「太陽をいただくヨガ」、三日目は「陰陽ヨガ」を指導していただきました。中園先生の素晴らしいのは、陰陽や五行、経絡といったことを勉強されているので、季節や体質に合わせたヨガをわかりやすく教えてもらえることです。私は、体がサビついていたようで、ヨガで血のめぐりがよくなり、サビ取りが出来たようです。

 

 ヨガの後は、奥秋先生に「発酵のお話~麹の恩恵」というテーマで麹の素晴らしさについて、また杉村先生には「ムーンカレンダー作成~月をリズムでハッピーライフ~」と言うテーマで、暦のワークを交えて解りやすく講義していただきました。

 昼からは、パワースポット散策だったのですが、あいにく外は雨が降っていたので、急きょ予定を変更し、梅肉葛練り作りのワークをしました。プチ断食中の食事代わりに、梅肉エキスを入れた葛練りは胃腸の強化になるだけでなく、体も温まり、精神的にも落ち着きます。15分くらい練ったあと、米飴シロップをかけていただくのですが、とても好評で良かったです。

 

 その後、中園先生と私のコラボで「陰陽五行とヨガ」のワークを行いました。私が五行の解説をし、中園先生が、五臓を整えるボディーワークを披露してくれました。パワースポットには行けずに残念でしたが、皆さん、満足していただいたようでした。

 夕方には、食物を使った手当て法のワークで、生姜油と生姜湿布の実践をしました。プチ断食中にお腹や腰を温めると何とも言えない気持ち良さに包まれます。夏場の冷房や冷たい飲み物で冷えた胃腸を温める生姜湿布は、初秋の頃に実践すると、体調が整いやすくなります。

 入浴後、狩野嘉宏さんによる横笛の演奏がありました。自分で作曲されたオリジナル曲を含めて1時間くらい演奏していただき、その心地よい波動で、身も心も清められた感じです。演奏の途中に横笛のワークがあり、私も初めて吹かせてもらいました。はじめは音が鳴らなかったのですが、コツがわかり、音が出るようになると面白くなり、私も横笛を習いたくなりました。

 

 この日の最後は、今日の午前中に奥秋先生に仕込んでもらったフルーツ甘酒がふるまわれました。ちょっと発酵していて何とも美味しかったです。満腹感があって、断食していることを忘れてしまうくらいです。

 最終日は、講師陣4名によるトークです。「光輝く未来に向けて、今私たちができること」 というテーマで、まず私が基調講演をし、麹や乳酸菌といった微生物が世界を救うという話をさせていただきました。それを受けてみんなでトークをしたのですが、盛り上がって楽しかったです。トークしながらいろんな気づきやひらめきがあり、私自身が一番勉強になった感じです。

 

 最後は、参加者全員による感想のシェアリングをし、素晴らしい笑顔で無事プチ断食会を終えることができました。今回は、手作りの甘酒を用いた効果がかなりあったようで、体の心地よさが今までで一番感じられたプチ断食でした。甘酒の仕込みが大変ですが、その分、感動も大きかったです。ご参加いただいたみなさん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

2016年

9月

02日

栃木プチ断食セミナー 一日目

 8月26日から28日までの3日間、栃木県鹿沼市にある古峯神社にて、栃木プチ断食セミナーIN鹿沼が開催されました。初日はよい天気で、清々しい空気がただよう中、東北、関東、中部地域から十数名の方が集まり、無事開講することができました。

 

 今回のプチ断食セミナーは、従来使用してきた酵素ドリンクは使わず、スタッフが手作りした玄米甘酒を用いて実践するというもので、私にとっても初めての試みでした。また、このプチ断食セミナーでは「発酵」について学び、、麹を使った発酵食品でデトックスをするというのがメインテーマでした。

 

 初日の私の講義は「玄米甘酒プチ断食でお腹を完全燃焼状態に戻せば若返る!元気になる!美しくなる!」が

テーマで、プチ断食の効用と、お腹でくずぶった食べ物に火をつける着火剤の役割をする発酵食品の素晴らしさについて話をさせていただきました。

 講義の後は、古峯神社の庭園を散策しました。台風によって浄化されたためか、いつもにも増して緑の植物からやってくる心地よいエネルギーを感じることができました。

 散策の途中に、裸足で大地とアーシングする時間を設けました。体に溜まっていた静電気が抜け、大地から自由電子が取り込まれ、血液の流れがよくなるのがアーシングの素晴らしさです。皆さん、にこやかな顔になり、パワーアップしたようです。

 お風呂と自由時間でゆっくりと過ごしていただいた後は、この会の講師である奥秋先生に甘酒作りのやり方を披露していただきました。自家製甘酒を作る秘訣がよくわかりました。奥秋先生のつくる甘酒は格別に美味しくて、フルーティーな味がします。あまりの美味しさに感動しました。1日に300ccの甘酒を使ったプチ断食でしたが、甘酒が美味しかったので、お腹が全く空かなかったです。

 玄米甘酒の仕込みが終わった後は、この会の主催者であるHAPPY TABLEの杉村美樹さんによる葛溶き味噌汁の作り方を教えてもらいました。昆布椎茸だしに葛を溶き、火にかけてとろみをつけます。最後に味噌を入れて出来上がりです。味噌も5種類の味噌をブレンドしたので、味は格別でした。

 

 玄米甘酒だけのプチ断食だと飽きるかなとの思いで、葛溶きの味噌汁を飲んでもらうことにしたのです。

塩気が入ることで体がシャキッとする感じですね!100種類以上の酵素を作りだす力を秘めている麹を使っていると言う点で、甘酒も味噌もすごいデトックス効果が期待できます。。葛のとろみと味噌の風味がマッチして、何とも美味しかったです。

 

 最後に、自己紹介タイムがあり、この日は無事終了となりました。

2016年

9月

01日

千葉の地球環境にやさしい暮らし方講座

 8月24日(水)に千葉で地球環境のやさしい暮らし方講座の第4回が開催されました。今回のテーマは「アレルギーは化学物質過敏症です!~食事と手当てで改善しよう!」で、自己免疫疾患について解説しました。最近、急速に増加している食物アレルギーや多発性硬化症、関節リュウマチといった自己免疫疾患は40種類にも及びますが、原因は不明とされています。

 

 腸は考える臓器であり、何を取り込むか、排泄するかを絶えず考えていて、体に害を及ぼすようなものが入ってくるとすぐさま下痢を起こして排除してくれます。反対に人体に有効な食べ物が入ってきた場合は、消化液を分泌し、食べ物を攻撃しないように免疫細胞にも指示を出します。

 

 ところが、何らかの原因で腸管神経細胞がマヒすると、自分にとってダメなものを取り込め、ためになるものを出せという間違った判断を下すようになります。その結果、免疫細胞は本来攻撃してはいけない食べ物や臓器に攻撃をしかけるため、自己免疫疾患が引き起こされるのです。

 

 その原因となるものは何か。どんな食べ物で改善できるのか、といった原因と対策をリンパ管の目詰まりという立場から詳しく説明させていただきました。

 

 私の話の後は、森山先生による肺・大腸系(リンパ系)の働きを高めるヨガの実践ワークがありました。ヨガは自己免疫疾患に改善効果をもたらしてくれる優れた自然療法です。ヨガで体のリンパの流れが良くなったところで、この会の主催者である山本久美子さんお手製のお弁当によるランチです。

 

 今回のお弁当は、肺、大腸系の食薬となる食材がたくさん活用されていました。体にも良く、食べて美味しいランチに皆さん満足顔でした。次回は12月19日(最終回)で「ガンなどの原因となる放射性物質は、食べ物のチカラで排泄できる!」というテーマで放射性物質への対処の仕方について詳しく解説します。ぜひ、いらしてください。

2016年

8月

31日

栃木の陰陽五行スキルアップ講座

 8月30日(火)に栃木県宇都宮市のHappy Table さんにて陰陽五行スキルアップ・食養指導マイスター養成講座の第7回が開催されました。前日は台風9号の通過により、栃木県は大荒れの天気だったのですが、この日は風雨も収まり、無事開催することができました。

 

 今回のテーマは「陰陽五行の秋編・肺と大腸のトラブルの原因と対策・望診法」で、リンパの詰まりが万病を引き起こすという話をさせていただきました。秋になると体内の下水管に相当するリンパ管の目詰まりが起こりやすく、それにより呼吸器や皮膚の疾患が増えてきます。

 

 リンパ管に目詰まりしやすい食べ物とは何か、リンパ管の大掃除役となる食べ物や生活法について詳しく解説させていただきました。最近増えてきた多発性硬化症や関節リュウマチといった自己免疫疾患も、このリンパ管の目詰まりによって引き起こされるのではないかと私は考えています。

 お昼は、この会の主催者である杉村美樹さんによる手作りランチです。今回のテーマである肺・大腸系に良い白色や辛みの食材、乾物、きのこ、玄米などが上手に活用されていました。見た目もきれいで、味も美味しかったです。味噌汁の味噌はなんと五種類の味噌をブレンドしています!毎回、創意工夫が見られ、皆さん大満足の様子でした。

 

 ランチのメニューです。

 

            ●小豆とあわ入り玄米ごはん

             ごま塩 紅生姜添え

            ●大根と玉ねぎのお味噌汁

            ●切干大根とひじきの玄米粉のガレット

             投入タルタル添え

            ●根菜の重ね煮 生姜味噌風味

            ●ねちときのこのマリネ

            ●梨の糠漬け

            ●自家製生玄米甘酒

            

               ~スイーツ~

            ●自家製甘酒入り杏仁豆腐

             白きくらげと梨のコンポート添え

 

 午後は杉村さんの講義で、今回のレシピの詳しい説明があり、その後、スタッフの美幸さんに肺・大腸系を強化する五行ヨガを指導してもらいました。料理とワークで、とても癒された感じです。来月は杉村さんによる肺・大腸系を癒す料理法とテーブルセッティング、手当ての実践ワークです。

 

 今年のスキルアップ講座は満席ですが、来年もまた第2段のスキルアップ講座を開催しようと考えています。多少、内容が実践的なものに変わるかと思いますが、五行をしっかりと学びたい、という方にはピッタリの講座なので、楽しみにしていてください。

2016年

8月

30日

花巻・ソーベーズカフェ講演

 8月27日(土)に岩手県花巻市にあるソーベーズカフェにて「人生がぴかぴか輝く女性学講座」「の第4回が開催されました。午前中はソーベーズカフェのオウナーの畠山さゆりさんによる「東洋思想でひもとく女性の節目のとらえ方」講座で、若々しく生きるコツを面白おかしく話していただきました。

 

 講座の後は、ソーベーズカフェの3人のシェフによる料理教室で、今回もまた美味しい料理の数々を指導していただきました。さすがプロの技!というような驚きが随所にあり、とても勉強になりました。

 

   

 今回のレシピです。

 

         ●トウモロコシとじゃがいものクリームコロッケ

         ●夏野菜の冷製味噌汁

         ●セロリとゴボウのグレープフルーツ和え

         ●小豆南京

         ●生おからのキャロブケーキ~クコの実ソース添え~

 

 トウモロコシとジャガイモの配合により、ジャガイモに甘みが加わり、より美味しいコロッケに仕上がりました。

 小豆かぼちゃも、こんなおしゃれな食べ方があるのかとびっくりでした。キャロブケーキに添えられていたクコの

 実ソースは、初めての味でしたが、酸味と甘みがマッチしていて気に入りました。

 

 午後は、私の出番で、「「ホルモンバランスを整える健康法~内分泌力を高める若返りの秘訣」とうタイトルで話をさせていただきました。講座の終了後、懇親会があり、ディナーをいただきながら楽しく懇談することができました。ソーベーズカフェさんのお料理は毎回同じ料理が一つもなく、その発想のゆたかさにいつも驚かされます。ベジでこれだけのお料理を出せるレストランは全国でも数少ないと思います。本当にありがとうございました。

 この日は、たまたま花巻市の商工会が主催する花火大会だったので、畠山さんに近くの河川敷公園に連れていってもらいました。音楽のリズムに合わせてレーザー光線が夜空を照らす中に、美しい花火の数々が打ち上がりました。こんなに間近で花火を見るのは初めてかもしれません。

 

 8時頃になると東の空から月が昇りはじめました。月と花火との組み合わせも初めてで、不思議な幽玄の世界にタイムトリップしたような感覚でした。旅の疲れも吹き飛んで、子供心に戻り、楽しませてもらいました。

素晴らしいひと時をありがとうございました。

2016年

8月

30日

鎌倉公演延期のお知らせ

本日、鎌倉のkamakura24sekkiさまで予定していた

ランチつきお話会は台風接近のため、9/20(火)に延期となりました。

 

くわしくはコチラでご確認ください。

 

2016年

8月

23日

10.4~10.5 滋賀プチ断食セミナー 【滋賀県】

  久しぶりに滋賀県でプチ断食セミナーが開催されます!

  会場は琵琶湖そばの「宿屋きよみ荘」さんです。

  疲れた身体のリセットにいかがですか。

 

滋賀プチ断食セミナー

 

2016年10月4日(火)~5日(水)
会場: 宿屋きよみ荘(滋賀県大津市今堅田3-25-13) Tel.077-573-7111
*JR堅田駅からは約20分(徒歩)、江若バス西地区ローズタウン線「真野浜」バス停下車 
参加費:25,000円(酵素代、宿泊費、保険代、研修費用を含む)
定員:20名  
申込締め切り:9/25(日)

お申し込み・お問い合わせ先
料理教室「いただきます」 岡 一美
〒520-0512 滋賀県大津市大物730-31-302
TEL 090-3789-6080
E-mail: macrobi.shiga@gmail.com

スケジュール

10/4(火) ※現地集合
11:30 受付
12:00 開会式・オリエンテーション
12:30 第1講義  岡部 賢二

      「心とからだをリセットするプチ断食」     14:30 休憩
15:00  琵琶湖散策
16:00 入浴・自由時間
18:00 ワークショップ 谷口 佳世

「快療法のワーク~金魚運動~・温熱療法(アイロン温熱)の実践」
19:30 休憩
20:00 ワークショップ 岡部賢二

      手当て法 ~生姜湿布)~
21:30 玄米甘酒御飲みながらの交流会♪ 
22:30 就寝

10/5 (水)
7:00 朝ヨガ 今井 美紀

     「目覚めすっきり!湖岸で朝ヨガ」
8:00 梅醤番茶タイム・休憩・自由時間
9:00 第2講義 谷口 佳世 

「LET(ライフ・エナジー・テスト)でイノチを守るための体の声を聴く」                        10:30 休憩
10:45 第3講義 岡部 賢二

「潜在能力を開花させるプチ断食~幸せ回避症と苦楽の法則」
11:45 休憩・アンケート・感想のシェアリング
13:30 終了


講師プロフィール

岡部 賢二 

ムスビの会主宰。正食協会理事。正食協会講師として活躍後、福岡県の田舎に移り住み、「ムスビの会」を発足。現在、マクロビオティックの講演 や指導、プチ断食セミナー等で全国を回っている。著書に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」(ムスビの会発行)「月のリズムでダイエット」 サンマーク出版、「ぐずる子、さわぐ子は食事で変わる!」廣済堂出版、「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」(PARCO出版)がある。

谷口 佳世 

万病克服の運動療法「自彊術」の指導資格取得後、指導にあたる。1996年「ここから会」を立ち上げる。同年ATCエイジレスセンター(大阪  南港)にて自彊術講座を開催(至2001年)。NGO団体「ピースボート」に船内講師として乗船し、世界一周の乗客に自彊術を指導する。1997年「快 医学」ステップセミナー修了。2001年に「ここから通信」を創刊。現在(2016.8)175号を数える。2009年には、安心・安全のIPMヘナと出 会い、家庭療法を広める講座など開催している。著書に「まあるくまあるくこころとからだ」    

今井 美紀  

滋賀県守山市在住、ヨガ講師。子どものころ母親が習っていたヨガは遊びの一つで、エアロビクスやダンスのインストラクターとなる。楽しいながらも無理をして身体を痛め、整体や針に通いながらレッスンをする自分に疑問を感じ、 心身のケアになり昔からなじみがあるヨガに強くひかれ本格的に勉強。 今では生活の一部として、自分自身の練習を大切に日々勉強中。 身体にアプローチして心にも響くヨガを指導。 資格:健康運動指導士


2016滋賀プチ断食セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 761.5 KB

2016年

8月

22日

宇都宮講演の延期のお知らせ

本日、栃木県宇都宮市で開催予定のstudio nicoさま主催の講演会

台風接近のため、11/1(火)に延期となりました。

本日ご参加の予定の方にはご迷惑をおかけしますが、

皆様の安全を配慮してのことですので、何卒ご了承ください。

 

2016年

8月

19日

倉敷散策

 関西講演の帰りに、倉敷市にある元気屋さんに寄ってきました。私が自然食品の総合商社であるムソー株式会社に勤めていた時にとてもお世話になったお店です。倉敷市内で1年くらい毎月自然食品店のオウナー対象のマクロビオティック講演会を開催したことがあるのですが、その時に会場の手配等で協力をいただいたのです。

 

 15年ぶりくらいに伺いましたが、店内は昔と変わらず、とても懐かしい感じがしました。料理もしっかりと下味がついていて、どれも美味しかったです。私は日替わりランチをいただきましたが、手作りのおふくろの味を彷彿させるような味わいで、とても満足しました。こういう店がもっと増えて欲しいですね!

 

 

 倉敷市にある美観地区も散策しました。ここから元気屋さんまで徒歩で8分くらいで行けます。この美感地区には伝統的な建築物が沢山残っていてます。江戸時代には天領として栄えた町だけあり、立派な白壁の古民家がたくさんありました。

 

 手作りの工房による陶器、帽子、ガラス細工、藍染め、民芸品など、素敵な作品を置いているお店が沢山あり、散策していると時間を忘れてしまいます。何度も訪れたくなる素敵な場所でした。

 

 元気屋 詳しくはコチラ

 

 

2016年

8月

18日

京都の自然療法講座

 8月7日(日)に京都のちおん舎にて自然療法講座の第4回が開催されました。午前中は谷口佳世先生による講座で、今回は快療法の食・息・動・想・環の「想」をテーマにした「人生は播いた種どおり~取り越し苦労、持ち越し苦労のやめ方」という話でした。

 

 潜在意識に「足りない」という不足感があると、無意識的に取りこし苦労や持ち越し苦労が湧き上がります。「十分ある」「足りている」「明日は明日の風が吹く」というように日々プラスの言葉がけをしていると潜在意識の上書きができます。一つの項目について1000回の繰り返しのアファメーションが必要で、眠る前が一番潜在意識にアクセスしやすい時間帯とされています。

 

 また、自己否定や自己嫌悪が潜在意識に入っていると、無意識に幸せを回避し、自らをダメにする事が好き、ためになることが嫌いというプログラムが発動します。不都合なことが現実化するようなら、幸せ回避症に陥っていると判断し、自己肯定の言葉がけを日々実践してみてください。3か月~半年くらいで人生が好転し始めるのを体感できるはずです。

 

 午後の部は私の担当で、「糖尿病・高血圧に小豆を使った手当て」というテーマでした。糖尿病と高血圧の原因とは何か。なぜ、現代医学では治せないのか。塩は悪者なのか。といった話の後、糖尿病や高血圧の予防薬となる小豆昆布かぼちゃを作りました。また、生活習慣病の改善薬となるゴマ塩づくりも参加者に体験してもらいました。手当て法は体験するのが一番の勉強になります。

 

 

 次回は10月2日(日)です。京都での講座はここだけです。スポット参加できますので、ぜひお近くの方はいらしてください。手当て法と快療法が学べるとても貴重な機会です。

 

 

2016年

8月

17日

大阪・正食協会の講演会

 8月6日(土)に大阪の正食協会で陰陽五行の望診法・手当て法講座の第3回が開催されました。今回のテーマは「陰陽五行の胃・脾臓系の望診と免疫系のトラブルに玄米、葛、甘酒を使った手当て」でした。

ちょうど土用の時期だったので、調子の悪い人が多く、タイムリーなテーマでした。

 

 糖尿病は胃・脾臓系(すい臓系)の弱りからもたらされる症状です。その対策としては、小豆かぼちゃを、また、白砂糖に変わる甘味として発酵甘味料である玄米甘酒をおすすめしています。今回は、玄米甘酒に吉野葛と生姜を入れたものを作って参加された皆さんんに飲んでいただきました。

 

 ビタミンB₁の多い玄米甘酒は夏バテ防止飲料として夏場にピッタリのもので、ウナギよりも土用の時期には甘酒を飲む方が効果的です。小豆カボチャに玄米甘酒を入れて甘味を強化し、凍らせれば小倉アイスになります。アイスクリームの代用品として活用されると良いでしょう。

 

 浅入り玄米スープもまた、胃腸を温めるドリンクとして、今頃から飲むように心がけると、9月くらいから出やすい腰痛、ぎっくり腰、帯状疱疹、セキやタンなどの呼吸器疾患の予防になります。今回の講座では、リンパ管の目詰まりをとり除く干し椎茸を入れた椎茸入り玄米スープを作って試飲していただきました。

 

 陰陽五行を勉強すれば、症状を見て適格に対処することができるようになります。また、手当て法を知っておくことで、病院や薬のお世話にならずに、身近な食物を使って病気やケガに対処することができるようになります。医療費削減のためにも、いざという時の自衛策として手当て法をぜひ身に付けてください。

 

 正食協会の1階にある自然食品店「ムスビガーデン」がリニューアルしてとてもきれいになりました。

イートインスペースもでき、明るくて入りやすい店構えに変わりました。品揃えも多くなったので、ぜひお近くの方はご利用ください。

 

 次回は10月1日の土曜日で、「肺・大腸経の望診と大根・里芋を使った手当て法の実践」をします。

ぜひ、いらしてください。

 

2016年

8月

16日

滋賀・けんこう舎講演

 8月5日(金)に滋賀のけんこう舎さんにて「食・環境・生命~自然から学ぶ健康法」の第4回が開催されました。今回のテーマは「宇宙のリズムで食改善」で、月のリズムと共鳴する呼吸法のリズム、太陽のリズムと連動する睡眠のリズム、昼夜のリズムと関係する胃腸のリズム、スパイラル的に治癒する病気の治り方のリズム、時間のスパイラルのリズムなどについて詳しく解説しました。

 

 時間の流れについては、直線的に推移するというイメージがありますが、1年では春夏秋冬、1日では朝昼夕晩という周期律があるように、人生の時間も螺旋的に流れているのです。過去や未来もスパイラルの流れの中で循環していると分かれば、どんな出来事も上書きが可能だと気づくはずです。

 

 今ここに「嬉しい、楽しい、幸せ、感謝!」といったポジティブな意識を持てれば、過去を癒し、幸せな未来を創造することができます。未来はすでに決まっているわけではなく、我々の意識の在り方で変更可能なのです。そんな話をスパイラルの原理を基に解説させていただきました。

 

 桜沢如一先生の直弟子で、昨年90歳になられた親和女子大学名誉教授の山口治先生が、講座に飛び入り参加され、20分くらい食の大切さについて熱く語ってくださいました。頭の明晰さ、記憶力の良さ、いつも前向きで研究熱心なお姿を拝見していると、「永遠の少年」だと感じます。山口先生の姿を拝見していると、マクロビオティックの素晴らしさをいつも痛感することができます。

 

 10月4日~5日にかけて琵琶湖の湖岸にある「きよみ荘」さんにて、滋賀プチ断食セミナーを開催予定です。詳細が決まり次第、案内させていただきます。お楽しみに!

 

2016年

8月

12日

ベジカフェ・ロータス講座の2日目

 ベジカフェ・ロータスさんでの陰陽五行の集中講座2日目の講演は、私が午前中の講座を担当しました。テーマは「陰陽五行に基づいた夏の養生と望診」で、陰陽五行の土用編の胃・脾系を中心に、季節と二十四節季、五行の関係を詳しく解説しました。

 

 陰陽五行の面白いのは、季節と臓器、食べ物を合わせやすい点です。土用の時期には黄色くて甘い食材であるカボチャやトウモロコシ、さつまいも、くりといった食材を配当したり、蒸したり煮たりした時に甘味が出る食材を用いると、体調管理がしやすくなります。

 私の講座の後は、吉度さんによる料理教室です。胃・脾臓系を強化するかぼちゃ、トウモロコシに夏の食材のニガウリ、豆腐、トマトなどの食材が加わり、夏バテ防止と胃腸の強化になるレシピでした。

ゴーヤチャンプルーもさることながら、トマト煮のあんかけご飯も美味しかったです。

この会を主催して下さったベジカフェ・ロータスの安竹さん、スタッフの皆さん、お声をかけていただいた吉度さん、集まっていただいた沢山の参加者の皆さん、ありがとうございました。また、来年も講座を企画して伺いたいと思います。

 

ベジカフェ・ロータス 詳しくはコチラ

 豊橋駅の二階の通路に、ひまわりの花がきれいに咲いていました。お花があると心が休まりますね!

 

2016年

8月

11日

ベジカフェ・ロータスさんでの講演会

 8月3日の新月の日に、名古屋県豊橋市にあるベジカフェ・ロータスさんにて、吉度日央里さんと私のコラボ講座が開催されました。豊橋での講座は今回初めてでしたが、素敵なお店でビックリしました。吉度さんのご紹介で実現した講座ですが、キャンセル待ちが出るほどの人気で、満員御礼でした。

 第1部は吉度さんによる陰陽講座です。参加者のみなさんに白紙の紙をお配りし、食物の陰陽を書き込んでもらうことで、陰陽表を一緒に作っていくというワークです。とても参考になったので、私の講座でもやってみようと思いました。

 

 この日は、土用の期間だったので、お昼のランチはおかずをなくしたごはんと味噌汁と漬物というシンプルな基本食にしてもらいました。玄米おにぎりをよく噛みながら食べることで、胃腸のリズムが整います。土用の頃は腸内腐敗が起こりやすいため、体調不良が多発する時期です。素食で体調管理をすると元気になります。

 

 私は五行の基礎講座を担当しました。陰陽五行を学ぶことで、不調の原因が自分でわかるようになります。ウキウキ五行シートの活用法についても解説させていただきました。皆さん、とても熱心で、話し甲斐がありました。

 レストランの向かい側には自然食の店も併設しています。品揃えの多さにビックリしました。3,000アイテムあるそうです。夜は、このお店のオウナーの安竹さんご夫妻と吉度さん、私の4人でベジカフェの食事をご馳走になりました。写真のお寿司は、すべてベジで作られています。味もさることながら、見せ方も上手で感心しました。ぜひ一度行ってみてください。本当に素敵なお店です。

2016年

8月

10日

10.26 楽しく学ぶ暮らしに活かす 陰陽五行と望診法講座【鎌倉】

  10月から岡部先生の陰陽五行と望診用講座が鎌倉でスタートします!

  今回は第1弾として秋・冬の養生法と望診法について解説いたします。

  よかったらご参加ください。

楽しく学ぶ暮らしに活かす陰陽五行と望診法講座 

開催日:10/26(水) 12/21(水)

 

会場:鎌倉See Saw
           神奈川県鎌倉市長谷2-1-14
       ◆江の島電鉄由比ヶ浜駅から徒歩2分
       ◆由比ヶ浜海岸まで徒歩2分

 

参加費:3,500円
        (資料代、kotatsuのマクロビスイーツ付き)

お申込先
マクロビ料理家kotatsu*
E-mail: t.sachie.kiki@icloud.com(遠山)
080-3907-4005(小林)

<内容>
第1回  10/26(水) 秋の養生法 /肺・大腸系(リンパ系)の望診法 
第2回  12/21(水) 冬の養生法 /腎・膀胱系(内分泌系)の望診法

鎌倉五行講座(修正版).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 637.5 KB

2016年

8月

10日

下関プチ断食セミナー2日目

 下関プチ断食セミナーの2日目は、鹿児島でダンスインストラクターをされている松本恵子さんによる

ワークでした。松本さんは鹿児島で一昨年に開催されたMI塾の卒業生でもあり、ヒップホップダンス、親子ダンス教室を開催しています。この日は、ストレッチ体操、ダンス、瞑想で、体と心をほぐしてくれました。

 2日目の講座は、潜在能力完治開発プログラムを作り、全国にファンがたくさんいる重見幸俊さんにお越しいただき、「これからの時代をパワフル&ハッピーに生きるためのお父さん塾」というテーマで2時間お話をしていただきました。

 

 私も静間さんの紹介で重見社長とお会いし、2011年から潜在意識の勉強をさせていただいています。そのおかげで、マクロビオティックだけではどうしても解決できない問題に対し、その解決法となる新たな対処の仕方を学ぶことができました。 

 

 潜在意識の中で、自分をダメな方に引っ張る潜在抗力(潜在ダメ力)が働くと幸せ回避症に陥り、何をやってもうまくいかない、という状況を自ら引き寄せていきます。自分にとってためになることを引き寄せるためには、まずは、潜在抗力を取り除くことが必要なのです。

 

 そのことについて詳しく解説していただきました。みなさん、目から鱗の話だったようで、とても喜んでいました。1泊2日のプチ断食でしたが、1人1人の表情が豊かになり、晴れ晴れとしたような清々しいエネルギーに満ちていました。プチ断食の素晴らしさを改めて感じることの出来た2日間でした。

 

 プチ断食セミナー終了後、重見さんの息子さん、娘さんたちが経営する後浜海水浴場に移動し、砂浴をしました。希望者のみの砂浴でしたが、デトックス効果が倍増したように感じます。ただ、日中は日差しが強く、かなり熱かったので、1時間半くらいで終了し、海水浴に切り替えました。海水に浸かりながら、重見さんを囲んで、足つぼや腕のマッサージを受けるなど、楽しい交流の時間を持つことができました。また、来年も開催したいと思っています。

2016年

8月

09日

8.25 月のリズムでダイエット ランチ付きお話会 【神奈川県横浜市】

 岡部先生の横浜講演です。

よかったらご参加ください。

月のリズムでダイエット
~月の周期律を活用した健康法・若返り法について~
ランチ付きお話会

開催日:2016年8月25日(木)

 

時間:10時30分~14時

 

会場:講  演 (お申し込みの際にお伝えいたします)  
    ランチ 753菌カフェ (奈川県 横浜市緑区 中山町 21-10)
           *講演会場から徒歩5分


参加費:3,500円(講義代、資料代、ランチ代を含む)
*今回のみのスペシャルプライス!!


定員:限定20名

お申込先
田口三江子
TEL:045-973-8470   Phone: 090-4823-1228
E-mail: taguchi@kokyudaigaku.com

タイムスケジュール
10:30~12:30  講演
12:00〜14:00  薬膳ランチ(753菌カフェ)
*講演会場から歩いて移動

2016 神奈川講演チラシ(8.25).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 679.6 KB

2016年

8月

08日

夏季休業のお知らせ

日頃はご利用いただき誠にありがとうございます。

8月11日~8月15日は夏季休業とさせていただきます。

上記期間中のお問い合わせのお返事や商品の発送は16日以降となります。ご了承ください。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年

8月

02日

下関プチ断食セミナー 1日目

 7月30日(土)~31日にかけて、下関市豊浦町にてプチ断食セミナーが開催されました。一昨年に次いで2回目の開催となります。遠くは埼玉、大阪、広島、鹿児島、福岡からご参加いただき、参加者は20名を越え、満員御礼となりました。MI塾の卒業生、現在開講しているMI塾の通信講座の受講生もたくさんいて、皆さんとても熱心でした。

 

 第1講座は、プチ断食のやり方と効能について私が詳しく解説しました。第2講座はこの会を主催してくれたマクロビオティックサロンF&Tを主宰されている静間文江さんの講座で、心と体を浄化して幸運体質になった体験談を披露してくれました。

 

 講座の後は、近くの温泉でリラクシングタイムです。温泉で体が温まると緊張が解け、参加者同士も打ち解けて会話がはずみます。ほどよく休憩した後は、松岡由美子さんによる若石リフレクソロジー講座で、足の裏の反射区をマッサージしました。リンパの流れがよくなると血行がよくなり、毒素が流れ出します。松岡さんは、前回の下関プチ断食セミナーの参加者です。とても丁寧に指導していただき、皆さん、勉強になったようです。

 

 

 足裏マッサージで足が軽くなった後は、全身のリンパ管に滞った腐敗毒素の排泄を促す意味で、生姜湿布の実践を行いました。肩やお腹、腰に生姜湿布をすると、何とも言えない気持ち良さを体感できます。他の温湿布では体感できない蒸気の醸し出す何とも言えない心地良さがあります。

 

 プチ断食中の手当て法は、特に効果が倍増します。逆に断食の効果を手当て法で増強することにもなります。ちょうど、今回のプチ断食は、夏の土用の期間中だったので、胃腸の強化、腸内腐敗の防止、心・小腸系の活性などにぴったりでした。

 この日の最後は、玄米甘酒を飲みながらの交流会です。自己紹介を兼ねて、このセミナーに参加した目的を一言ずつ発表してもらいました。病気の改善のため、体の健康管理のため、痩せるため、精神的に成長するため、新たな気づきを求めて、など参加された動機はまちまちですが、この2日間で、何かをつかんで帰っていただければ幸いです。皆さん、お疲れさまでした。

2016年

8月

01日

9.7 わ・和・輪!のごはん 【千葉県】

 

 

千葉県での岡部先生の講演会です。

 

「腸は第2の脳」とも言われてるほど、重要な部分です。

私たちが普段なにげなく口に入れているものは、

体だけでなく心の成長にも大きく影響を与えています。

腸内環境作りを整えること、それは体と心を整えること。

現在4人の子育て中のイクメンパパ・岡部先生が、

日常生活にすぐに取り入れる秘訣をお伝えします!

 

お子さん連れも大歓迎!!

よかったらご参加ください

わ・和・輪!のごはん

~食事が変わるとからだが変わる、からだが変わると心が変わる、心が変わると人生が変わる!~

 

開催日時:9/7(水) 10時~13時(9時45分開場)

 

会場:cafeどんぐりの木

      千葉県千葉市美浜区高洲1-16-46   TEL 043-301-2439

      *稲毛海岸駅から徒歩8分

   アクセスはコチラでご確認ください。

 

定員:15名ほど

 

参加費:2,000円(お茶つき)  

*ご希望の方には”Tanagocolo DELI”の季節のマクロビオティック弁当をご用意いたいます。(別途1,200円)

9/2(金)までにご予約をお願いいたします。

 

お申込先:Cafeどんぐりの木

      TEL & FAX 043-301-2439

            e-mail  donguri35506@yahoo.co.jp

◆スケジュール◆

9:45 開場

10:00~12:00 講演

12:00~13:00 お茶(もしくはお弁当)のじかん

20160907PDF岡部先生「わ・和・環のごはん!」.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 117.6 KB

2016年

8月

01日

陰陽五行スキルアップ講座の様子<宇都宮>

今年から栃木県宇都宮市で開催されている

陰陽五行スキルアップ講座。

基本をマスターした方のための応用編です。

五行の理論と五行にそった料理を学び、

さらに身近なものにしていくコースです。

この講座はHAPPY TABLE杉村さまと

岡部先生のダブル講師によるスペシャル講座。

 

今月は杉村さまの担当で五行の料理でした。

調理の後は、先月の岡部の理論の復習をかねたおさらい会も

行われました。

なんとも至れり尽くせりな講座です。

陰陽五行を身近にしていくには、学んだことを繰り返し実践し、

頭と体で覚えて行く事です!

 

講座の様子は杉村さまのブログで紹介されています。

                          よかったら見てみてくださいね。  HAPPY TABLEブログ

2016年

7月

29日

鹿児島でのがん講座

 7月24日(日)に鹿児島市内にある菖蒲学園にて、「がんにならない免疫力を高める食事と手当て法」講座が開催されました。がんで亡くなる方が年々増えていますが、今回の講座ではがんの原因とは何か、がんを予防する食事法、生活法、意識の在り方、現代医療の限界、温熱療法をはじめとした自然療法について詳しく解説しました。

 

 病気を悪(敵)と捉える西洋医学は戦う医学で、手術や抗ガン剤、放射線治療といった攻撃兵器を用います。防御兵器としては抗生物質やステロイドを用いるわけです。反対に、東洋医学では病気を善なるもの、気づきや浄化、軌道修正プログラムと見ていきます。病気は今までの食生活や生活習慣の間違いに気づかせてくれるありがたいものと捉えるわけです。

 

 この病理観(病気の見方)が西洋的だと、病気に対する恐怖や怒りが生まれ、東洋的だと感謝や安心が生まれます。この精神に与える影響が意外と大きいのです。病気を敵だと潜在意識が認識すれば、体内の敵に対して絶えず防御しなくてはならず、戦闘態勢が続き、そのストレス(緊張感)で交感神経が優位になり、身も心も疲れはててしまいます。

 

 ところが、病気を善なるものと捉えることができると、不安や恐怖、心配がなくなり、リラックス神経である副交感神経が優位となり、内臓の機能強化によって新陳代謝が良くなります。そのため、傷や病的な細胞の治りも早くなるのです。

 

 がんを敵とみるか、味方とみるのかが、その人の自然治癒力を左右するということになりますね!がんを治すのではなく、がんを引き起こした生活習慣を修正すべきなのです。どんな食生活ががんを引き起こすのか、体温との関係、意識との関係、化学物質との関係について詳しく解説させていただきました。

 

 手当て法としては、黒炒り玄米スープの実践と、小豆カボチャを使ったスイーツの試食をしまた。人体の上水道である血管に溜まった汚れの排泄には、体内の下水管に相当するリンパ管の大掃除が必要です。そのリンパ管の大掃除役をしてくれるのが、黒炒り玄米スープなのです。体温を上げて、免疫力を強化してくれる飲み物でもあります。

 

 今回の講座は、大好評だったので、またその続きの講座を9月くらいに開催する予定です。お楽しみに!

 

 講座の後は、菖蒲学園内にある蕎麦屋梵太に行きました。国産の蕎麦粉を使った手打ち蕎麦が食べられます。私はおろし蕎麦をいただきましたが、コシと甘味があり、風味がよく、大満足でした。

 その日は鹿児島市内に泊まりましたが、城山から見える桜島の景色はとても美しかったです。刻々と暗闇が迫るなかで、明かりが灯りだす夕方から夜にかけての時間が心地よいです!

2016年

7月

28日

9.10 心とからだをキレイにするマクロビオティック 【東京都】

  東京での岡部先生のセミナーです。

  会場は荒川区にあるMOLTY NODEさんのヨガスタジオです。

  今回は夏から秋への変わり目の養生法をはじめ、

  プチ断食によるデトックス法など体の中からきれいになる秘訣をお伝えします!

  セミナーの後はMOLTY さんの特製お弁当を食べながらの交流会を

  予定しています。よかったらご参加ください。

  

心とからだをキレイにするマクロビオティック

 

開催日:9/10(土) 10:30~13:30

 

参加費:3,900円
(セミナー費、玄米菜食弁当、甘酒ドリンク、お茶付き)
※お急ぎの方はお弁当の持ち帰りもできます

 

開催場所:MOLTY NODE(モルティー・ノード)
       東京都荒川区町屋3-23-18
*千代田線ならびに京成線町屋駅から徒歩10分

 

定員:先着20名
*ヨガスタジオで岡部先生を囲んでのセミナーになりますので、楽な服装でご参加ください。

申し込み先:MOLTY NODE
TEL: 03-3819-1145 
Email:mm.mol0927@ymobile.ne.jp
*お申し込みの際は、お名前、連絡先電話番号、メールアドレスをお知らせください。

スケジュール
講演会 10:30~12:30
食事&交流会 12:30~13:30 

 

160910岡部先生講演会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 583.9 KB

2016年

7月

27日

鹿児島・陰陽五行講座

 鹿児島市内にある菖蒲学園にて、やさい村さん主催の陰陽五行講座が開催されました。今回のテーマは陰陽五行・土用編で、胃・脾臓(すい臓)系の望診の話をさせていただきました。7月19日~8月6日まで夏の土用の時期で、この頃に体調不良を訴える人には胃の経絡が弱っている方が多いです。

 

 胃・脾臓系は五行の中で一番理解するのが難しい経絡ですが、生命エネルギー(生体電気)を作りだす人体の発電所であると見るとわかりやすいです。私は、五行の中心に位置する経絡だととらえ、発電力の低下により、すべての臓器の働きが損なわれると考えています。

 

 この経絡には「土」を配当しますが、私はこれを「場のエネルギー」と見ています。場という環境のエネルギーと共鳴するので、どんな場で過ごすのかということが胃を強くするポイントになります。その場がケガレチ(酸化電圧地)なのか、イヤシロチ(還元電圧地)であるのかの違いで、病気になったりもするし、反対に健康を維持しやすくなったりもします。

 

 大地とアーシング(グラウンディング)することで、環境電位を取り込むことができ、これにより、胃の経絡を整えることができるということがわかります。土用の時期の過ごし方、食べ方、意識の在り方、顔や体に出る症状とは何か、といった話の内容でした。

 お昼のランチは、胃・脾臓系を元気にする黄色い食材をメインに、甘味のある野菜などを付け合わせたレシピで、ご飯はキビ入りの玄米ごはんでした。ランチの後に、レシピの詳しい解説を角屋敷先生からしていただきました。

 午後の部は、胃・脾臓系を元気にする手当て法についての解説で、小豆カボチャの作り方と試食、浅炒り玄米スープと玄米クリームの効用の解説と実践の講座でした。小豆カボチャは美味しいと大好評でした。椎茸入り玄米スープも意外に美味しいと評判が良かったです。。

 

 次回は10月8日(土)で、肺・大腸経の望診と手当てです。スポット参加もできるので、ぜひいらしてください。

2016年

7月

26日

熊本どろっぷす講座

 熊本市内のどろっぷすさんにて、楽しく学ぶマクロビオティック講座の2回目が開催されました。

2回目のテーマは「腸が変われば意識が変わる、性格が変わる、人生が変わる」で、今回も満員御礼となりました。

 

 神経生理学者のマイケル・ガーション医学博士は、腸は考える臓器であるとしてセカンド・ブレインととらえています。イノチに直結する食べ物の良し悪しを絶えず判断しているのが腸です。毒素を含む食べ物が入ってくれば下痢を起こして排泄し、体の栄養となるものが入ってくれば吸収するための消化液を分泌させるという判断を日々行っているのです。

 

 ところが、腸が汚れるとその判断力が鈍り、体に不要なものを吸収し、体に必要なものを排泄するという判断ミスが起こります。玄米や味噌汁、漬物、野菜が嫌いで、ジャンクな食べ物が好きという人は、腸が汚れて判断力がマヒしている状態とみることができます。

 

 この腸の判断力の鈍りはやがて意識の世界にも影響し、自分にとってダメになることが好き、ためになることが嫌いという判断ミスを引き起こすのです。それによって人生まで「こんなはずじゃなかった」というような事態を招くこともあります。

 

 人生を良くも悪くもするのが食であり、食事の質の吟味や食べ方によって自らの人生を変えることもできるのです。腸のマヒはどんな食べ物で引き起こされるのか、反対に腸を浄化する食べ物とは何か、食べものと人間の性格との関係について詳しく解説しました。

 

 講座の後は、どろっぷすの野田さん手作りのお弁当でランチです。参加者と交流しながら楽しいランチのひと時を過ごすことができました。次回は9月23日(金)で、テーマは「アクエリアスの時代~水から学ぶ自由律を高める生活法」です。お楽しみに!

 どろっぷすさんの入っているマンションの真ん前には、熊本市内を走る路面電車の停留所があり、数台の電車が停まっていました。レトロの電車もあり、物珍しかったので写真に収めてきました。たまには車ではなく、路面電車でのんびり旅もいいですね!

2016年

7月

21日

9.19 マワリテメクル小宇宙~日本の暦と季節の養生 【横浜市】

 東京に引き続き、横浜での岡部先生と冨田貴史氏のコラボ講演が

 決定しました!

 

 陰陽五行と旧暦を使った養生法や現代の暮らしに活かす方法に

 ついて分かりやすくお話しします。

 

 よかったらご参加ください。

「マワリテメクル小宇宙~日本の暦と季節の養生」

岡部賢二 × 冨田貴史

 

 

 

開催日時:2016年9月19日(月・祝) 10:30~15:00

 

会場:Tsukinoki (横浜市青葉区)

   *たまプラーザ駅からバスで10分「美しが丘西」下車徒歩3分

   *詳細はお申し込み後にご連絡いたします。

 

参加費:5,000円(講座・資料・ランチ・スィーツ代を含む)

 

定員:20名(子連れ参加もOK!)

 

お申込方法:メールもしくはFBイベントページからお申込ください。

        e-mail:hiroko.otsuki@gmail.com (大槻広子)

                FBイベントページの方はコチラ

 

 

スケジュール

 

10:30~11:20 冨田貴史氏「日本の暦と陰陽五行について」

 

11:30~12:20 岡部賢二先生「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」

 

12:30~13:30 昼食(マクロビオティックランチ)

 

13:30~14:30 コラボレーショントーク (岡部賢二先生×冨田貴史氏)

 

14:30~15:00 質疑応答(ミニスイーツ付き)

 

岡部賢二

ムスビの会主宰。正食協会理事。フードアンドメディカルコンサルタント。

2003年に福岡県の田舎に移り住み、農業のかたわら、保育園や幼稚園、学校、病院、自然食品店、オーガニックレストラン、企業などで、食育を中心に講演活動を行っている。また、陰陽五行と気・血・水の考え方と、深層心理学を取り入れた独自の健康指導で多くの人を指導している。2005年にムスビの会を発足し、プチ断食セミナーやマクロビオティック指導者養成講座などで全国を回っている。

著書に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」(ムスビの会出版)、「月のリズムでダイエット」(サンマーク出版)などがある。趣味は畑仕事。

冨田貴史

大阪市中津にて養生のための衣食を自給する「冨貴工房」を営む。ソニーミュージック~専門学校講師を経て、各地でイベント・ワークショップを続けている。ワークショップのテーマは暦、エネルギー、手仕事など。疎開保護「海旅camp」共同代表。「『原発事故子ども・被災者支援法』を活かす市民ネット」代表。

著書に「春夏秋冬 土用で暮らす。五季でめぐる日本の暦」(共著/主婦と生活社)などがある。


19Sep2016_マワリテメクル講座チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB

2016年

7月

20日

玄米食おひさま講座

 昨日から夏の土用に入りました。7月19日が土用の入り、土用明けは8月6日です。8月7日の立秋の前の約18日間が夏の土用で、この時期は夏バテや熱中症、食欲不振、不眠症といった症状が多発する時期です。この土用の時期に昔は疫病が流行ったようで、邪気払いとして夏祭りが全国で開催されてきました。花火大会もその一環で催されてきたようです。

 

 この土用の時期の不調にはプチ断食が一番です。プチ断食が難しいという方は、ご飯、味噌汁、漬けものといった素食を数日間実践されるとよいでしょう。腸内腐敗が起きやすい期間なので、みそ汁や漬物、納豆、玄米甘酒、塩こうじといった腸内環境を整える働きのある発酵食品を活用しましょう。

 

 そんな中、今日は佐賀市内にある玄米食おひさまさんで、3回目の食育入門講座が開催されました。

回を重ねるごとに参加者が増え、今回は20名ご参加いただき、満員御礼となりました。遠くは長崎、福岡からも参加していただきました。

 

 今回の話は正食5つの基本の3番目で、「穀物・野菜を中心とする食事」の効用について解説しました。歯の割合からみた生理的な食べ方の秩序や日本人の食性とは何か、動物性食品に残留する化学物質の問題や腸内環境の悪化問題、糖質抜きダイエットやローフードの問題点、穀物菜食による運動能力の向上について、アメリカでマクロビオティックを実践している映画俳優や一流アスリートが増えていること、などについて詳しく説明させていただきました。

 講座の後は、おひさまさんのランチをいただきました。いつも通り彩りがきれいで、味も抜群に美味しかったです。夏の食材が上手に使われていて、体が喜ぶ感じでした。

 

 今日は満月なので、私は夕食抜きです。体によい食材をいただくと、お腹が減りませんね。おひさまさんのランチのおかげで、プチ断食が楽に出来そうです。

 

 次回は1か月間が空いて、9月21日(水)の開催になります。テーマは

「マクロビオティックの基礎を学ぶ④ 陰陽を生活に役立てよう!~体を温めたり冷やしたりする食べ物

の見分け方」です。はじめての方でも大丈夫です。ぜひお申込みの上、ご参加ください。

2016年

7月

19日

9.20 マワリテメクル小宇宙 講演会 【神奈川県鎌倉市】

  鎌倉講演第3弾のお知らせです!

 

 今回は岡部先生の本「マワリテメクル小宇宙」にちなんで

 暮らしに活かす陰陽五行と日本の暦についてのお話会です。

 陰陽五行の暮らしへの活かし方を分かりやすくお伝えします。

 講座の後は鎌倉でマクロビオティックの料理講師をとして

 活動されている Kotatsu*さんの特製ランチを食べながらの

 懇親会も予定しています。

 よかったらご参加ください。

 

  当初開催日は8月30日となっていましたが、

  台風接近のため、9月20日に延期になりました。

  ご了承ください。

 

マワリテメクル小宇宙
暮らしに活かす陰陽五行と日本の暦
ランチ付きお話会

私たちは大宇宙の中で生かされています。そんな私たちの体の中には小宇宙がひろがっています。

陰陽五行を理解すると大宇宙(自然)の変化と小宇宙(体)の変化を敏感に感じ取ることができ、

病気の流れが分かるだけでなく、食べ物を使って予防することができるようになります。

季節と臓器、食べ物、出やすい症状、感情との関係から、健やかに生きる秘訣を学びましょう!

日時:2016年920 (火)

会場:kamakura24sekki   

鎌倉市常盤923-8 TEL 0467-81-5004

*会場までのアクセスはkamakura24sekkiさまのHPもしくは、

下記のPDFファイルでご確認ください。

参加費:4,500円
*kotatsu*のマクロビランチ付き

定員:10名

講師:岡部 賢二 (ムスビの会主宰、正食協会理事)

お申込先 
主宰 マクロビ料理家kotatsu*
e-mail: t.sachie.kiki@icloud.com(遠山)
080-3907-4005(小林)

タイムスケジュール
講演 10:30~12:30  
マクロビランチで懇親会   12:30〜13:30 

9.20 鎌倉講座【修正版】.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 726.1 KB

2016年

7月

18日

ベジガーデンの五行実践講座・土曜日クラス

 7月16日(土)に筑紫野市にあるベジガーデンにて陰陽五行実践講座の土曜日クラスの3回目が開催されました。午前中は仲ひろみ先生による料理教室です。みなさん、和気藹々とした雰囲気で、素敵な料理が次々と出来上がりました。

 料理の内容は火曜日のクラスと同じなのですが、作るメンバーが違うと、味も違うのです。作り手の波動なのでしょうか。今回も美味しくいただきました。梅雨の最後の雨だったようで、この日の雨を最後にしてやっと九州では梅雨明けしたようです。

 スイーツをいただきながら、懇親の時間を持ちました。数日前に仲さんは長崎の「四次元パーラーあんでるせん」に行かれたとのことで、そのマスターによる不思議な超能力マジックの話をしてくれました。その話からすると、人間には本来、人知を超える潜在的な能力が備わっているようです。私はまだ行ったことはないのですが、以前から話にはよく聞いていました。仲さんの話を聞く限り、最近のマジックは以前より、かなり進化して感じがしました。

ベジガーデンさんにあった松ぼっくりを上から眺めていたら、とてもきれいな螺旋文様だったので写真に撮ってきました。それが、右の図の文様とよく似ているのに驚かされました。自然の構図というのは、ある種の法則性のもとで出来上がっているようです。これをベクトル平衡体というようです。これは映画「THRIVE」の中で詳しく解説されています。フリーエネルギーにもつながる構造がベクトル平衡体で、これを探求すると、面白い発見があるかも知れませんね。

2016年

7月

16日

熊本・和氣講座再開

 7月13日(水)に熊本県大津町にある和氣さんで「食と環境・生命~自然から学ぶ健康法講座」の第2回が開催されました。4月16日の熊本大地震で和氣さんの店舗も被害があり、二階の講義室の土壁が落ち、屋根瓦も落ちて雨漏りをするなどの被害を受けました。そこで、5月に予定していた講座を2か月遅らせての開催となりました。

 

 大雨の日だったにもかかわらず、十数名の方にご参加いただきました。まずは、講座が再開できて良かったです。今回のテーマは「月のリズムで食改善~月がもたらす自然との調和 ~月の引力を使った体内浄化法について~」でした。

 

 太陽と月、地球が直列する周期が新月と満月です。惑星や恒星が直列する時に、ある種の磁気エネルギーが発生します。それを受けることで生命エネルギーが高まるので、そうした周期を利用して地球の生物は出産や産卵をしてきました。

 

 月の周期律を意識することが少なくなってから、体の不調を訴える人が増えたように感じます。まずは、新月と満月だけでもよいので、意識してみてください。心地よい変化が起きるはずです。この月のリズムを活用し、プチ断食をすれば、デトックス効果や修復・再生の力も高まります。

 

 そんな、話をさせていただきました。

 

 講義終了後は料理研究舎リンネさんのマクロビ弁当です。

 この日のおしながきです。

 

    ●高野豆腐と夏野菜の煮浸し

    ●茄子の味噌炒め

    ●キタアカリの小松菜ソース

    ●紫玉ねぎのピクルス

    ●きゅうりのナムル

    ●熊本県産ヒノヒカリの土鍋炊き三分搗きごはん 枝豆を添えて

    ●橙のジュレ

 

 でした。夏仕様のメニューになっていて、食欲不振に陥りやすいこの時期にピッタリの料理でした。

 

 この日は大雨の影響で九州道が八女と植木インターの間で通行止めとなっていたので、下道を通って行きました。日田から上津江に抜ける道が熊本震災以降通行止めなので、日田からファームロードを通って小国町に抜け、そこから上津江~菊池~大津ルートで3時間かけて到着しました。

 

 途中、大雨で前が見えない状態でしたが、到着する頃には雨も小康状態となっていて良かったです。

途中の川もかなり増水していました。そろそろ梅雨が明けてほしいですね!

 

 次回は9月14日(水)です。タイトルは

            大地のリズムで食改善~マザーアースからの伝言 

             ~イヤシロチ・ケガレチの見方と風水学について~

 

 です。ぜひお近くの方はいらしてください。

 

2016年

7月

15日

ベジガーデンでの五行実践講座

 7月12日(火)に筑紫野市にあるベジガーデンにて3回目の五行の望診法・手当て法・五行の料理教室が開催されました。午前中は仲先生による「土用の食薬を使った料理教室」で、梅雨時から夏の土用の時期に弱りやすい胃・膵臓系の食薬となる食材を活用したお料理の実践でした。

 今回のレシピは

 

   ●野菜のパエリア

   ●陳皮入りラッキョウドレッシングのカップサラダ

   ●ガドガド(インドネシアの伝統料理)ピーナツソース添え

   ●蒸し野菜の梅味噌ダレ

 

でした。 トマトの器に入ったラッキョウドレッシングにはハト麦が入っていて、酸味と甘味の入り混じった何とも言えない美味しさでした。清涼感があるので、夏場の食欲不振の解消に抜群の1品でした。

 

野菜を蒸した時の甘味は、胃の食薬となります。蒸し野菜につける梅味噌ダレの梅と味噌の酸味と旨みが胃の働きを高めて、消化吸収力を良くしてくれます。

 

胃・膵臓系を元気にする黄色い食材や、野菜の甘味がうまく活用されたこの時期にピッタリの料理で、皆さん大満足の様子でした。

 午後からは私の出番で、胃・膵臓系の望診と、里芋と豆腐を使った冷湿布の実践でした。7月19日~8月6日まで夏の土用に入ります。この時期には腸内腐敗が起こりやすく、陰陽の不調和の気を受けて、精神的ににも不安定になりやすいのです。

 

 この土用を元気に過ごすためには、少食やプチ断食によって胃腸を休めること、甘い砂糖の入ったお菓子を減らすこと、腸内環境を良くする発酵食品をしっかりと摂ること、中心軸となるごはん、みそ汁、漬物を主体として、おかずを減らした素食を心がけること、など食事の注意点を話しました。

 

 講座の後は、デザートの時間です。

 今回のナチュラルスイーツは

     ●抹茶の米粉ムース

     ●赤シソビネガージュース

 

でした。米粉のムースはしっかりとした食感で、食べ応えがありました。仲さん手作りの紫蘇ジュースは

濃厚な味で、心地よい清涼感がありました。手作りはいいですね!

 

 次回は9月13日(火)で

     ○秋・皮膚や呼吸器のトラブルに肺・大腸の手当てと望診法
      ~大根を使った手当て (黒炒り玄米スープ、椎茸スープなど)
     ○ぜんそく、アレルギー、ヘルペス、とびひの対策
     ○秋の食薬を使った料理教室

 といった内容です。お楽しみに!

2016年

7月

14日

9.18 日本の暦と季節の養生【東京都】

東京講演の夜の部は大阪を拠点に全国で手仕事のワークショップや講演活動をされている冨貴工房代表の冨田貴史さんとコラボ講演です。

旧暦と季節の養生法、季節と五行についてわかりやすくお話いたします。

よかったらご参加ください。

 

開演の1時間前からお食事も(玄米ベジカレーなど)可能です。(参加費と別になります)

マワリテメクル小宇宙
日本の暦と季節の養生

私たちは大宇宙の中で生かされています。そんな私たちの体の中には小宇宙がひろがっています。陰陽五行を理解すると大宇宙(自然)の変化と小宇宙(体)の変化を敏感に感じ取ることができ、病気の流れが分かるだけでなく、食べ物を使って予防することができるようになります。季節と臓器、食べ物、出やすい症状、感情との関係から、健やかに生きる秘訣を学びましょう!
今回は、全国で活やく中の冨田貴史さんと岡部賢二さんのコラボ講演です。2人の貴重な講演とトークが聞けるまたとない機会ですので、ぜひお集まりください。

開催日:2016年9月18日(日)

時間:19時~22時

会場:agreable*musee (アグレアブル・ミュゼ)
東京都国分寺市光町1-42-8 *国立駅北口より3分
TEL 042-577-7353

参加費:3,500円(お茶付き)
*18時より玄米ベジカレーなどカフェオーダーも承ります。(別料金)

 

 

お申込先

agreable*musee (アグレアブル・ミュゼ)
E-mail: main@agre.jp 
TEL : 042-577-7353

 

 

Facebookイベントページからお申し込みもできます。

 

https://www.facebook.com/events/1629302620714347/

 

◆タイムスケジュール◆
19:00-19:50 冨田貴史 「日本の暦と季節の養生」
20:00-20:50 岡部賢二 「五つの季節と五臓の関係」
21:00-22:00 岡部賢二&冨田貴史 「今、健康について伝えたいこと」

2016 東京講演チラシ(夜の部).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 773.0 KB

2016年

7月

14日

9.18 月のリズムでダイエット【東京都】

  岡部先生の東京講演のお知らせです。

  今回の会場は国分寺にある雑貨とカフェのお店

  agreable*museeアグレアブル・ミュゼ)さんです。

  昼と夜の2講演になります。

  昼の部は月のリズムを使って生命力を目覚めさせる暮らし方に

  ついてお話させていただきます。

 

  夜の部は以前、手仕事のワークショップを始め全国で講演活動を

  されている冨貴工房代表の冨田貴史さんとのコラボ講演です!

  

  よかったらご参加ください。当日は開催の1時間前からお食事

  (玄米ベジカレーなど)も可能です。(参加費とは別途になります)

 

月のリズムでダイエット

~「生命力」を目覚めさせる暮らし方~

 

わたしたちの体は月と密接な関係があります。
昔のひとはそれを知っていて、自然のリズムにそった暮らしをしていました。

月のリズムを取り入れた生活をした結果、生理不順がなくなった、子宝に恵まれた、

運がよくなったという報告をたくさん聞くようになりました。

まずは、新月と満月のエネルギーの違いを知り、女性と密接に関係する月のリズムを生活の中に

活かす生命力を目覚めさせる暮らし方について解説いたします。

開催日:2016年9月18日(日)

 

時間:13時~16時

 

会場:agreable*musee (アグレアブル・ミュゼ)
     東京都国分寺市光町1-42-8  *国立駅北口より3分
     TEL 042-577-7353

 

参加費:4,000円(お茶付き)
*12時より玄米ベジカレーなどカフェオーダーも承ります。(別料金)

 

お申込先:agreeable*musee (アグレアブル・ミュゼ)

E-mail: main@agre.jp 
TEL : 042-577-7353

 

facebookのイベントページからもお申込み可能です。

https://www.facebook.com/events/1154892007915353/

 

2016 東京講演チラシ(昼の部).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 706.0 KB

2016年

7月

14日

うきは生活塾・タニシ拾い

 7月10日(日)にうきは生活塾の第5回が開催されました。今回は、梅雨の間に伸びた草の除草作業を行い、ジャガイモと枝豆の収穫をしました。収穫した枝豆とジャガイモは、すぐに蒸していただいたのですが、枝豆は甘味があり、ジャガイモはホクホクでとても美味でした。取り立て、作りたてのものをその場でいただくと、大地の生命力を直接充電できるような感じで、体に元気がみなぎります。これが最高の贅沢なのかも知れませんね。

 お昼には、江藤農園で収穫したばかりのネギとナス、人参、ジャガイモにわかめを入れた味噌汁を作りました。重ね煮をすると野菜はすぐに煮えて甘味が増し、蒸気の働きにより還元力も高まります。調味料も少なくて済むので、とてもエコな料理法です。

 

 おかずには、ネギとナスの味噌炒めを作りました。炒めるというよりは、蒸し煮をした野菜に、味噌を混ぜただけのシンプルなものです。これに江藤農園の玄米で作ったおにぎりだけで、満腹となりました。

生命力の高いものは、ほんの少しで満足できますね!

 昼からの作業は、田んぼでタニシ拾いです。江藤農園では、田んぼの除草にタニシを使っています。田んぼの水加減さえしっかりとしていれば、稲を食べずに雑草だけを食べてくれます。除草剤を使わないと夏場の草取りが大変なのですが、タニシのおかげでこの作業がだいぶ楽になるのです。

 

 先月の13日に植えた田んぼの稲は、かなり成長していました。6月末に植えた田んぼと比べると、その大きさは格段に違います。稲の収穫は10月20日過ぎになります。無事に育ちますように!

 

 8月のうきは生活塾はお休みで、次回は9月になります。

 

2016年

7月

12日

久留米での五行UKIUKIシート活用講座

 7月2日(土)に久留米市にある産直や蔵肆さんにて「陰陽五行と望診法講座~五行UKIUKIシートの活用法」講座が開催されました。蔵肆さんでの講座は半年ぶりくらいです。オウナーの鶴久さんが正食協会に行かれた時に五行シートの存在を知り、急きょ講演依頼がありました。

 

 2005年に出版した「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」の本から各臓器ごとに要点を抜粋すいたダイジェスト版が「五行UKIUKIシート」です。陰陽表は以前からありましたが、五行を解説した表はなかったのです。漢方薬局で見かけたこともありますが、難しい言葉が並んでいて、一般の方には理解しづらいものでした。

 

 今、全国で大人気となっている五行シートですが、あらかじめ「マワリテメクル小宇宙」を読まれるか、ムスビの会で発売している「陰陽五行講座CD講義録1巻~6巻」までを聞くことで、より理解が深まり、活用力が増すと思います。

 

 陰陽五行は望診法の基本になるので、ぜひ、基礎をしっかりと勉強してください。五行を勉強すれば、自分で病気の原因探しができ、対処の仕方もわかるようになります。

 

 蔵肆さんでの講座は、毎回玄米おにぎりが付きます。今回は、5年ものの梅漬けもいただきました。プルーンのような味と食感で、いかにも薬効がありそうな感じでした。蔵肆さんでは山村慎一郎先生の望診法講座をはじめ、さまざまな体験教室や料理教室を開催されています。1階は品揃えが豊富な自然食品店ですので、ぜひ行ってみてください。

 

 

 

 

2016年

7月

11日

新潟・マリーゴールド講演

 7月4日(月)に新潟県阿賀野市にあるマリーゴールドさんにて「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」講座が開催されました。主催していただいたのは、田村鍼灸院を営む田村さんです。

 

田村さんとは今年の4月29日に東京都内で開催された五行UKIUKIシート発売記念講演会ではじめてお会いしたのですが、その時に新潟での講演依頼を受けていました。

 

 阿賀野市は本行寺のある五泉市から30分くらいの所にあり、新潟市内から1時間くらいの離れているにもかかわらず、30名近い方々にご参加いただきました。

 

 会場であるマリーゴールドさんは、ホメオパシー&ナチュラルケアのサロンです。オウナーの井上真由美さんは、ホメオパシー療法とリンパマッサージ療法の指導をされています。真由美さんは私の「マワリテメクル小宇宙」の本の大ファンで、たくさんの方々にご紹介してくださっています。

 

 何と、私の出しているCD講義録をほとんどすべて持っていて、何度も聞いくださったそうで、ビックリしました。素敵なご縁を結んでいただいた田村さんに感謝です。

 

 当日は、バタバタしていて講演会の様子を写真に撮る余裕がありませんでした。とても落ち着く素晴らしい空間だったので、また、いつか伺いたいと思います。

 

 

 店内は木造りで、素敵なアートや薪ストーブが置いてありました。木の玉がちりばめられた桶があり、その中に体を入れると何とも言えない心地よさを感じました。まさに森林浴ですね!

 

ご参加いただいた皆さん、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

2016年

7月

10日

新潟・本行寺講演

 7月3日(日)に新潟県五泉市にある本行寺にて、「心と体が喜ぶ伝統食の知恵~食が変われば健康で幸せになえる」講座が開催されました。新潟での講演会は今回が初めてでした。本行寺の御住職の奥様である長谷川多恵さんが企画してくれました。

 

 長谷川さんは、東京のCI協会での講座に昨年から毎回参加していただいています。お会いしたのは2008年の「月のリズムでダイエット」本の出版記念イベントが御茶ノ水がいあさんで開催された時なので、9年来のお付き合いになります。

 

 今回の講座には五泉市以遠からのご参加が多く、30名近くの方にご参加いただきました。五泉市から車で1時間近くかかる新潟市内をはじめ、山形、東京からもご参加いただきました。皆さんとても熱心に受講していただき、ありがたかったです。

 

 主催にあたり、ホメオパシーセンターアメリさん、マウイストアーさんも共催していただき、人集めにご尽力いただきました。ありがとうございました。

 

 9月8日~9日にかけて、本行寺さんにて私の監修する1泊2日のプチ断食セミナーが開催されます。新潟での断食セミナーは初めてなので、ぜひご参加ください。すでに十数名の参加申し込みが来ており、満員御礼になりそうです。

 

 講座の後、スタッフの方々と食事会をしました。場所は本行寺さんから車で5分くらいの所にある「木の香(きのか)」さんです。ここは自家栽培のエゴマを自分の工房で絞り、このエゴマをパスタに混ぜたエゴマパスタが大人気なのだそうです。

 

 私も早速、エゴマパスタをトマト味のつけ麺でいただきました。和風のつけ麺もあります。以前、モロヘイヤ入りのうどんを食べたことがありますが、食感と風味はそれに似ています。オメガ3の豊富なエゴマ油のお陰で、血管内の汚れが浄化されたような感じです。

 

 スタッフの皆さん、ご協力ありがとうございました。

2016年

7月

09日

(株)玄米酵素本社で講演

 7月2日に東京の両国にある(株)玄米酵素さんにて、食と健康セミナーが開催されました。今回は取締営業本部長の岩田芳之さんと私との特別コラボセミナーで、「食が育む心とからだ~月のリズムでダイエット」というタイトルでした。この日は50名を超える方にご参加いただき、満員御礼でした。

 

 動物には食性があり、食べるべき食物が決まっていること。日本人の食性は365日食べても飽きが来ないご飯、味噌汁、漬物を中心とすべきこと。日本人の作りだした発酵食品がいかに素晴らしい働きを持つのか、食が与える意識への影響、月のリズムを活用してプチ断食を行うメリットなどについて解説しました。

 

 以前、阿蘇でプチ断食をした時に、岩田さんに講師で参加していただいたのがご縁となり、今回のコラボセミナーが実現しました。その時は玄米酵素を使ったプチ断食だったのですが、その場合は、1食あたり4袋をいただきます。1日だと12袋用いることになります。

 

 (株)玄米酵素さんでは豊富な科学的なエビデンスを持たれています。全国にいる医療関係者から玄米酵素についての臨床データを集め、蓄積しています。その学術的データの多さには驚かされます。

玄米食が難しいという方には、ぴったりの食品ではないかと思います。

 

 講演前にビルの2階にある玄米菜食レストラン玄米食堂の食事をいただきましたが、彩もきれいで、大満足の味でした。また、来年も講座に伺うことになりそうです。岩田さん、スタッフの皆さん、お招きありがとうございました。

 

玄米酵素 詳しくはコチラ

2016年

7月

08日

鎌倉・麻心カフェ講座

 6月29日(水)の夜に、鎌倉市にあるオーガニック&ヘンプスタイルカフェ麻心さんにてマクロビオティック講座が開催されました。JR鎌倉駅から江ノ電に乗り換えて会場に向かいました。

 

麻心さんには4月に食事に伺ったことがあり、講座の開催は今回が初めてです。今回のテーマは 「皮膚感覚(感受性)を磨くオーガニックな生活~天然の衣食住が心地よい!」でした。

 

 皮膚感覚が五感の中心であり、この皮膚感覚を研ぎ澄ませることで直感力(感受性)が開けること。皮膚は腸とつながっていて、皮膚感覚の強化には腸内環境を整えることが必要であること。皮膚にまとう繊維質の違いが皮膚感覚に影響すること。天然繊維の麻、絹、木綿の波動の違いについて、住み心地のよい住宅環境に整えるための自然素材の活用法とは、といった内容でした。

 

 少人数でしたが、アットホームな雰囲気で、質問も多く、和やかな講座となりました。

 講座の後は、この会の主催者であるkotatsuの遠山幸恵さん手作りのナチュラルスイーツタイムでした。この日はグルテンフリーで作った米粉のマフィンで、ほうじ茶が入っていました。鎌倉で摘んだ梅で作った梅ジャムをつけていただきましたが、甘味もあっさりしていて、美味しかったです。

 講座の前に麻心御前をいただきました。この日のメニューは「麻の実テンペのマーボ茄子」がメインで、ごはんには麻炭が入っていて、食べて元気になれる食材がたくさん使われていました。

 麻心さんにはお客さんが絶えることなく来店されていて、大人気の店であることがわかります。

ぜひ、鎌倉に行った時にはお寄りください。

 

次回の鎌倉での講座は8月末に予定しています。

 

2016年

7月

07日

千葉・地球にやさしい暮らし方講座

 6月29日(水)に千葉市内にて地球にやさしい暮らし方講座の第3回が開催されました。今回のテーマは「不妊症やホルモンバランスの悪い方に朗報!~環境ホルモン対策」で、前半は不妊症は生理不順、更年期障害といった内分泌系のトラブルの原因となる冷え対策について解説しました。

 

 後半は、内分泌かく乱性合成化学物質(環境ホルモン)について、注意点と対策を詳しく話しました。PCBや有機水銀、カドミウムといった重金属、ゴミ焼却や除草剤によって発生するダイオキシン、缶ビールや缶コーヒーの缶の内側にコーティングされたプラスチックの可逆剤から漏れ出すビスフェノールA、

合成洗剤が環境中に流れた時に生じるノニフェノールなど、さまざまな環境ホルモンによって、人間の体がむしばまれています。

 

 環境ホルモンは脂肪分に溶けて濃縮し、蓄積するという性質があり、脂肪を代謝できれば、対外に排出することができます。また、亜鉛を豊富に含む食材を用いて体を守ることもできるのです。環境ホルモンの害は20年先、40年先といった長期にわたって出てくるので、子供たちを守るためにも、日々の対策が急務なのです。そんな話の内容でした。

 お昼はこの会の主催者である山本久美子先生による手作り弁当でランチです。今回の話のテーマが環境ホルモンに関係する陰陽五行の腎の話がメインだったので、腎を強化する根菜類や乾物、海藻が夏場の食材とともに上手に料理されていました。

 

 次回は8月24日(水)で、タイトルは「アレルギーは化学物質過敏症です!~食事と手当てで改善しよう!~」です。初めての方でも大歓迎です!ご予約の上、ぜひご参加ください。

2016年

7月

06日

栃木・陰陽五行スキルアップ講座

 6月28日に栃木県宇都宮市のHAPPY TABLEさんにて陰陽五行スキルアップ講座の第3回が開催されました。今回のテーマは陰陽五行の土用編ということで、胃・脾臓系(免疫系)のトラブルの原因と対策・望診法について講義をさせていただきました。

 

 陰陽五行の中でも胃・脾臓系(現代医学のすい臓に相当)の経絡のとらえ方は難しく、私は胃の経絡を五行の中心だと解釈しています。すべての臓器に生命エネルギー(気)を送る、いわば人体の発電所といえば分かりやすいかも知れません。胃の働きが落ちると電圧が下がり、全臓器の働きが落ちてしまいます。

 

 すい臓での発電エネルギーの源はブドウ糖ですが、これが甘いお砂糖由来の糖質の場合、うまく発電できず、低血糖症という停電症状を引き起こすことがあります。また電力不足による慢性疲労症候群といったエネルギー不足状態を招くこともあります。

 

 すい臓にとって、良い薪に相当するブドウ糖供給源の食物とは何か、胃のブレーカーが飛びやすい時期とはいつか、停電を起こさない対策とは何か、といったことについて、食事法、手当て法、生活法の立場から解説しました。

 お昼はこの会の主催者である杉村美樹先生によるマクロビランチです。今回のテーマの胃・脾臓系を

強化するメニューとなっていました。とくに梅雨時だったので、湿気によるむくみをすっきりさせ、お砂糖の甘味がなくとも満足できる自然の甘味いっぱいのレシピでした。

 

 いつもながら、彩も美しく、大満足の味わいでした。胃・脾臓系の食薬となる黄色くて甘味のある食材として、かぼちゃやトウモロコシ、湿気をとり除く乾物が上手に使われていました。


☆メニュー

とうもろこし入りごはん 紅生姜あえ
冬瓜とあおさのお味噌汁
小豆かぼちゃのテリーヌ
切り干し大根と高野豆腐の煮もの
野菜の蒸し煮(大根、人参、きゃべつ、玉ねぎ、トマト)梅&甘酒ソース
ひじき蓮根と紫玉ねぎのサラダ
きゅうりとしその塩麹漬け
自家製生甘酒(プラムいり)


ほとんど油を使わないメニューです。

 

美幸ちゃんの五行のヨガは胃とすい臓の経絡を刺激するもので、だれでもできるようにアレンジして教えてくれました。毎回勉強になります。

ヨガの後は私の望診法の講座で、顔に出る胃の弱った症状について解説しました。その後は、スイーツタイムです。とうもろこしのお汁粉を初めて食べましたが、とても美味しかったです。

 

☆スイーツメニュー
とうもろこしのお汁粉
自家製梅ジャム 豆乳ヨーグルト添え
浅炒り玄米スープ

 今回のテーブルコーディネイトは胃・脾臓系の色である黄色を主体にして、赤色を補色としてちりばめたおしゃれなものになっていました。いつも、贅沢な気分になれる素敵な講座です。次回は8月23日で、陰陽五行の肺・大腸経の経絡の望診を行います。お楽しみに!

2016年

7月

01日

宇都宮・スタジオニコ講演

 6月27日に宇都宮市内のララカフェにて、スタジオニコさん主催の地球環境にやさしい講座の2回目が開催されました。今回のテーマは「ぐずる子、さわぐ子は食事で変わる」で、今回も赤ちゃん連れのお母さん方がたくさん参加してくれました。

 

 子どもの問題行動は、食品の中に含まれる食品添加物が原因となっていることが多い(全体の40%)ことが、アメリカのファインゴールド博士の研究で明らかにされました。食材の選択は両親、とくに母親がすることが多いわけですから、何を選ぶかという選択眼をしっかりと養うことが大切になります。

 

 食べ物が変わると、子どもたちの精神状態が変わり、性格にも変化がでてきます。また、体の臓器と感情とは密接に関係していて、肝臓が疲れるとムカつく、キレる、いじめるという状態が、心臓が疲れると興奮してさわぐ状態が、胃が弱ると心配、不安、優柔不断状態が、肺が弱るとメソメソ・ぐずる状態が、腎臓が弱ると引きこもり状態が引き起こされやすくなります。

 

 白砂糖をはじめとする精白食品のもたらす害や、食事の基本食とは何か、各臓器を強化するにはどのような食材が良いのかといった話をさせていただきました。みなさん、とても熱心に聞いていただき、喜んでいただけたようです。食事で子どもさんの性格が変わるという発想が現代医学にはありません。食べ物と腸、脳との関係がいずれ解明されることでしょう。

 

 

 講座の終了後に、スタジオニコさん手作りの菜食弁当をいただきました。玄米ごはんに季節のお野菜があって、美味しくいただきました。出張中は、どうしても外食が増えるのですが、こうした自然食のお弁当で助けられています。

 講演会場を後にして、宇都宮市内にある公園に行き、アーシングをしてきました。新幹線の移動が多いため、体に溜まった静電気によって体が疲れたり、だるくなったりすることが度々あるですが、時々裸足になって大地に触れると、静電気が抜かれ、大地から自由電子(マイナスイオン)を補給することができます。

 

 芝生の上を歩きましたが、程良い刺激があって、足のむくみや疲れが取れました。頭もスッキリして、体が元気になるのを体感できました。梅雨の合間の太陽の光の恵みもいただき、旅の疲れも吹き飛びました。

 

 次回は8月22日(月)で、月のリズムによる健康法について解説します。お楽しみに!

過去のブログ